2008年02月08日

トリックアート〜その3〜

 トリックアート(だまし絵)ご紹介シリーズ第3弾。
 前回までの記事はこちら→第1弾第2弾

 今回は「不思議な構造物」の絵をご紹介いたします。

不思議な構造物01 不思議な構造物02

不思議な構造物03 不思議な構造物04

不思議な構造物05 不思議な構造物06

不思議な構造物07

 とても不思議な構造物の数々。
 手前にあると思っていたものがいつの間にか後ろになって、柱だと思っていたものがいつの間にか空間に。
 見れば見るほどわけがわかんなくなります。
 描かれた線の組み合わせを、人間の脳が自動的に物体として認識しようとするときに生じる不思議なんでしょうね。

 次は、そんな画法を利用して描かれた絵画です。

不思議な構造物08 不思議な構造物09 不思議な構造物10

不思議な構造物11 不思議な構造物12

 一見ありそうで絶対ありえない世界。
 見ているとなんだか不思議の世界に引き込まれていくようです。
 2番目は趣旨とはちょっとズレそうなんですが、ファンタジックな感覚がとても好きなので一緒に掲載しました。

 ところが、そんな不思議な構造物を実際に作っちゃった見事な画像をみつけました。
 それがこちら。

不思議な構造物13 不思議な構造物14

不思議な構造物15 不思議な構造物16

不思議な構造物17 不思議な構造物19

不思議な構造物18

 これこそ見れば見るほどわからない!
 いったいどうやって作ったんでしょうか。
 お見事です。
posted by BOSS at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見とれてしまう絵ですな〜。
ちなみに、今回わしのシナリオで床にかかれていたトリックアートは、こんなイメージでした。

ttp://www.moillusions.com/2006/03/more-sidewalk-chalk-illusions.html

ttp://gprime.net/images/sidewalkchalkguy/
Posted by OTTO at 2008年02月10日 15:19
 このエントリーを書いた翌日のOTTOのシナリオがトリックアートだったもんだから驚きましたよw
 トリックアートのなかからモンスターが出てきてまた中に消えてゆくという光景がとても奇妙で面白いものでした(プレイ報告はまた後日)。
 ご紹介のページも凄いイイですな!
 なるほど、こんな絵から飛び出してきたのね。
Posted by BOSS  at 2008年02月10日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。