2007年11月05日

週刊少年ジャンプ49号感想

 季節の移るのは実に早いもので、もうジャンプも49号。
 今年の残りもあと3つだけ?
 いやぁ一年なんてあっという間ですな〜。
 今週の表紙は巨大化したリボーン。
 改めて見ると異様な風体してるんだよなぁw
 それでは感想いきまっす!


BLEACH

 朽木白哉きたー!とか卯ノ花隊長だったか〜とか、マユリさんかぁやっぱりな〜とかありましたが、なんといっても今週は更木剣八カッコエ〜!ですなw
 格の違いをみせつけてくれました。
 剣八の強さをいち早く察知したノイトラさんも、ただモノではないという感じでちょっと株を上げましたね。

 しかしこれ、一護らが突入してからすでに現世では一月がたったってコトでいいんでしょうか?
 「黒腔(ガルガンタ)」を安定させるうんぬんの話からするとそう見えますよね?
 あ、いや、それとも安定化の作業は一護らが突入するほぼ一月前から始めていたって事かな?
 手元にコミックないからちょっと曖昧だ。

 次週より4局面でエスパーダvs死神隊長の戦い開始。
 今までの閉塞感を一気に打開してくれそうでホント楽しみ!


ONE PIECE

 ゲッコー・モリアの能力がまたひとつ追加。
 影法師(ドッペルマン)と自分自身を入れ替える能力。
 おいおいモリアさん、いったいいくつ能力持つつもりなんだとw
 念能力ならとっくにメモリー・オーバーしてますよw
 しかし徹底して正々堂々と戦おうとはしないその姿勢。一貫してていいですなw

 チョッパーの観察眼でついにオーズの弱点発見。
 凍傷で右腕がとれちゃったんですか、オソロシー。
 てことは今ついている腕っぽいのはホグバックが作ったまがい物の腕ということ?
 天才にもほどがあるなとw

 そして今週も麦わら一味の合体技がひとつ。

「空軍(アルメ・ド・レール) 刻蹄 桜シュート!!!!」

 こちらも一貫して合体技を繰り返すあたり熱いなぁ。

 で、次々と仲間を倒され、残るはゾロ、ウソップ、ナミ。
 初期3人というのがまたいい。
 この3人で最後の合体技を繰り出し、かろうじてオーズの片腕を切りとばしたところでルフィ登場かな。


アイシールド21

 セナにボールが渡り、ビビって小物臭をただよわせておきながら、いざ目の前に対峙するとギラリと目が変わるマルコ。
 ついに本領発揮。
 超早業の力技でボールを盗み取るというスーパープレイとは。
 すれ違いざまの一瞬で決着がつく演出は、まるで侍映画ですね。カッコイイです。
 しかし、手に力をこめて「ゴキキキ…」ってエフェクトは進専用だったんじゃないのかよとw

 これで白秋側の戦力がおおかた明かされましたね。
 峨王が無敵の暴君竜ティラノサウルス・レックス
 如月が意外なテクニックの翼竜プテラノドン
 で、マルコが小型肉食恐竜ディノニクス(かヴェロキラプトル)というところですか。
 それぞれが泥門の強力な武器を効果的に封じる形で働いてます。
 はたしてこれをどう破るのか、なかなか興味深いですね。
 如月やマルコはまだしもやりようはありそうに思えますが、峨王はまさに無敵。どうしようもないっていう印象ですからねぇ。


銀魂

 うむ。清蔵さんまったくだ。
 蛇口閉めるときにタマ菌つくよね〜。
 しかしだからといってセンサー式にするのも金の無駄だと思うがねw
 毎回じゃないけど私は蛇口を手と一緒に洗いますね〜。
 自分も考えたことなんで、なんか今回は妙に納得してしまったww

 しかし近藤さんタマ菌つきすぎ!(爆)


HUNTER×HUNTER

 ネテロ会長過去編ちょびっと。
 若かりし頃……つっても50頃だが、淡々としつつも脂ぎってていいですね〜。
 しかしこういうのやられちゃうと死亡フラグにしか見えないよなぁw
 あれ、死亡フラグといえば今週ナルトないな。気づかんかった。
 死亡フラグで思い出されるのもどうかとは思うが(爆)。
 ナルトの場合死亡フラグは間違いなく死亡なんだけど、ハンターの場合はさっぱりわからんからなぁ。
 そこが怖い。

 吹き飛ばされたネフェルピトーは人体修復能力「玩具修理者(ドクターブライス)」で踏みとどまりました。
 しかしこの、踏ん張ってるピトーの「ニ゛ニ゛ニ゛…」がちょっと萌えた(爆)。

 宮殿突入部隊に気づくモントゥトゥユピーが変形!
 この見開き2連発はイイ!
 0コンマ数秒の間のそれぞれの動きがアニメーションみたいに動いて見えますね。
 ユピーはちょっと寄生獣の後藤さんみたいだなと思ってたらやっぱりそんな感じに変形ww
 凶悪なスピード&パワータイプを連想させますね〜。
 しかしそういう直線的なパワータイプには、ナックルとシュートのひねり系の能力が相性いいんじゃないかな?
 毎週そうだけど来週が気になってしょうがない!

 しかしさぁ、突入してから、内部時間で何秒たった?w
 最高に面白いからいいんだけど、この分だと10週連載内でどこまでいくことやらw
 10週連載、残りあと半分!


SKET DANCE

 謎のDVDの正体は、次のテスト問題の盗撮。
 ネタはカンニングでしたか。
 最後のスイッチのセリフからすると、他にカンニングしたものがいて、そいつが犯行を隠そうとして八木にDVDを押し付けたというようにスイッチがとっているよう見受けられます。
 暗に倉本が犯人であるように言っているようですが、これは読者をそっちに誘導するミス・リーディングじゃないかな?

 犯人は先週の予想通り、私は担任教師吉村だと思います。
 推理ではありませんが、ひとつだけひっかかるポイントがあったので勘でそういうだけのことですが。
 ひっかかるポイントというのは、みなでDVDを見た場面。
 最初の画面が写ってすぐに「こ…これは! 明日の中間テストの問題だ!!」と吉村先生は叫んでいます。
 一見何もおかしなことなどない場面に見えますが、ちょっと待ってください。
 写っているのは「数学」の問題。
 どこにも「中間テスト」とは書いてありません。
 にもかかわらず、なぜ「日本史」の教師である吉村先生がそれを「明日の中間テストの問題」であると判別しえたのでしょうか?

 考えてみればおかしな点はまだあります。
 DVDを見るかみないかモメているところに入ってきて、最終的に観ることに決めさせたのは吉村先生といった感じの流れとなっています。
 呪いのDVDとやらを見て、なぜ吉村先生はみなに対し「見てみるか?」などと言ったのでしょうか?
 普通の先生ならばここはプライバシーが関係しているかもしれない問題に対し、他の生徒は遠ざけるべきではなかったでしょうか?
 他の生徒も交えてDVDを確認することになんの意味があるでしょう?
 それはつまり「証人が欲しかった」からに他ならないのでは?

 以上の推理ともいえない推理ですが、以上のことからすなわち「犯人=吉村先生」という図式しかないように思えますね。
 次週ひさびさにボッスンの集中力が発揮されそうですね。
 スケットダンスの本筋って感じの展開です。


P2!

 お互いに負けられない!
 うーん熱い。
 張偉も過去が描かれたことでなかなか親近感が沸いてきちゃいましたね。
 どっちも負けて欲しくない気がしてきちゃいましたw
 遊部さんの腕の負傷はどうひびくのかな?
 痛みを背負うことでより強さが増しているように見えますが、敗北フラグとも取れます。
 うーん、なかなか盛り上がるいい試合になったなぁ〜。
 身もふたもない事を言ってしまえば主人公以外の試合なんでどっちが勝ってもいいんでしょうけど、どっちが勝ってもいいだけに、どっちが勝ってもおかしくない。
 それだけに緊張感が高まりますなぁ。



 目次コメントによると、どうも担当の大きな入れ替えがあったようですね。
 判別できる限りでは、元リボーン担当の相田さんが銀魂へ。元銀魂担当の大西さんがワンピへ。
 他にも大量の入れ替えがあったようですが、漫画内で下半身モロ出しにされた銀魂の大西さんがワンピかぁww
 今後ワンピで下ネタ増えたら絶対担当のせいだなww

 しかし、その担当入れ替えに対し、目次コメントで堂々と編集長に文句を言ってのける尾田先生はやっぱり大物だなぁw
 ジャンプの大黒柱としての貫禄を感じるけど、それと同時に本当に我慢できないものがあったんじゃないのかねぇ。

 ところで、今週うわさで聞きましたが、どうもジャンプ編集会議で年末年始の連載入れ替え作品が決定されたとか。
 抜けるのが3作品で、ハンター、P2!、ベルモンド
 入るのが4作品らしい。
 信憑性はさだかではありませんが、以前も同じような噂が流れて、結局それがまんま当たり(河下先生連載開始後一ヶ月でハンター再開)ということもありましたから、今度もそうかもしれませんね。
 ハンターが抜けるという意味が、打ち切りを意味するのか、それとも一時的な休載を意味するのか。
 前者だとするとまた物議をかもしそうですね。
 P2!が抜けるとしたら悲しい限りですが、なんとかしてジャンプSQあたりで続いてくれないものかなぁ。
 いろいろ伏線はってしまいましたし、あれだけ魅力的なキャラを散りばめていると言うのにもったいない。
 それこそ人気投票はじめたところじゃないですか。
 スケットダンスが生き残るのならそっちはとっても嬉しいのですが。

 今週はちょっとトーンダウンしている作品が多かったので感想もちょっと少なめ。
 それではまた来週〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

ラベル:感想 ジャンプ JUMP WJ
posted by BOSS at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。