2008年01月31日

「エイリアン展」開催だって!

 ロボット展とか、最近ではいろんな面白い企画の展示会が催されることが多くなりましたが、今度のもとびっきり妙な企画。
 その名も「エイリアン展」
 といっても怪しげなオカルト話ではなく、あくまで科学的に考察した展示会なんですって。

企画展 「エイリアン展 ―― モシモシ、応答ネガイマス。」
地球外生命―人呼んでエイリアン。
私たちはなぜ、いまだ誰も見たことのないこの存在を信じ、あるいは疑い、またさまざまな憶測をするのでしょう?
この問いの裏には、「われわれはこの広い宇宙で、本当に唯一の知的生命なのか?」という、自らの存在に関する本質的な問いが隠れているように思えます。
近年の惑星探査や天体観測技術の進歩によって明らかになってきた、地球や宇宙の姿とその成り立ち。また、最先端の生命科学が解き明かしつつある生命誕生と進化の謎。これらの研究がさらに進めば、地球外生命の存在についての私たちの長年の議論に、いよいよ終止符を打つ日がくるかもしれません。そしてそれは、遠い未来の話ではないかもしれないのです。

本展では、そんなエイリアンに古くから魅了されてきた人間の心理をひもときながら、世界トップレベルの科学者が最新の発見と理論にもとづいて、エイリアンが存在する可能性を「科学的に」追求します。

本展は2005年にロンドンで"The Science of Aliens"という名称で初公開され、これまでに、フランス、スペイン、アメリカなど、欧米地域で巡回展示されていますが、アジア地域では今回が初めての開催となります。また、駐日英国大使館とブリティッシュ・カウンシルが主催する「UK-JAPAN 2008」の公認イベントです。
(公式サイトより)


 一昔前になりますが、ちょっとしたオカルトブームみたいなのがありまして、宇宙人、UFO、キャトル・ミューティレーション、ミステリー・サークルと、そういった話題が、矢追純一さん始めとする多くの仕掛け人によって、テレビで溢れかえっていた時期がありました。あれはあれでかなり面白くって、私などもテレビにかじりついて夢中になっていたものですが、いかんせんどうしたってちょっとインチキ臭く見えたものです。
 当時わたしも、視聴者の興味を引くための強引なこじつけとか、主観的な解釈を入れない中立なスタンスで作られた地球外生命体の番組を見てみたいなぁと思っていたものですが、その願いが形を変えて、今回かないそうです。
 あくまで科学的に宇宙人を考察するという切り口がとても興味深いですね。

 会場は日本科学未来館。
 会期は2008年3月20日(木・祝)〜6月16日(月)
 入場料は大人900円、18歳以下350円
 団体8名以上 大人800円、18歳以下310円、だそうです。

 ゆりかもめに揺られてちょっと足を運ばれてみてはいかがでしょう。こんな珍しい展示会、めったにないと思いますよ。
posted by BOSS at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。