2007年07月09日

週刊少年ジャンプ32号感想

 新連載ベルモンドが表紙のWJ32号感想いきまっす!

 新連載第一弾 ベルモンド Le VisiteuR

 魔女の血を受け継いだ秘密警察的な拷問吏が主人公という、なんとも危ない話。
 よくまぁWJ編集部がGOサイン出したもんだw

 絵も話もちゃんと読めるが、「面白い」と言わせるにはちょっとなにかが足りないかな?

 ジョジョの第一話が始まった時のような、しっかりとした時代背景の描写や、主人公の生い立ちなどをちゃんと描いたりして好感が持てる。
 んだけども、主人公の能力がよくわかんない。
 やたらと相手をコケにして精神的にいたぶって真実を吐かせようとしていたと思ったら、最終的に「意識を失わせる」ことが条件だったりする。
 あれ? だったら最初から頭ブン殴って気絶させたらいいんじゃない?って思っちゃうですね。

 第1話だし、まだちょっと説明不足だったのかもしれないなぁ。
 なにせ結構いろいろ説明するのにページを裂き、ちゃんと事件を一個解決しつつも大ゴマを多用したりしてかなりこの作者欲張りっぽいのだ。
 じっくりとした能力の説明は次回以降かもしれない。
 しばらくは様子見といったところか。

 こういった天才型万能主人公と凡人型巻き込まれ属性がコンビ組む作品がちょっと多い最近のWJで、どんな特異性を出してゆけるか期待したい。


ONE PIECE

 ネガティブ王ウソップ!
 今週もやっぱりカッコいい!!
 CP9編でいざこざの末戻ってきたからには、ちゃんと活躍する場があるんだろうな〜ってちょっと期待していたのだが、これは凄いねw
 しかもこの活躍でウソップが成長して今後強くなる可能性とか、そういうジャンプ的な成長は絶対ありえないと思わせてくれるところもよいww
 ウソップはやっぱりこうだからこそのウソップなんですよ〜。

 そして前回だったかオーズ災害化を予想していたがそれが爽快な方向で的中。
 「こんなにいてめんどくせ〜な〜」って思わせていたジェネラル・ゾンビたちが一掃されたのは大喝采!
 やばい、このオーズというキャラ、今シリーズだけで捨てるには非常にもったいなくなってきたw
 まぁこのでんでオーズには事態を混乱させつつ、ゴロッと進展させる役をになってもらいたいですな〜。
 最終的にはサンジの肉の塩焼きで昇天するんだろうけどw

 というわけで、対戦カードが決定されました。

 ルフィ vs ゲッコー・モリア
 ゾロ vs リューマゾンビ
 サンジ vs アブサロム
 ウソップ vs ペローナ
 チョッパ&ロビン vs ゾロゾンビ&サンジゾンビ


 といった形で収まりました。
 フランキーと気絶中のナミが浮いていますが、ナミは財宝探し担当でしょうし、フランキーは劣勢になりそうなチョッパー組に応援に行くんじゃないのでしょうか。あるいはオーズ?まだわかんないけどね。
 あれだけの人数出したから2年は続くかなって思っていた今シリーズでしたが、案外年内には終わりそうです。

 ところで今週、クマシーにあやまるペローナがツボだったw

銀魂

 なんとなくポエムのようなハート・ウォーミング系
 前回のやりすぎた空気にちょっとフォローでも入れようと配慮したのか?w
 まぁそんないい話で綺麗にまとめるにはこっ恥ずかしかったのか、「キノコ」「インディペンデンスディ」とかで小ネタ挟んじゃうあたりがいかにも空知先生シャイですな




NARUTO-ナルト-

 サスケ vs デイダラ決着!?
 裏をかきあうなかなか面白い対決をしつつ、最後の解説編で再度チャクラの性質の強弱関係を復習するあたりがうまくできてますな。
 次週予告によるとこの後ひと展開しそうだけど、『最後の爆発!』っていかにも自爆臭いw


アイシールド21

 アイシールドの面白いところは、もちろん試合展開の面白さもあるんだけど、こうやって負けた選手たちのそれぞれを描くところも魅力的なんですよね。

 恥ずかしげもなく男泣きに号泣する大田原。
 表では冷静に敗北を受け止めているように見えて、実は陰で悔し涙を抑えきれない高見伊知郎。
 そしてアメフトへの情熱にさらに火がついた様子の進。

 今回はそれに加え、車椅子の少年虎吉のエピソードが最高。めずらしくモン太がいいこと言った。
 たしかに桜庭に夢を託しているままでは、いつまでたっても自分の足では歩いてゆけない。
 自分でクリスマスボウルに行こうとしないかぎりダメなんだね。
 これはすっかり盲点だった。いい話だ。


BLEACH

 10秒ほどしか仮面かぶってられなかったはずの黒崎、いつのまにやら時間が伸びていることをグリムジョーの口から解説。
 どうもサイヤ人の血が流れてるらしいw
 まぁ戦えば戦うほどスタミナ無視で強くなるのは主人公の特権ってやつですw

 アクション物ってわかりやすく描こうとするととたんに迫力を失うし、逆に迫力を重視しようとすると今度は何がどうなってるんだかわかんなくなりがち。
 そこらへん久保先生苦労されてますよね〜。
 ぐわ〜〜〜って迫力は伝わってくるけど、アクションが具体的にどうなっているか、いつも大体伝わってくるのはイメージ優先って感じですな。
 今回はでも黒の一護白のグリムジョーって色分けでだいぶ見やすいかな。

 ところでグリムジョー、もしや尻尾で攻撃しました?w
 そのうち肉球攻撃とか猫耳モード全開だニャン!とかやって欲しいが・・・ってああ、考えれば考えるほどもて王がなくなったのが痛い!
 先週の「軋れ豹王(パンチラ)!!!!」だってきっとやってくれるに違いなかったのにwww
 あ、でも一部ブリーチの熱狂的ファンにはもて王嫌われてたんだっけかw


サムライうさぎ

 「(ぴと)おでこ大丈夫? ケガしなかった?」の下り。
 ぬおー、志乃の外見がこうでなければズッキューンといいシーンなハズなのだが、いかんせんチマっこいこのオママゴト夫婦のなりではなぁw
 いや、むしろこのナリだからこのご時世いいのか?(ナニ
 というより、作者福島先生これを意図的にやっているフシがある。
 萌えよりも、江戸時代の人情物として読んでもらいたいから、あえてヒロインを田舎臭いガキンちょ(シツレイナッ!)にしたような気がするなぁ。

 ところでごっちんがマロの落書きを読み解き、みなに解説して聞かせるけど、これってごっちんの機転っぽいですね。


瞳のカトブレパス

 うぉ!思ったより大物!
 巫女!胸元はだける!蝶大物出現!連載長期確定だッ!!(マジかよ!
 しかしこの分でゆくと、みちるは能力使うたびに胸をババッとヒロミ=ゴウばりにオープンしないといけないことになりますよw
 これは今週からひとカトから目が離せないぜッ!!(バカ
 ところでなにより安心したのがみちるのトイ面でバーちゃんまで胸はだけてたらどうしようかって思ってたんだが、さすがにそれはなかったかw
 
 バカ話はこのくらいにするとして、天魔波旬の正体はやっぱり時人でした。
 美形で風格をそなえた、なかなかよいラスボスですね〜。
 これで大方役者が揃い、戦いのお膳立てが整えられました。
 次回からは本筋の語り口に期待したいと思います。


P2!

 おいおい、この小学生なに星出身だよw
 前園ってば回想シーンでもその顔はヤバいだろう。
 ちょっと純情っぽい伏線をはりましたが、最後でブチ切れ。
 今にもネウロの世界にゆけそうですw

 どんどんヒロム萎縮しちゃってますね〜。いい感じに追い詰められています。
 次号ラストあたりで逆転ってところでしょうがはたしてなにがきっかけとなるか。

 ところでこの作品、今どのくらいの人気なんでしょうね〜。
 いい要素をいっぱいもっている良作だと思うですがどうでしょう。

 等身大以下のところから出発した、感情移入しやすい主人公。
 丁寧なゲームのルール説明。
 そして説明に固執せず、ルールがわからなくても面白さが伝わってくる語り口の上手さ。
 スポーツ自体の面白さから紹介していき、最初はあまりファンタジックな無茶をしない。
 主人公が成長してきても、身近な障害物をひとつひとつ越えてゆく過程を大切にする。

 なんだかこんな作品がちょっと以前にもありました。
 そう、『ヒカルの碁』ですね。
 うまくいったらヒカ碁みたいに、小学生たちに卓球ブームを起こせるかもしれませんね〜。


魔人探偵脳噛ネウロ

 変身しつつある弥子・・・・・・。間違いなく大食らいの化け物になること請け合いw
 大食らいの倒し方は、自分の尻尾を咥えさせるんです。
 そうするとヤツらはどこまでも食べていって、最後は自分自身を食べつくして消滅しちゃうんです。
 そう、ジョジョヴァニラ・アイスみたいに。
 ・・・って、倒してどうするww


ラルΩグラド

 29話にて大団円
 綺麗にラスボスの闇女王ビラを倒して終了しました。
 最初は乳ファンタジーとして始まったラルグラドも、終盤びっくりなくらい熱血に目覚めていきました。
 正直打ち切りなんだろうけど、なかなかうまいことまとめたな〜っていうのが感想ですね。
 個人的には乳路線をまっしぐらに頑張って欲しかった。
 闇女王がヨダレやらパンツやらを配下に与えてパワーアップさせていく、オツムの足りないセクシー路線が非常に好きだったんだがなぁw
 なにはともあれご苦労様でした。


 目次作者コメントの江尻先生。
 中島みゆきのファイトですか!よいご趣味です!
 ますますP2!応援したくなるなぁw


 ということで今週の週刊少年ジャンプ感想終了〜〜。
 ちょっと今週のジャンプは読み応えがあったなぁ〜。なんでだろー。



ラベル:JUMP ジャンプ 感想 WJ
posted by BOSS at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。