2019年08月26日

週刊少年ジャンプ2019年39号 【権平ひつじ先生新連載『夜桜さんちの大作戦』開幕<読切『ボーンコレクション』>掲載号】 感想<前編>

jump201939a.jpg

 いまジャンプにスパイブームが来ているのでしょうか。
 ジャンプ+で好評連載中『SPY×FAMILY』の 1 巻が爆売れという話を聞きましたが、本誌でも『ポロの留学記』の権平ひつじ先生がスパイもので新連載スタート。
 ポロのころを思うとかなり画力が上がってるなーと思うんですが、さー、中身のほうはどうでしょうねー。
 表紙のキャラがかなりよくって期待度上がります。

 前半の感想は、

・【新連載】夜桜さんちの大作戦
・鬼滅の刃
・ワンピ
・Dr.STONE
・約束のネバーランド
・ハイキュー
・呪術廻戦

 の 7 本でお送りいたします。



【新連載表紙&巻頭カラー】 夜桜さんちの大作戦

 『ポロの留学記』の権平ひつじ先生が新連載スタート。
 自分の命を狙う男からのがれるため、当の相手のスパイファミリーの女の子・夜桜六美と結婚して家族の一員となっちゃった男の子・朝野太陽君が巻き込まれる大騒動って感じのスパイコメディ。
 やー、初回から勢い感あってなかなか面白かったです。
 初回は状況を説明しつつ、特徴ある殺し技を持つファミリーの面々の、紹介を兼ねたバトルといった感じでもありましたね。
 ドローンを使った殺し技なんかが今風って感じで楽しいですし、ミッション・インポッシブル・シリーズが好きな私としては変装での騙しのテクが楽しめそうなのも期待度あります。
 コメディにしてはシリアスな部分がかなりしっかりシリアスしているのが、この作品の温度がまだよくわからないので戸惑う部分ではありましたが。
 そのあたり慣れてきたら楽しく読めて行けそうです。

 バトルのジャンルとしては、理屈よりも熱さや勢いを重視した作品って感じですかねー。
 プロ中のプロであるゴスロリのお姉ちゃんが完全に動けなくなったワイヤーを、完全素人の太陽君が無理矢理引きちぎれちゃってるところとかはかなり熱さと勢い重視だったなと。
 この事実が実は太陽君にすごい素質がある前フリである可能性もあると思うので何とも言えませんが(長男がさすがに手加減してた可能性もあるかなー)、一話を見た感じですとノリと勢いでガンガン行こうぜって感じで読めばいいのかなーっと思えました。

 それにしても六美ちゃんはかなりかわいいなー。
 昨今のジャンプヒロインの中でも、そうとう上位を争えるポテンシャルを感じました。
 第一話で描かれた六美ちゃんと太陽の関係性は失ったものを思いやる悲しみのドラマが中心となりましたが、今後ラブコメ系も期待できると思うんでそのへん楽しみです。

 前作ポロでは楽しいキャラクターが揃って来るまで時間がかかりすぎた印象があったんですが、今作ではしょっぱなからたくさん個性的なスパイ家族が揃ってます。
 画力アップだけでなくそのあたりも前作で得たものが行かされている感じがいたしますしねー。
 如実に権平先生のパワーアップを感じる第一話でした。
 これからどうお話が転がってゆくのか楽しみです。



鬼滅の刃

 おおー、玄弥くん、黒死牟の髪の毛を食ったことでかなり鬼化が進んじゃったのか、無残さまの声まで聞こえてきちゃった様子。
 なるほど鬼たちはこうやって無残さまからの指令を受け取ったり監視されたりしてるのかーと。
 これを逆にたどれば無残さまの居場所を探れたりしそうですが、逆に玄弥くんの居場所がバレちゃったり、下手をすると鬼化が後戻りできない決定的ラインを越えちゃったりしちゃいそう。
 なかなかスリリングな状況であります。

 一方、悲鳴嶼さんたち対黒死牟のほうは悲鳴嶼さんたちがかなり押しまくるものの一歩及ばず、逆に黒死牟が奥の手っぽいものを出してきちゃいましたかー。
 七支刀のように枝分かれした刀がかなりグロテスク。
 というか、こういう枝分かれする刀だからこそあの斬撃が三日月のかたちにいっぱい出てくるのかもしれないですねー。
 やー、これは斬撃軌道を見切るのはかなり難しそう。
 受け止めたと思っても急に枝分かれしてきたりしたら対処しきれなそうです。
 ワールドトリガー的には弧月+スコーピオンのいいとこどりってところでしょうかね(笑)。
 武器破壊されたら終わりの柱たちに対して、折れても何度でも再生できるってところもアドバンテージ強いです。

 さあこの状況、打破してくれるのはこうなってくると玄弥くんたちダウン組っぽいかなー。
 黒死牟の耳もそぎ落とされましたし、そういうのも全部食べて玄弥くんパワーアップだ!



ONE PIECE

 別エントリーにて。



【センターカラー】 Dr.STONE

 いやー、かっこいいなー。
 きわめて短い時間制限の中、深い海底という極限状態のなか、言葉なしで困難なミッションをクリアしてゆく男たちの姿。
 ロープを引く回数で伝えたり、相手の言いたいことをを情報を整理して推測したり。
 かと思ったら頭脳派のメンバーだけじゃなく肉体派の大樹まで心と心で相手の言うことをバッチリ理解しちゃったり。
 きっと伝わると信じる心、きっとアイツならこう考えているはずだと想像し、やっぱり信じる心。
 仲間という絆のゆるぎない結束の形を見せつけられた感じです。
 いやー、今週もまたアツかった!

 そしてまたカセキじーちゃんが掘り出せないとわかるや瞬時に大樹を起こすという決断を下せる龍水の判断力もすさまじい。
 最近繰り返し描かれるソユーズの絶対記憶能力も凄いですしねー。
 ほんっとこのメンバーはとてつもないスペシャリストの集団ですわ。

 さあ、カセキじーちゃんも復活ができそうですし、あとは順調にメンバー全員復活できそう。
 となればいよいよドローン製作でしょうか(笑)。
 いったいどんなドローンができあがるのか楽しみ!



約束のネバーランド

 700 年の恨みつらみのこもったギーランさんの物語。
 ただ一人民草を救うことを考えていたギーランさんと、それを邪魔ものとして獣に落としてしまった鬼首脳陣。
 いやー、腐ってますわー鬼陣営トップたち。
 ギーランさんのように他者のことも考えられる鬼は知性鬼としては標準ではないんですかねー。
 むしろエゴイスティックで冷酷な鬼こそが標準体で、ギーランさんは突然変異……偶然慈悲深い人間を食べてしまったか何かでできた突然変異だったりするんでしょうか。

 いやー、なんとも悔しい蹴落とされ方。
 思わずギーランさんを応援したくなっちゃいました。
 もともとちょっと憎たらしいキャラだったドッザがあっさり倒されてくれて、いやっほう!となってしまいましたわ(笑)。

 しかし、これでとうとう五摂家も残り二人。
 一気に事態が進んでしまいました。
 順調に行き過ぎてちょっとビックリ。
 ここでノーマンが動き出すようですが、さー、このギーランさんたちの動きに対してノーマンはどう動いてゆくのか。
 エマたちももう着かないと間に合わなくなっちゃいそうですがが、さー、どうなってしまうんでしょうか。



ハイキュー!!

 やべーーーーー!!
 来ましたハイキューの凄い表現力!!
 日向の極限まで高まった囮効果を描き出す、昼神と青根両名のシンクロしたかのような左足の動き!
 青根の脚で突き飛ばされた椅子の倒れる鋭い音が、日向の囮効果の衝撃度を物語っているかのように見えました。
 いっやー、すごい!
 テレビで見ている青根までが思わず体を動かしてしまうほどの日向の吸引力。
 ここまで日向がしっかり目だったからこそですし、そこまで両チームとも極限まで磨き上げた技と連携の応酬あってこそ。
 そうやってブロックの脳の計算領域が大きく削られたっていうことももちろんあるでしょう。
 単体の技ではなく、あくまでチームで繋いでこそのバレーというのは一貫したハイキューのテーマでもあります。
 そういうつなぎの中でこそ光るのが日向であり、そして日向が光りまくるからこそ囮として強烈につながってゆく。
 スパイクが決まってガッツポーズする田中先輩と日向の完全シンクロに、思わずこっちまで小さくガッツポーズしてしまいましたよ。

 そしてここで日向はひとつの確信を得る。

「誰かが

 おれに名前をつけてくれるなら

 おれは

 最強の囮がいい」


 いま、日向はついに自分の本当に目指すべき道がみつかっちゃった。そんな感じですねー。

 でも、心の底ではとっくにわかっていたのではないでしょうか。
 最初は小さな巨人への憧れから始めたバレー。
 烏野に入ったばかりのころは、旭さんの強烈なスパイクに憧れたりもしました。
 でも、この試合が始まる前、小さな巨人本人に出会い、小さな巨人がいまではバレーを辞めていることなどを知り、でもなぜかガッカリしてなかった日向だったんですよねー。
 あのときすでに日向は心の底でこういう思いを持っていたのでしょう。

 少年が、長年抱えてきた夢の形をすこしずつ変えてゆき、自分が積み上げてきたものの上で、改めてホントの自分のやりたいことを発見する。
 いやー、めでたいことです。
 最高にすがすがしく、思わず祝福を送りたくなっちゃう瞬間に立ち会えた感慨でいっぱいです。
 これまでだって日向は迷った事なんてめったにないですが、これからの日向はまた一味も二味も違ってくるかもしれませんねー。

 またこの日向を見て自分も喜んじゃってるみたいな星海がいいなー。



呪術廻戦

 ぬおおおおお!
 なんっつーものを見せつけるんだか!
 冒頭の念入りすぎる五条先生殺し。
 喉だけでも十分だろうに、胸から腹をかっさばき、脚を何度もザクザクやって、崩れたところを額にグッサリって。
 これで生きてるほうが不思議なんですが、未来で生きてるんだから五条先生あなたいったい何なのと(笑)。
 実はとっくに五条先生は死んでて、呪霊かなんかになってるんだったりしませんかねー。
 あるいはそうでないとしたらタフすぎるにもほどがありますもん。
 事前に体内に他人の術式を施してたとか、なにかタネか仕掛けがあるんでしょうか。
 いやー、とにもかくにもとんでもない残虐ファイトでした。
 伏黒父、容赦ないですわー。

 そしてラストはあっけなく散ってしまう天内理子ちゃん。
 その直前の人間らしい理子ちゃんの心情吐露がなんとも人間らしくて目頭を熱くしたところでこれですか!
 うーん、なんって残酷な!

 ちょっと前までのゆるい沖縄旅行気分はどこへやら。
 急転直下訪れた残酷な運命に心がザワザワしっぱなしです。

 さー、一気に怒りを爆発させた夏油ですが、この戦いが現在の夏油を生んでしまうきっかけとなってしまうのか。
 ヘタすると伏黒父が夏油の精神を半分のっとってしまったまであるんじゃないかとすら思えてきたんですが。
 固唾を飲んで見守る気分です。



 といったところで前編の感想はここまで。
 続きは後編にて。



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
****************************************************
posted by BOSS at 22:01| Comment(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。