2007年07月31日

コミック感想 ヒストリエ 4

 『ヒストリエ 4巻』岩明均 アフタヌーンKC 講談社

 寄生獣岩明均が描く古代ロマン。
 待望の4巻発売。
 あまりに待ちくたびれて、間違って3巻目を2冊買ってしまうなんてポカもやらかすことになったこのヒストリエだけに楽しく読ませていただきました。

ネタバレ注意!



 村の攻防戦がまず面白い。
 エウメネスの天才的な軍略がきっちりはまるのも面白いし、敵中ひとりで偽の商人の息子を堂々と演じきるその度胸も面白い。
 このエウメネス、普段は飄々と軟弱っぽいのだが、いざとなるとスキタイの血ゆえか肝がズシリと据わるのがかっこいい。
 特にテレマコスの前でひと芝居うって、憎しみの矛先を自分に向けさせるあたり、1巻のカルディアの門を開けさせる芝居以来の爽快さ。
 なかなかいいお話でした。

 サチュラとの関係も悲しいながらも仕方ないかなと、なんとか納得できるよい形でまとまりましたね。
 登場した瞬間に「サチュラのことは忘れられそうにない」なんてなモノローグで思いっきり死亡フラグが立っていただけに、生き残っただけで御の字です。
 こういう「一期一会」「仮初めの縁」な男女のストーリーは大好きですね〜。
 きっともうこの2人は会うこともすれ違うこともないんでしょうが、ずっと2人の胸のうちでいい思い出になっていることでしょう。
 悲しいけどこれ戦争なのよね〜。
 でも、悲哀だけどジメジメしてなく、どことなく爽やかさが漂っているのは岩明均の作風のよさですかね。

 そして1巻半ばから始まった回想の物語はぐるっと一回りして、ようやっと1巻冒頭に戻ってきました。
 カルディアにきているらしいマケドニアの王はどんな人物なのか。
 そしてエウメネスの今後は?
 5巻発売はいったいいつになるのかw
 余計に先が待ち遠しくなってしまいましたw




posted by BOSS at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。