2008年04月20日

善光寺

 聖火リレーの出発式会場辞退を発表した善光寺ですが、今日はそんなニュースの話題じゃなかったり。

「てーへんだてーへんだ! 太助が牛にはねられた!」

 静かな農村は、にわかに大騒ぎとなった。
 働き者で親孝行で、村のものにも評判の太助が牛にはねられて、ひどい怪我を負ったのだ。
 太助は気を失って、うんともすんとも言わなくなってしまった。
 すぐさま足に自慢のある者が近くの町まで走り、医者を連れてきた。

「お医者様、太助はたすかりますでしょうか」
「そうじゃのう。これはちと難しいのう」


 必死の看病のかいもなく、太助はすっかり寝たきりの生活となった。
 老いた両親も困り果て、長老に相談することとなった。
 すると、何でもよく知っている長老はこう言った。

「そうじゃ、善光寺さまにお参りしてみてはどうじゃ」

 その日から、両親の必死の善光寺参りが始まった。
 くる日もくる日も、両親は太助の回復を祈り、善光寺にお祈りに行った。
 すると、おどろくことに、太助の具合は薄皮をはぐようにしだいに良くなっていった。
 そしてついに100日目の善光寺参りから帰ってみると、

「とーちゃん! かーちゃん! ありがとう! オレ歩けるようになったよ!」

 太助が元気にぴょんと立ち上がり、迎えに出てくるではないか。
 両親は涙を流して喜んだ。

「ありがたや〜。みいんな仏様のおかげじゃ。ありがたや〜ありがたや〜」

 後日、皆そろって善光寺に参拝したそうな。
 これが、世に言う

「牛に轢かれて善光寺参り」

 の始まりなのだと。
 めでたしめでたし。


 ……という話なのだと、私は小さい頃ずっと信じてたんですけど(笑)。
 まぁそんなコトを思い出したんですねこのニュースで。
 いやぁまぁ、なんてくだらねぇ(笑)。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
********************************************************


posted by BOSS at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。