2019年10月29日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第960話 “光月おでん登場”

op094.jpg

 週刊少年ジャンプ2019年48号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミックス派ネタバレ注意!】

【感想小タイトル】
■若かりし頃のみんな
■おでん登場!



■若かりし頃のみんな

 ということで始まりましたおでん過去編。
 その昔、まだそこには工場もなく、川も森も豊かに生命に満ちあふれていた頃。
 おそらくお鶴さんと思われる若い娘、鶴女さん。
 やー、口元と鼻筋のあたりに面影がありますが、このころはいわゆるワンピ美人だったんですねー。
 今ではすっかり浮世絵美人ですが、この頃の鶴女さんもとっても素敵。
 おなじく登場した錦えもんを叱り飛ばす気の強さが実に気持ちいい(笑)。
 やー、今も気風のいいお鶴さんですが、この頃からしっかり者だったんですねー。

 そしてこの頃の錦えもんが予想以上にろくでなしでちょっと驚き(笑)。
 完全にどうしょうもないチンピラって感じだったんですねー。
 一攫千金を狙う男たちの上前を撥ね、さらに着物や財布まで奪い取っちゃう始末。
 あ、ってことはこの頃はまだフクフクの身は食べてないんですね。
 いつ頃悪魔の身を手に入れたんでしょうか。

 さらに登場、ワノ国の将軍・光月スキヤキさん。
 スキヤキさんに家臣が説明するのはあまりにあまりなおでんの行状。
 浮かび上がってくるのは、何もかもが規格外でスケールがでかすぎて、悪いこともするけど根は悪いわけではない、女たちを惹きけてやまない魅力的な人物といったところでしょうか。
 それにしても「ハーレムの乱」っていうネーミングがすごいな(笑)。
 ワノ国編は意外と外来語がポンポン出てくるのが個人的にギャップがあって面白いなーと思ってます。
 われわれの江戸時代の日本よりも盛んに海外からの文化が入ってきているってことかもですねー。



■おでん登場!

 また驚きだったのが傅ジロー少年の登場ですねー。
 現在パートでいまだ登場していない(ですよね?)最後の赤鞘九人男が、まさか過去編で先に登場するとは思いもしませんでした。
 なかなか知恵の回る策士みたいな悪ガキ少年ですが、古文書にも精通しているところを見ると学問もちゃーんとやってるんですね。
 この傳ジロー、現在はいったい何をしているんでしょうか。
 知恵者っぽいですから、意外なところに身を潜ませているかもしれませんねー。

 そしてついに登場、光月おでん!
 火葬されてるお骨の上でおでんを煮て食うめちゃくちゃさ。
 これは強烈なインパクトでした(笑)。
 実は死者との別れの挨拶がわりのおでんだったことが判明すると、女たちが一発で心を持っていかれるというのも面白い。
 やー、人目も常識にも縛られないメチャクチャなヤツのようですが、その心は男気に満ち溢れている、すごい魅力的な人物だったようです。

 そんなおでんたちの前に現れたのが、山の神と呼ばれる巨大な白猪。
 町を襲うこの白猪をおでんが止めるのか?というところで次号へ続きました。
 おでんと錦えもんたちもどうやらこの事件で出会い、すべてがここから動き出したって感じですねー。
 いったいどんな物語があったのか、個性的な面々のドラマに期待です。

 そういえばヒョウ五郎親分、ほんとうにこの頃はすごいガタイしてたんですねー。
 錦えもんをとっつ捕まえて、全身の皮を剥げとか、言うことも実に物騒(笑)。
 この豪快な迫力の大男が、20 年の歳月であんなに縮んでしまったのかと。
 漫画的な誇張表現だとしても、その強制労働の極限までの過酷さがうかがえます。



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
****************************************************
posted by BOSS at 21:15| Comment(1) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若かりし頃の皆>まあこの後におでんの家来になってからも大名の所に盗みに行くチンピラも真っ青のゴロツキでしたからね。
康イエがいなければチンピラのままではあったんじゃないかと思います。
スケールもですが戦闘力もかなりの化け物で、息子のモモノスケの強さが年相応であるのを見ると、強さに血筋ってそんなに重要なのか?とか思います。
他、ロジャーの息子エースと同じ環境でほとんど同じ強さだったサボの血筋がただの貴族だったり。

おでん登場!>賛否分かれそうなインパクトデカすぎる。そして、一切言い訳をせずに我流を貫く漢。クレイジーな反面、男前でもある複雑な存在。
魅力あるのも確かでさが、これは勘当した父親も責めれないというか18歳まで勘当しなかっただけでも立派というか。先週の町民の中にはしねーとか言ってる人すらいましたし、まさに問題児。
ヒョウ五郎親分、確かカイドウに敗れた時もこのくらいのガタイらしいですが、今回は約40年前ですからね。40年前でも既にこれなら多分今頃70後半は確実でしょうから、労働無しでも体格は縮んでたかもとか思ったりします。
Posted by 太郎丸 at 2019年11月03日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。