2007年07月07日

イッツ・スカルジョーク!!

ワンピース巻四十六“ゴースト島の冒険”買いました〜。
 単行本で一気読みすると、ワンピはより面白いですね〜。
 今回の目玉は、なんと言ってもこの巻から登場の“死んで骨だけ”ブルックさん!

 このひと、ウォーターセブン編あたりからここ最近の新登場キャラのなかでもピカいちの魅力ですw

 今回はそんなブルックさんのしょーもないスカルジョークの数々を、現在WJ連載中の分もいっしょにコツコツまとめてみました!! 骨だけに〜〜!!!

コミック派の人にはネタバレ注意

更新履歴
(07.10.30 第476話分 2つ追記)
(08.01.29 第486話分 3つ追記)
(08.02.27 第489話分 3つ追記)
(08.03.03 第490話分 1つ追記)
(08.04.02 第494話分 1つ追記)
(08.04.08 第495話分 1つ追記)
(08.05.02 第497話、第498話分 1つずつ追加)
(08.07.02 第505話分 1つ追記)
(08.09.03 第512話分 1つ追記)
(08.09.11 第513話分 1つ追記)
(10.07.18 第592話分 1つ追記)
(10.11.07 第598話、第601話、第602話分 1つずつ追記)





「私 美人に目がないんです!!
ガイコツだから目はないんですけども!!」
(第442話)

 記念すべきファースト・ジョーク
 「んビュ――ティフォ――!!!」のフレーズも楽しいw




「ヨホホホ オヤオヤ手厳シィ――!!!
骨身にしみました!! ガイコツなだけに!!!」
(第442話)

 ガイコツなのにナミに蹴られてタンコブできたりもw




「私 ここ何十年もろくな物食していないので・・・
もうお腹の皮と背中の皮がくっつく様な苦しみに耐えながら毎日を生きて来たのです
お腹の皮も背中の皮も ガイコツだからないんですけども!!!
ヨホホホ!! スカルジョーク!!!」
(第443話)

 ちょっとクドい感じがしないでもないですが「スカルジョーク!!!」初登場。




「自分の体を発見した時には なんとすでに"白骨化"していたのです!!!
びっくりして目が点になりましたよ
目玉ないんですけども!!! ヨホホホ!!!」
(第443話)

 だんだんルフィ一行もスカルジョークに慣れてきたのか全員スルーの4つ目。




「同じ目に遭った誰かが 太陽の下消えていく所を目のあたりにしました・・・!!
それはもう身の毛もよだつ光景でした ガイコツなのに」
(第443話)

 これもツッコミなしの寒い5つ目。しかしブルックめげません!




サンジ:「なんで明るいんだよ!!! さんざんだなお前の人生」
ブルック:「なのに“コツコツ”生きてきました!! 骨だけに!!!」
(第443話)

 ついにサンジから「うるせェよ!!!」のツッコミが!!
 ブルックさん嬉しかったろうねぇw




フランキー:「空から何か・・・いや誰か!!! 降ってくる!!!」
ブルック:「ボォ――――ン!!! 骨だけに〜〜〜〜!!!」
(第453話)

 しばらくぶりの登場でコレ。
 もうすっかりキャラが立っているw





「そ・・・そんな 私に怒鳴らないでください 面食らってしまいますよ!!
ガイコツだから私面なんてないんですけども!!! ヨホホホ!!! スカルジョーク!!!」
(第455話)

 このへんのブルック、フランキー、ロビンのかけあいが楽しい。
 ふざけっぱなしのブルックに切れるフランキーを、「やめなさい すでに死んでいるわ」と冷静に止めるロビン。




フランキー:「影を・・・切り取った・・・・・・!?」
ブルック:「私も目を疑いました・・・・・・目は・・・
ないんですけど――っ!!! ヨホホホ」
(第455話)

 いい加減ロビンも見放し、「もうシバいたらいいわ」とフランキーに賛同。次コマでブルックノックダウン




「しかし影を取られようとも死ぬわけではありません
見て下さいこの通り 私の様に!!
あっ!! 私死んでました!!!」
(第456話)

 ブルックが意図して言ったわけじゃないのでスカルジョークとは違うかもだが、まぁ同じようなもんだろうということで収録。




「ちなみにゾンビを倒すには口の中へ塩を押し込んでください!!
それがコツです!!! ホネだけにィ!!
コツなのです!!」
(第456話)

 完全にロビンにスルーされてますw
 ブルックが一行の仲間になるなら、誰か強力なツッコミ役が必要だなw




フランキー「あの野郎 ガリガリのガイコツのクセによ・・・ 話せばなかなか
骨がある ガイコツなだけに」
ゾロorロビン「・・・・・・」
(第459話)

 ブルックに洗脳され、いつのまにかスルッとスカルジョークが口から出てしまったフランキー。
 恐ろしい感染力を持っているようですw
 「・・・・・・」は展開からしてロビンっぽいのですが、ゾロにかかってるように見えるのでどちらか不明ということで。




「ラブーン お前まだ私達の事・・・・・・憶えてくれていますか・・・?
お前の気持ちを思うと 胸が締めつけられます
――私今 胸なんてないんですけど!! ヨホホホホー!!」
(第459話)

 こんなにいい話なのに、それでもスカルジョークなんですねブルックさん!!
 あなたのそんなところが大好きです!!




「骨身を惜しまず!!!
頑張りますっ!!!」
(第476話)

 非力ながらも健気に頑張るブルックさん。
 久々の活躍です!




「骨が透ける程 感電したァ〜〜〜〜!!!
 ――って 私元々骨だけでした!!!」
(第476話)

 どんなに必死なときもジョークを忘れないブルックw
 感電でホネとは、その手があったか!!w




「またコックさんの料理が食べられるなんて!!
ホントにほっぺたが落ちるほどおいしいです」 ヨホホホ
「私!! ほっぺたないんですけど――!!!」ボーン!!
(第486話)

 戦い終わって大宴会。来ましたブルック待ってました!




ブルック:「ヨホホホ ホントに・・・ あ 失礼!!ゲップ!!
先日も今日もお腹いっぱいごちそうになって私 少し・・・
太ったかも!!!」
フランキー:「骨なのにィ!!?ってやかましいわっ!!!」
(第486話)

 フランキーのツッコミが嬉しい一幕。
 フランキーが一番スカルジョークに洗脳されてますよねw




「ちょっと聞きわけ悪かったけど 音楽好きで いい子でねェ・・・
今でも・・・まぶたを閉じるとその姿が
あ・・・私まぶたなかった」
(第486話)

 こんなに感動的なシーンなのにw
 いやまぁそんなブルックさんだから大好きなんですけども!




ウソップ&チョッパー:「その軽さもおめーのいい所!!」
ブルック:「ハイッ!! 骨だけにィ〜〜〜〜っ!!!」
ルフィ:「おんもしれ〜〜っ!!!」
(第489話)

 晴れてブルック、麦わら一味の仲間に!!
 見てるこっちまで嬉しくなっちゃいます。
 最高のひとコマですね。




皆さんのお荷物にならぬ様に!!
骨身を惜しまず頑張りますッ!!!
ヨホホホホホ〜〜
(第489話)

 めずらしく前と同じスカルジョークが出てきました。
 ブルックさんのお気に入りなんでしょうか。
 次のジョークも似た感じ。




ゾロ:「この一味は手ェやくぞ?」
ブルック:「ヨホホ!! その様で!! 死ぬ気で頑張ります!!
あ!! 私 もう死んでますけど!! ヨホホホ」
(第489話)

 あの凄まじい覚悟と心意気を見せたゾロに言う言葉ですから、カラッと明るく言ってますけどブルックさんの覚悟の重みが伝わってきます。




うわーっ 怪物の目玉では!!?
死ぬーっ!! って私もう死んでました!!
ヨホホホホ!!
(第490話)

 ネタこそおなじみのタイプですが、まさにとにかく落ち着け!って感じの騒々しいブルックさん。
 いつも以上に大はしゃぎしてます。
 潜水艦に乗せてもらって、冒険が楽しくてしょうがないんでしょうね。




ドゥハ――!! もう限界〜〜!!
足ツリそうです
ツる筋肉ないんですけどー!!
ヨホホホ
ゼー…
ゼー…
(第494話)

 息があがってようが、隙あらばスカルジョークを挟むブルックさん(笑)。
 麦わら一味としての初陣ということで、はりきりまくったんですが、さすがに長時間の水上走行は体力を消費するようですね。
 あやうく溺れるところでした。
 でもこの健気なところがブルックさんのいいところ。




ライオンちゃん!! すごいですね!!!
目が飛び出そうでした!!
(第495話)

 最近はこまめに刻んでくるなぁ〜(笑)。




それは楽しみ!!
私 美人に目がないんです!!
ガイコツだから目は…
ないんですけど―――!!!
ヨホホホ
ヨホホホホ
ゲホ! ウェッホ!!
(第497話)

 見えないけどおそらく全員完全スルーのひとコマ(笑)。
 しかし、そんなことはお構いナシに一人でむせているブルックさんがなんともカワイイ(爆)。




私もテレて耳が真っ赤に
……耳ないんですけどー!!
(第498話)

 いつもの怒りテレするチョッパーといい組み合わせのひとコマ。
 こんな感じでいろんなメンバーと絡むシーンが見てみたいですね〜。




スン!!…スンゴ――――!!
目を疑いますね!!
私!! 目!!
ないんですけど―――!!!
(第505話)

 ルフィ、ロー、キッドのルーキートリオ活躍の回。
 それぞれの仲間達も一筋縄ではいかない変わった面々ですが、ブルックさん、あなたが一番スンゴい見た目してます(笑)。




男には!!
やらねばならない時があるっ!!!
ギャアアアア〜〜!!!
オゲ〜〜ッ!!
骨折り損でした!!
・・・・・・・・・!!
(第512話)

 役に立ってねぇ〜ッ(笑)。
 でもその心意気がカッコよかったですよッ。




お守りします!!
命にかえても!!!
あ 私もう死ん・・・
(第513話)

 最後まで言わせてもらえなかったーッ!(笑)




――さて とんでもない記事を見てしまった…
ルフィさん ご無事ですよね?
あなたの今の辛さを想い
私胸を痛めています
…胸…
ないんですけど!!
ルフィさん!! 歌いましょうね一緒に!!
今すぐあなたの心!!
救いに行きます!!
(第592話)

 ブルックさんキターッ!
 なんと 78 話ぶりのスカルジョーク!



ボォォ〜〜ン!!
『―――ハイッ!!!
 骨だけにィ〜〜〜〜!!!』
(第598話)

 2年の歳月が流れ、すっかり世界的スターとなっていたブルックさん。
 ソウルキングとなって話し方もミュージシャンっぽくなったのに、スカルジョークは変わらないんですね(笑)。
 


お懐かしい
期待に胸が膨らみます
――私
膨らむ胸ナインですけどー!!!
ヨホホホホ!!!
(第601話)

 来ました正統派スカルジョーク!
 


さ…再会の感動で…
ホラ私…胸が震えてる゛……!!
ガフッ!!
私…震える胸…
ないんですけど――!!
ヨホホヨホゴフッ
(第602話)


 感動の再会で早々ナミにパンツ見せてもらってくださいとやらかしたブルックさん。
 蹴られてボロボロになりながらもスカルジョークを忘れない。相変わらずです。
 ちなみに胸をからめたスカルジョークは実はこれで4回目。
 しかし使うたびに表現がちょっとずつ違っているのが凝ってます。



わたくしてきに

 いや〜、こうやってまとめて読むと「やっぱりしょーもな〜〜〜!」ってニヤニヤしちゃいますw
 ダメだ、完全にスカルジョークにハマりましたw

 過去には切ない約束。背負っているのは重い運命。
 なのに病気!?ってくらいのテンションの高さ、落ち着きのなさのブルックさんは最高のキャラクターです。
 暗いキャラよりも、明るいキャラが悲しいさだめを背負ってたりすると、余計切なかったりするんですよね〜。
 これは絶対ルフィ一行に入って欲しいって思います!!
 
 というわけでまとめてみましたブルック語録「イッツ・スカルジョーク」。
 今後連載でも掲載され次第、つけ足して行こうと思っております!

07.10.30 第476話分を追記
 いや〜、久々にきましたね〜ブルック大将!
 ちまたではバーソロミュー・くまの能力で、ブルックはラブーンの待つ双子岬に飛ばしてもらえそうだから仲間になることはない、なんて噂が飛び交っておりますが、それはきっとブルックさん凄く嬉しいだろうけど、私は嬉しくないぞーw
 ブルックさんは是非仲間に!!!
 お願いしますよ尾田先生!!!

08.01.29 第486話分を追記
 くま能力で双子岬へワープ説なくなりましたね〜。このままブルックさん仲間になるかな?

08.02.27 第489話分を追記
 「私!!! 生きててよかったァ!!!」という叫びに、たまらずグッと胸が熱く。
 ついに“8人目”の仲間となったブルックさん!
 やった〜〜ッ!! おめでと〜〜う!!
 仲間の全滅、50年の長く辛い漂流、影を奪われる絶望を越えて今、ついに自由を得たのです。
 どれほどの辛さであったか想像を絶するのとひとしく、どれほどの嬉しいことなのかも想像を絶します!
 そこをさらりと「あ 私仲間になっていいですか?」と、やっちゃうあたりが私どうしょうもなくブルックさん大好きですよ。

08.03.03 第490話分を追記
 潜水艇シャークサブマージ3号に乗って大騒ぎのブルックさん。
 またもナミにパンツの色を聞いたりとセクハラもやりたい放題。
 いや〜、すっかり仲間に馴染んでますね〜。

08.04.02 第494話分を追記
 健気に頑張るブルックさんですが、一方ゾロの体に無理が来ている様子。噂の魚人海賊団一番の剣士との戦いでは、ゾロはかなり苦戦を強いられそうですね。
 そこでブルックさんと臨時タッグ結成ですよ。
 剛剣と柔剣、いい組み合わせだとおもうなぁ〜。

08.04.08 第495話分を追記

08.04.02 第497、498話分を追記
 シャボンディ諸島編開始。
 ちょっと意外だったのは、ブルックさんがなんの変装もなしに、町にでかけたことでした。
 一般人に目撃されてしまいますから、驚かさないように仮面でもかぶるのかな? とか思っていたのですが(笑)。
 鉄仮面デュバル編では、小さなコマでしたが敵がブルックさんのことを「ガイコツマスク」と言ってましたから、仮面にみせかける工夫でもするのかと思ってたのですよ。
 ところがどっこいこの通り。
 その堂々たるふるまいはむしろ天晴れ! どこまでも自然体でカッコイイですよ。
 しかも街の誰もがブルックさんの姿に驚かないっていうのはスゴいですね。あるいは、そのことこそが、グランドラインの道程も半ばを迎えた世界の凄さをあらわしているのかも。そこらに住む人たちになると、そんじょそこらの怪異じゃ驚かないってことを物語っているのかもしれませんね。

08.07.02 第505話分を追記
 最近ではすっかり催眠術師と化しているブルックさん。
 まぁルフィみたいな単純なヤツかザコしか寝ないんでしょうけど、逆に仲間を強くする歌とかあると便利そうですねぇ。
 痛みを消す歌とか、筋力やスタミナを増強する歌とか、ルフィなんて単純に乗っちゃいそうです(笑)。

08.09.03 第512話分を追記
 ひさしぶりのスカルジョーク。
 ブルックさん、大切なアフロが燃えてるように見えるけど大丈夫?(笑)

08.09.11 第513話分を追記
 まったく役に立ってないブルックさんがいじらしい(笑)。
 健気に男らしく頑張ってるんですけどね〜。
 いつの日かまた、華々しく活躍している姿が見たいものです。
 しかしこのあとブルックさんは、いったいどこへ飛ばされちゃったんでしょうか。
 街のど真ん中とかだと大騒ぎになっちゃいそうですよね〜。


10.07.18 第592話分を追記
 ほとんど二年ぶりに近いブルックさん復活!
 本当にお懐かしい。
 感動の熱さを、ジョークでほどよく和らげるのも相変わらず。
 いや〜また会えて嬉しい!
 いきなり捕まっちゃいましたけど、はやくルフィたちに会えるといいですね。


10.11.07 第598話、第601話、第602話分を追記
 すっかり大スターになってたブルックさん。
 その歌声はトーンダイヤルに乗って世界中に広まったようですから、もしかするとその歌声をラブーンも聴いてくれたかもしれませんね。
 2年の修行を乗り越えても、まったく変わらずマイペースにハイテンションなブルックさん。
 本質はまったく変わってないようで嬉しくなりました。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村 漫画ブログ
********************************************************
posted by BOSS at 01:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 漫画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もブルックさんのスカルジョーク好きです!
何に役立てるというわけではないのですが、
こういうデータベースがあるとすごくうれしいです。

>「ラブーン お前まだ私達の事・・・・・・憶えてくれていますか・・・?
>お前の気持ちを思うと 胸が締めつけられます
>−−私今 胸なんてないんですけど!! ヨホホホホー!!」

特にこれがお気に入りです。
切ない内容なのに底抜けに明るくて、
ブルックさんの生き様が感じられますね^^
Posted by エンゼルパイ at 2008年05月07日 22:31
 素敵なコメント、有り難うございます。

 このデータベースは、「あれ? 誰も作らないの? じゃ、自分が欲しいから自分で作っちゃえ」ってノリで作りました。
 気に入っていただけたようで嬉しく思います^^

 おっしゃる通りですね。悲しい過去とのギャップがまた素晴らしい。
 ブルックさんって強いんだなぁって思わされます。そこがかっこいいんですね〜。
Posted by BOSS at 2008年05月07日 22:59
はじめまして
スカルジョーク で検索して拝見させていただきました。ステキだったもので勝手にリンクさせていただきました。

ブルックさんいいですよね。
別れ・孤独を体験したあとに、
ちょっとした照れ隠し的?にスカルジョークを言うのがとっても感動してしまいます。

自分の話を重くしない為に、ああいったことを言うという姿勢に感銘をうけております。


これからも拝見させていただきます。

それではっ
Posted by あんどう at 2008年09月13日 04:31
 いらっしゃいませ〜。
 リンク報告ご丁寧にありがとうございます。
 間違ってたらなんですが、こちら→http://d.hatena.ne.jp/chokoinu/20080913ですよね?
 ブルックさんへの深い考察に、おーなるほど!って感じで読ませていただきました。

 辛く重い気分のときこそバカみたいに笑っちゃおうというブルックさんの哲学って、ホントかっこいいですよね。
 あこがれますし、たまらなくジーンときちゃいます。

 しかしたしかに、もうちょっと強くてもいい気がしますね(笑)。
 これからも御贔屓に^^
Posted by BOSS at 2008年09月14日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。