2007年11月02日

NMH3 ルール覚書 【プレッシャー】

 というわけでナイトメア・ハンター3ルール覚書シリーズ。
 今回は予告どおり「プレッシャー」をご説明。

 今回のナイトメア・ハンターでは、ハンターすらも悪夢からは無縁ではないのかもしれないというスリルを堪能するため(?)、ハンターたちにトラウマと、その前段階であるプレッシャーという状態を加えました。
 ハンターにプレッシャーやトラウマがあると、夢魔はそこを攻撃してきます。
 いかにプレッシャーを抑え、トラウマに負けずに戦うかが、ひとつのポイントとなってくるのかもしれません。


プレッシャー

 プレッシャーは、そのキャラクターが抱えた精神的疲労や重圧、重荷を表すもので、通常0〜100ほどの数値で記録されます。これをゲーム的にプレッシャー・ポイント(以下PP)と呼びます。
 初期キャラクターが持つPPは0ですが、キャラクター作成時にPPを20まで持つことでスキル・ポイントを20ポイント得ることができます。


プレッシャー・ポイントの増加
 PPが増える可能性は主に3つ。
 ひとつは判定時のファンブルによる増加。判定時に失敗し、なおかつゾロ目だとファンブルとなり、PPに2D6ポイント加算されます。
 ふたつ目はFoTカードの使用。FoTカードを使用することで夢魔を弱体化できますが、そのときカードに記載されているポイント数のPPが加算されます。
 みっつ目は夢魔による攻撃。夢魔の中には特殊な攻撃方法をもつものがいます。なかにはプレッシャーやトラウマを直接攻撃してくるものもいるでしょう。

プレッシャー・ポイントの減少
 PPはが減るのは以下の3つのときです。
 ひとつ目は、セッション終了時までに使用せず余って、プレイヤーの手に残ったFoTカードを使うことで、ひとりのPCのPPを半分(端数繰上げ)にできます。
 もうひとつは、トラウマが新たに発生することです。PPが0に戻り、それまでのPPと同じポイント数をもつトラウマがひとつ生まれます。
 みっつめは、めったにないことですが、トラウマが発生するプレッシャー判定で「00」が出たときです。これについては次回説明しましょう。


 というのがプレッシャーです。
 実際にこれが意味を持ってくるのは、トラウマが発生したかどうかを調べる「プレッシャー判定」においてです。
posted by BOSS at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ナイトメア・ハンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。