2008年03月14日

まさに「血税」!? 税金を血液で

吸税鬼!?

 吸血鬼伝説の残る東欧の国ポーランドには、面白い税金の納め方があるそうです。
 あれ? 吸血鬼っつーったらルーマニアでしょ? とか細かいツッコミはいりませんw

ポーランド、税金は「血液」で

 ほへ〜、献血に協力することで、税金を割引してくれるんですか〜。
 それはいいですね〜。まさに「血税」ですわ。
 日々高い税金に苦しむ人々がこぞって献血車に走りそうです。

 昔わたしが学生だった頃は、学校の前に献血車がよく止まってて、協力すると500円の図書券をもらえたものですから喜んで提供してましたっけ。
 今はそういうのダメになっちゃったみたいですね。
 あれ、血の気のあり余った学生たちが大喜びだったのに。
 最近ではジュースや石鹸くらいしかくれないらしいです。
 血液を売買する形になることが問題だったんでしょうかね。

 いま日本では輸血用血液のストックが足りなくて困ってるらしいですよ。
 献血の協力を街中で訴えても、立ち止まってくれる人がなかなかいないのだそうです。
 また若い人に比べて高齢者の割合が増えたことが、ストックの減少につながったのではないかと言う分析があります。
 さらに、平成6年に予防接種が義務から奨励に変わったことで、若い人の間で注射離れがすすみ、注射に対する恐怖心が大きくなってしまったのではないか、なんていう説もあるとか。
 そういった医療の面からも、これは日本で導入したほうがいいんじゃないでしょうかね?

 ガソリン税ひとつの税源確保にあれだけ紛糾している日本国会じゃ、この「血税」をもし導入するとしても、やっぱりああだこうだと問題になるのは目に見えちゃってますが。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
********************************************************

ブログパーツ


ラベル:海外 ニュース
posted by BOSS at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。