2007年09月22日

週刊少年ジャンプ43号感想

 連続土曜日発売で調子が狂いそうなwj43号。
 指名手配の貼り紙風ワンピースが表紙。
 さっそく感想いってみましょーー。

巻頭カラー ONE PIECE

 思わずカラーイラスト集が欲しくなっちゃう巻頭カラー。
 あいかわらずきれーだな〜。
 そして毎度のことですが、ワンピのカラーイラストはストーリー性があっていいなぁ。
 尾田先生これ描いてて倒れちゃったんでしょうか。

 
 ペローナが気絶から回復。
 また麦わら一味に立ちはだかってきて面倒なことになるのか?と思いきや、逆に「巻き」の展開にしてくれました。
 「財宝」「食料」をサニー号に積み込んでくれるようですw
 ペローナ達がサニー号を出航させるまでがタイムリミットとなりましたが、もとから日の出までがタイムリミットだったんで大してかわらないでしょう。
 ちょっとがっかりなのがナミがナミゾウに扮して聞き出した宝のありかの情報が無意味になっちゃいそうなこと。
 でもあのローラとのやりとりは、この話の後半で意外な帰結に。

 数話ぶりでよーーやっと意識を取り戻したナミ。
 下馬評では実はわざと眠ったフリしてるんじゃないの?っていう説も多かったですが、ナチュラルに寝てました。
 ピンチにおちいるナミを救ったのはあのローラ!
 待ってましたよーw
 男気あふれる(?)ローラはナミのウソをウソと承知でナミを助けてくれていたのでした。
 うーんカッコイイ。
 ローラは男を見る目はないですが、女を見る目はたしかですな!
 友情モノ変換は意外でしたが、これでナミにも活躍場面ができたのであとはオーズとゲッコー・モリア粉砕するだけになりましたね。

 アブサロム、ダメな男だと思うんだけどなぁ。
 ローラのあの外見でも「女は絶対蹴らねぇ」と、攻撃せずに男を上げたサンジ・ゾンビのあとだけに、自分を好いているローラに手を上げたアブサロムの格が下がって見えてしょうがない!
 スケベ男は裏を返せばフェミニストであってほしかったのだがなぁw
 アブサロム、ちょっと気に入っていただけに今回は残念だった〜〜。

 そして最後は、麦わら一味、オーズへの再挑戦!
 ルフィ、ナミが欠けてるけど、みんな横一列に並んでの「ドドドン!!」
 いつ見てもかっこいい!
 これ出たらもう一味は負けないっしょ!!


アイシールド21

 「脅迫手帳」誕生エピソードから、それを封印してのムサシ勧誘の流れ。
 一話のなかの構成が綺麗によくできている。

 どぶろく先生復帰も嬉しいけど、それより前回ハラの立った校長を脅迫してくれたのがよかった。
 溜飲が下がるとはこのことよw
 しかしどぶろく先生、職場に背広で酒ですか(爆)。
 まぁ長続きしないわけだ。

 で、ヒル魔の「親父が棋士」はやっぱりウソでしたか。
 そんなこったろーと思ったですよ!
 一時期ヒル魔の親父は関東アメフト大会の会長みたいなあの人かな?って思ってましたが、こうなってくると最後までナゾでもいいや〜って気もしてきます。

 3話かけて紹介してきたアメフト部誕生エピソードですが、なかなか面白かった。
 ムサシは滑り込みセーフって感じでしたが、ヒル魔がほとんど主役でしたね。


BLEACH

 先週の大変身で、突如織姫の前に現れた巨大な・・・いな敵・ネル!
 戦闘役としてもお色気役としても全てにおいて上回るスペックをもつネルの登場に色めき立つ織姫。
 あわてて一護の治癒に走ります。
 たとえ「大人版よだれ治癒」がどれだけエロかろうと、治癒力においては私が最強よ!といわんばかりです!

 しかし、ネルもその動きを察知し、すかさず一護に抱きつき、織姫の動きを封じる!
 しかもただ抱きつくだけじゃなく、子供の頃の無邪気さを前面に押し出し、巨乳も押し出して、ギャップの二重攻撃!
 たまらず一護昇天!!
 織姫オタオタするしかありません。

 これは難しい戦いになりそうですな〜。
 というか、前代未聞!
 ウェコムンド編は本来、一護たちが、さらわれた今回のエピソードのヒロイン織姫を救出しにゆく筋だったはず。
 しかしいつのまにか話は敵殲滅戦になって織姫救出は二の次になり、偶然一緒に来ていた少女が、なぜかヒロインの存在感をおびやかすエロカワユスなヒロインに大変身!
 織姫、正直なところ「作者に裏切られた!」って思ってるでしょうね!
「今回あたしが主役じゃなかったの!? このネルってなに!? すぐもとの子供にもどるんでしょうね!! つーか退場してくれるんでしょうね!!」
 あきらかにネルの強烈なアタックに出遅れている織姫が今後どう巻き返すのか、ワクワクものです。

 ザエルアポロさんは・・・・・・なんか何をやりたいんだかわかんなくなってきたw


銀魂

 ゲートボールで、砲弾のスピードを超えたぁ!(爆)
 あいかわらず気合だけで理屈を超えていい話をやってますなぁ〜。
 そして銀さんたちがジェロニモに。
 今までさんざん老人ネタで老人を笑いにつかっておいて、最後は老いもかっこいいじゃないかというオチ。
 しかし最後、乙姫さん小さくなりすぎッ!!w
 絶対ウラシマフィルターかかってるって!


P2!

 お、アキラちゃんがきましたね〜。
 ヒロイン戦線に異変を察知してのご出陣か。
 後部座席の妙なシルエットは帽子?

 先週号ラストの「不適な笑み」とは裏腹に、なんとも純情天然少年が登場。
 ヒロムとはまた違った系列のショタ投入ですね。
 好感度高くて、秀鳳ではじめて感情移入できそう。

 敵も出揃っていよいよ次回から対戦開始。
 結局誰と誰が当たるのか。
 順当な組み合わせじゃないっぽい雰囲気ですから、ヒロムをあのハゲ丸くんに当たらせるってこともあるかもですね。


サムライうさぎ

 札差騒動後日譚。
 結局奉行所のお達しで、先日の棄捐令(「きえんれい」って言うんだって。徳政令じゃないのね)はなしなし。
 裏で札差連中がいろいろ画策したことは想像にかたくありませんが、まぁそこまで描いてたらページもたりないでしょう。
 非常Iあっけなく事態は収拾。
 札差の暴動も、実質被害はでていなかったからでしょうか、簡単に見てみぬフリってことのようです。
 田丸も遠島だし、まぁ落ち着くべきところに落ち着いたってカンジですかね。

 道場経営にあわせて寺子屋経営ですか〜。
 大店の子供とか、良家の子女とかが入ってくれたら意外と儲かるかもしれませんね。

 で、ひさびさに二人で家でゴロゴロしようというごっちんと志乃。
 そのゴロゴロはたぶん布団の上でやったほうがいいよw
 摂津じゃないけど応援したくなるw
 そろそろごっちんも頑張りなはれ!
 ちょっと赤くなってるごっちんに期待だ!


エム×ゼロ

 息で曇らせて字・・・・・・って、セリフでわざわざ説明しなくてもわかりまっせw
 なんかジョジョ的なノリで今回よかったシーンですな。
 この能力、応用しだいでなかなか便利そうだ。


ベルモンド Le VisiterR

 イソギンチャクで目玉抜くとか、胸の傷貫通させて反撃とか、よく考えたらあまり意味はないんだろうけどこういうケレン味は好きですねぇ〜。

 大方の予想通り、嫉妬や妬みが犯行動機か?とベルモンドに問わせておいて否定し、本当の理由はまだよくわからないまま。

 突然乱入は妙なしゃべりかたの子供と傷だらけの神父姿。
 このムクストンとかいう子供はいい味だしてるなぁ。
 で、いかにも魔女の力を継いでいそうなのがダルタニアン。

 ようやっと話が大きく動き出し、なんとかベルモンドが地上に出る流れになりそうです。
 つーかともすると死体として出て行きそうな勢いなんですが(爆)。
 しかし、地上に出ると同時に連載終了!って流れだけは避けられたようでなにより。


SKET DANCE

 そして掲載位置が毎号スリリングなスケットダンス。
 今回は勇者学の前に出ることが出来てちょっと一安心?
 いや、単に前回2本載せて無理しすぎた勇者が入稿遅れて掲載がラストになったってだけなんじゃないかとか思うと、まだまだ気は抜けない。

 ようやっとワキキャラがぽんぽん出てくるようになりましたね〜。
 前回ちょいとだけ出てたモモカが定着した感じだし、今回は冒頭でいい所もらえた武光先輩もよかった。
 んで今回初登場で、しばらくライバルとして対立しそうな生徒会執行部の面々もなかなか。
 副会長の椿が、ボッスンの真面目モードとちょっとかぶりそうな印象もありますが、それを逆手に取ったか鏡ギャグが面白かった。
 会計の丹生も、一見普通のキャラですがちょっと変なところを秘めていそうで今後期待できそう。
 で、会長の安形がかっこいい。
 一コマだけの登場ながら、度量の大きそうな雰囲気がいい。
 あ、そういえばヤバ沢さんも再登場だったっけw

 打ち切りが非常に危険な10話近辺をなんとか抜けられそうな雰囲気ですね。
 この生徒会とのイザコザでしばらく盛り上がってくれたらいいなぁ〜。



 え〜〜、今週はここまで。
 今回はなんかえらく感想書くのが難しい作品ばっかりだったなぁ〜。
 山場作品がほとんどないっつー、妙なタイミングのせいなんでしょうね。
 そんな中でもワンピとブリーチには毎号毎号楽しませてもらってます。
 山場でなくても、なんだかんだで楽しませてくれる、さすがは柱の作品ですわ。
 次は月曜発売ですか。
 ちょっと間があいちゃいますね。
 ではまた次週〜〜〜〜〜〜〜〜♪

ラベル:ジャンプ 感想 WJ JUMP
posted by BOSS at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。