2007年10月16日

DISKキャンペーン第1回 プレイ報告

 こないだの土曜日、やってきましたD&D3.5版新キャンペーン。

 マスターの報告はこちら
 DRRの感想はこちら

 以下ほぼ内輪向けな文になります〜。

 いやいやなんつーか、一言で言って「戦闘わんこそば状態」
 倒しても倒しても。
 次から次へと戦闘が繰り出される。
 むしろ倒せば倒すほどw
 息継ぐ間もなし、ダンジョンなし、ストーリーなし。
 とにかく戦えという潔さw
 マスターによれば、PCパーティーがどんなもんかわかんなかったからテスト戦闘に徹したとのことでした。
 いやいや、攻撃魔法オンリーのウォーメイジとしては爽快でしたよw


 いやしかし、初めてやるクラスとはいえ、なんともお見苦しいミスを連発しましたw

 ひとつは特技の前提ミス。
 《即時呪文威力最大化》の前提である、「呪文修正特技なにかひとつ」を満たし忘れましたww
 これ、気づいたのが最終戦闘の、それも「最大化を使った後」だったからしょうがないなw
 キャラメイクの最初のうちはちゃんと前提として《即時呪文効果範囲拡大》を取っていて、大丈夫だったんですよ〜。
 ところが途中、DRRのひとこと「俺がウィザードやってたときは《抵抗破り》が欲しかった」的な発言が耳に入り、んじゃ先人の言うことは聞いておこうかな〜って思って《抵抗破り》を入れたのですが、そのときに前提のことをすっかり忘れて《〜範囲拡大》のほうをはずしちゃったのでしたw
 てことで、次回から《抵抗破り》+《〜範囲拡大》にしますわ。
 マスターお許しくだせ〜〜。

 と、もうひとつのミス。
 これはもう、実はついさっき気づいたんですが、多様していた呪文ヘイル・オヴ・ストーン(レベルd4ダメージの半径5ft呪文)はなんと
 詠唱時間1ラウンドでした〜!(爆)
 そりゃまぁ1レベル呪文にしては強すぎると思ったんだよなぁ〜。
 物質要素に5gpかかるとはいえ、それでもあきらかに強いと思ったら、あれまぁそんな落とし穴がありましたか。
 過去クレリック時代に、マスターから指摘されるまでファイアー・ストームを標準アクションで撃っていた前科がありますが、今回もやらかしちゃいましたw


 最後に、影ながら大きかったミスがひとつ。
 なんで俺はトゥルー・ストライクのワンド買ってなかったんだ〜〜!!ww


 そして今回、思わず自分に笑ってしまった行動。

「あれ? おれの4面どこいった? あれ?ないよ? まぁいいか8面で代用しよう」
 と、振ってしばらくして、自分の左手ににぎにぎしているものに気づく。
「あ、俺ずっと4面4つも握り締めてたわ!(爆)」

 おじーちゃんか俺はww


 ガーゴイル戦が一番面白かったですね〜。
 ひっちゃかめっちゃかな感じでほどよくピンチ感がありつつこちらもやりたい放題できたんでw
 そこいくと、40匹のコボルト戦はおしかった。
 マスターの意図「いつもOTTOマスターにやられてることをやりかえす」が見事はずれ、あっけなく終了。
 ちょうど4レベルになってドラゴン・シャーマンを混ぜたアメジスト閣下のオーラに一掃されるとはw
 やっぱりアレは冒頭にやっとくべきだったね。
 ドラゴン・シャーマン恐ろしすぎだよw


 しかしアメジスト閣下はあいかわらず面白いキャラ選択をするよね〜。
 他の人とはやっぱりどこか美学が違います。
 「スピリット・シャーマン+ドラゴン・シャーマンでダブルシャーマンだぜ!」と言ったかどうかはさだかではありませんが、なんかそういうノリだったはずw
 彼にはシャーマン・キングでも目指してもらいましょうw
 くれぐれも打ち切りには気をつけるように(爆)。


 あとは、まぁ何度キャンペーン立ち上がろうがほとんど前衛、もしくはずっと前衛なアルテミ先生とOTTO先生ですよw
 そのエターナル・チャンピオンっぷりは驚くというか呆れるというか感心するというかw
 よくまぁそれだけ前衛ばっかりやってて飽きないなとw
 別に楽しいなら止めはしませんが、OTTO先生にいたっては、ずーーーっとバーバリアンじゃないですかw
 まぁアルテミ先生のキャンペーンでは1回だけファイターやってましたが、それ以外全部ババでは?
 いい加減ババに飽きていそうなんですがww
 ババでしか燃えねぇ〜!って言いつつババやってても全然燃えてる様子には見えないんだよなぁ〜ww
 ここらで気分変えてなんかやればいいのにと思うんだけど、は〜、どうなんだろうね〜。

 まぁ本人が一番楽しいと思うものをやればいいと思うから、ババで満足ならわたしゃ何もいいませんよww
 なにより今回わたしゃウォーメイジですから!!
 援護魔法なんてナニソレーー!ですから!!ww
 キミも存分にやってくれ!
 そして俺も存分にやらせてもらう!ってなもんよww


 DRRっちのレンジャーは最後悲劇でしたね〜。
 あれ、正解は俺がヘイル・オヴ・ストーンで敵ごと打ちぬくでしたね。
 能力値ダメージで能力値が0になった瞬間のより、ヒットポイントダメージでマイナスになることによる気絶のほうが助かるかもしれないという思考は、よぎってもよかったなぁ。
 現に、「あ〜、ヘイルは範囲だから、DRRが組みつかれてるから使えないなぁ〜」と思ってマジック・ミサイルに切り変えたんですからね。
 まぁでもそんなコトって後からでしか言えないのかもですね。


 いやぁしかし純粋な火力キャラってーのは楽しいですな〜。
 ウォーメイジはまりそうですw
 もうちょっとすると《統率力》も取れて腹心もついて防御はそいつに一任して、自分は徹頭徹尾破壊に興じることにしましょうw
 爽快爽快♪
posted by BOSS at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D第3.5版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。