2008年03月28日

「すべてやらせだ」直訴のチベット僧らTV映像に

 読売新聞のチベット関連記事より。

「すべてやらせだ」直訴のチベット僧らTV映像に
 【香港=吉田健一】チベット族による大規模暴動が起きた中国・チベット自治区の区都ラサで、中国政府が組織した外国メディア取材団の一員として取材した香港無線テレビ(TVB)は27日、「取材先の寺院の参拝客らはすべて当局が動員した関係者だ」などと訴えるチベット僧侶の姿を放映した。

 チベット仏教寺院ジョカン寺(大昭寺)を訪れた取材陣の前に現れた僧侶が語ったもので、「当局者を信じるな。すべてやらせだ」などと泣きながら訴えたという。

 中国外務省の秦剛・副報道局長は27日、「僧侶が何を言ったか承知していないが、(やらせとの指摘は)根拠がなく、無責任で事実に合わない」と反論した。

(2008年3月28日02時08分 読売新聞)


 何事も公平に冷静に考えなければならないとは思うのですが、もしこの僧侶の訴えが本当だとしたら、チベット民族の思いは言葉に尽くせないものがありますね。
 はらわたが煮えくり返ってくるものがあります。
 しかし、中国ならば平然とそのくらいのことはしそうです。それこそ証拠もなにもない話ですが。

 中国がことあるごとに挙げる「証拠」という言葉。
 面白いですね。
 情報が自由に開かれた国なら「証拠」と言う言葉に公平性もありますが、情報が閉ざされた国では「証拠」は国のためにあるんじゃないでしょうか。

 ひたすらに強気の姿勢を見せ続ける中国ですが、その意図はどこにあるのでしょう。
 作為的なものを感じてしまうのですが、それは私の穿った見方なんでしょうかね。
 

■当ブログ関連記事

 チベット問題



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
********************************************************

ブログパーツ


posted by BOSS at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直チベットのニュースは対岸の火事かなっと見てましたが、Bossの記事を見てるとあながち関係無い事は無いと驚かされます。
平和な日本に居ると小説のようなこんな事実が本当にあるのだろうかとか思わさせられるのが怖いですね。
Posted by Musha at 2008年03月29日 02:31
 チベット問題、この記事がきっかけとなって関心を持ってくれたりすると嬉しいです。
 チベットだけじゃなく、今いろんなところで紛争や対立が起こっています。
 機会があったらそういった問題もひとつひとつ取り上げていき、私自身が勉強していきたいなと思っています。
 お楽しみに。
Posted by BOSS at 2008年03月29日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。