2008年05月17日

コミック感想 金剛番長 VOLUME 2

 金剛番長第2巻発売。
 トンデモ番長バトルも絶好調。破天荒さもとどまるところなし。
 第2巻の見所は、続々と登場する個性豊かなライバル番長たち。
 みなアクが強くて飽きさせません。

過去感想→1巻

ネタバレ注意!



 悪矢七(おやなな)光のいきなりの変貌に驚き(笑)。
 なにもここまで漢気あふれるいい男にならなくても!

 念仏番長との戦いも、豪快なこの漫画らしさが炸裂。

「知ったことか――――!!
 右足が沈まんうちに左足を前に出す!!
 それを繰り返したまでだ―――――!!」


 理屈を気合で吹き飛ばすこの勢い。
 半分以上ギャグなんだろうけど、カッコよく見えてきてしまって悔しい(笑)。

 念仏番長の「仏の力」の秘密が、単に「異常発達した横隔膜」という微妙さがすばらしですね。
 充分超能力であることには違いないんだけど、その見た目があまりにもかっこ悪くて、そこが逆にカッコイイ(笑)。


 次なる強敵、剛力番長・白雪宮拳(しらゆきのみや こぶし)がこの巻最大の見所でしょうか。
 外見は高校生になったパーシバルそのまんまなのに、超人的怪力の持ち主。
 正義の心は誰よりも強いのに、お脳がオバカでまわりに迷惑かけっぱなしという困ったちゃん。
 まわりが必死に止めようとしているのに、本人は感謝されるものだと思い込んでいるから、抗議の言葉はまったく耳に入らない。
 これはツボだ(笑)。

 漫画の帯の言葉がまたいいセンス。

「カワイくて
 おしゃまで、
 筋肉質!!!!!!!!」


 なんだこの言葉選び(笑)。
 「おしゃま」って言葉も今時聞かないけど、「筋肉質」って(爆)。
 スタッフいい仕事してるな。

 かわいい女の子番長投入ということで、「お? これはラブコメ路線投入か!?」と思ったのですが、ちょっと違うみたいですね〜。
 金剛と剛力で金剛力カップルの誕生か?とか思ったんですが(笑)。ちょっと残念。
 なにやら舎弟の貝裏鬼音児(かいりき おんじ)と両想いと思わせるようなセリフもありましたし、最後は拳ちゃん、金剛に惚れこんだような表情でしたが、それは大人物として憧れや尊敬の念を抱いたというような、そんな感じでしたものね。

 またここでも「知ったことか――!!」

 が炸裂。
 だんだんこれが快感になってきた。
 猛毒のデロドヒドラチレン(このネーミングセンスの絶妙さ!)流出を前に、命をかけて止めようとする貝裏鬼。それに涙してあやまる拳。
 でもそんなのかんけーねーってか(笑)。
 このドラマをひっくり返しちゃう破格の器っぷりが気持ちいいんですな。

 しかし、金剛が意外なインテリぶりで吹きました(笑)。
 デロドヒドラチレンを中和させるには水酸化アゼドフェノルだとか、なんで知ってるんだよこの番長(笑)。
 プリンが好きだわ意外なインテリだわと、金剛のキャラクターっていうのはいろいろミスマッチでいいですね〜。

 しかし、わからないのは、デロドヒ〜の危険性を知っていて、なおお嬢様にやりたい放題させている執事の獄牢さん。
 このひと一体なに考えてるんだろう。
 拳が今回だけでおしまいってことはなさそうだから、そのうち獄牢さんがどんな人なのかも語られるかもしれませんね。


 そして、一瞬にして顔を砕かれる白薔薇番長に大笑いしたところで、ベールを脱いだ卑怯番長にゾッとすることに。
 この卑怯番長、見た目がちょっとかわいい系の純朴青年ってところがいいじゃないですか。
 文字通り卑怯な手で、金剛をじわじわ弱らせる卑怯番長。
 手榴弾と思わせてボール、トラックと大衝突のシーンは迫力の演出です。
 いやぁ卑怯番長にくったらしいわ。
 まぁ、トラックと正面衝突して、痛めるのが右腕だけっていう金剛もどうかと思いますが(笑)。

 あの手この手で責めてくる卑怯番長を、いったいどうやって撃破するのかと思いきや、最後は文字通り力技でしたか!
 どうやったら死ぬんだこの金剛(笑)。
 どんな攻撃しても効かないんじゃないだろうかという不安がふつふつと。
 それこそ今回みたいに人質でも取って、「自殺しろ」とか言わないとダメな気がしてきましたよ(笑)。

「本当はこんな面倒なことをせずにさ、君をビルから飛びおりさせるとか
 コンクリ詰めにして海に沈めるとかしてもよかったんだけど――」


 と卑怯番長も言ってますが、それですら生きていそうな気がしてならない(笑)。
 ビルから飛び降りても、

「知ったことか――!!
 受身をとったまでだ――!!」


 コンクリ詰めにしても

「知ったことか――!!
 コンクリごと泳いだまでだ――!!」


 で済まされそう(笑)。
 恐るべし金剛番長。
 このひとならハダカで宇宙遊泳→大気圏突入でもやってのけそうだ(笑)。

 しかし、我が板橋がこんな卑怯番長か〜。
 うーんなんだか複雑な気分だ。
 いや、白薔薇番長の北区に比べたら贅沢な話ですが(笑)。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ
********************************************************
posted by BOSS at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。