2007年08月13日

ちょっと怖い話

 さっきあった、なにげないけどちょっと怖い体験・・・・・・

 昼休み、誰もいない静かな廊下を通って私はひとり、エレベーターへ向かった。

 ボタンを押して、しばらく待つ。

 ・・・・・・チーン

 エレベーターの扉が開く。
 誰も乗っていない。

 乗り込んで、目的の階のボタンを押そうとして、その手がとまる。

 すでにその階の表示が点灯していたのだ。

 動き出したエレベーターの密室が、妙に息苦しく感じられた。

 なにげないけど、ちょっとゾゾッときちゃう一瞬ってありますよね。
ラベル:オカルト 日記
posted by BOSS at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。