2007年08月10日

キーファー・ハント捜査官プロフィール01

 先日やってきたセッションダスク・ブレードの記録です。
 意外な落とし穴があってどうもキャラクター構成を考え直さねばならない様子・・・・・・はたして。

キーファー・ハント 人間 男 20台後半(忘れた)
ダスクブレード Lv.1
能力値
STR : 17
DEX : 12
CON : 16
INT : 15
WIS : 10
CHR : 8
言語
共通語、エルフ語、ドワーフ語
技能
<呪文学> 4 , <精神集中> 4 , <知識:貴族王族> ? , <知識:地域> ? ,
<知識:歴史> ?
特技
《強打》《薙ぎ払い》
習得呪文
0レベル:All
1レベル:スウィフト・エクスペディシャス・リトリート、スタンド
装備:グレートソード、チェインシャツ、その他冒険用装備

 といった感じで遊んできました。

 名前は24キーファー・サザーランドミッション・インポッシブルイーサン・ハントから。
 まぁ国の特殊捜査部隊ってイメージですな。
 キャラの裏設定も、実は殺人事件の重要参考人で逃走中のジャミル・ジャッカル(前回の自キャラ。ローグ)を追っているというものだったりw
 まぁどうでもいいんですが導入にはちょうどよかろうということでw

 能力値決定が32ポイント・バイでその上なんと能力値そのものに2点を振り分けていいよ(ただし上限は18)という物凄いパワールールが発表され、上記のような凄いスペックとあいなりました。
 やりようによっては38ポイントバイですってこれw

 技能もそうですが、モンスター相手というよりNPC相手を考えているので、言語はエルフ語とドワーフ語を取得。
 このあたりたぶんパーティーの他メンバーとばらけたはず。

 技能もそうで、知識系統はおそらくウィザードはモンスターの識別系に、クレリックもやはり宗教や神秘学に行くと思われたので、こちらは対人用に使えそうな、普段の冒険に役立ちそうなあたりをフォロー。
 なんとなく捜査官って感じになって面白いのでよしとする。

 魔法はいろいろ考えまして、最初は移動力アップのリトリトと伏せからフリーで立ち上がれるスタンドを選択。
 序盤戦はHP0以下になって倒れ伏すことも多いだろうし、このスタンドが役立ちそうなんだよね〜って思ってたらさっそくメンバーのパラディンに役立ちましたw
 攻撃力アップは最初はそんないらないだろうし、持続が1ラウンドだったりで使いにくいなということで攻撃呪文は削除。
 次からブレード・オヴ・ブラッドショッキング・グラスプトゥルー・ストライクの順で取る予定。

 で、特技なんですが、両手武器ならやっぱり《薙ぎ払い》だろうってことで入れていたんですが、そもそも両手武器が大問題。
 セッション終了後に気付いたのですが、ダスクブレードだって魔法を使うからには動作要素を満たさねばならない。
 これは至極当然のことで最初から気付いていて当然だったのですがすっかり失念しておりましたw
 グレートソード持ってて動作要素満たせるのか?とww
 うちらのプレイグループでは両手→片手の持ち替え、あるいはその逆はフリー・アクションで行っているのが慣例なので、通常の呪文詠唱時にはなんら問題はないのですが、「秘術呪文注入」は困るなぁと。
 「秘術呪文注入」はひとつの標準アクションで詠唱と武器攻撃を兼ねるものなので、さすがにその最中にフリー・アクションで持ち替えを2度も挟めないだろうな〜って思うんですよ。
 マスターによってはここは甘く措置してくれそうなんで、それぞれのプレイグループで違うでしょうけどね。
 実際PHB2の開始パッケージの3人中、2人までもが両手武器持ちで、オイオイって思わせますが、この開始パッケージはけっこうミスが多いのでこれを「以上の行動ができる理由」には出来ないような気がするんですよね。
 あくまで私の考えなんで、実際には違うかもしれませんが。

 また、ロングソード+ヘヴィシールドだったパーティメンバーのパラディンがどうもグレートソードに持ち変えるらしいので、そこでキャラがかぶるのを防ぐためにも両手武器は放棄、片手武器に移行しようかと思うのです。

 てことで両手武器じゃないとあまり意味をなさなくなってくる特技をはずし、あらたに構想を練ってみたw
 以下急遽練り直した特技計画。

Lv.1 《強打》《即時呪文持続時間延長》
Lv.2 ボーナス特技:《戦闘発動》
Lv.3 《重装発動》
Lv.6 《即時呪文威力最大化》
Lv.9 《秘術の打撃》


 両手武器じゃなくなったため、効果のうすれた《薙ぎ払い》を消去し、意味のほとんどなくなった《バックラー防御強化》をカット。
 それでもまぁ即効でトゥルー・ストライクをキャストしての《強打》時には両手に持ち替えて殴る予定なのだが、そのときくらいはバックラーの恩恵を失ってもいいやって楽観視w

 これとは別案で、

Lv.1 《強打》《攻防一体》
Lv.2 ボーナス特技:《戦闘発動》
Lv.3 《重装発動》
Lv.6 《即時呪文持続時間延長》
Lv.9 《秘術の打撃》
Lv.12 《即時呪文威力最大化》


 というものもある。
 こちらはタンクキャラになる場合。

 まだまだ悩みそうだ。うーん。



posted by BOSS at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D第3.5版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。