2019年07月29日

週刊少年ジャンプ2019年35号 【ワンピース前号と繋がる特別表紙『科学と魔法の格闘家たち』>掲載号】 感想<前編>

jump201935a.jpg

 やー、台風が去ったら一気に蒸し暑くなっちゃいましたねー。
 これまでだって蒸し暑かったことは蒸し暑かったんですが、今日はそのレベルがかなり違う感じ。
 いよいよ関東も梅雨が明けて夏本番でしょうか。
 おかげでわたくし、今日は出勤中に熱中症っぽい症状でダウンしちゃいまして、仕事を早退してしまいました。
 いやー、一気に気が遠くなって目の前が真っ暗になりそうになったのは自分でも驚きです。こわいこわい。
 皆様も熱中症には重々お気を付けください。
 というわけで、今もまだちょっとばかり調子が悪いので、今日の感想は軽めにしておきますねー。
 ではではさっそく。

 前半の感想は、

・サムライ8
・約束のネバーランド
・ワンピ
・ハイキュー
・ブラクロ

 の 5 本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 サムライ8 八丸伝

 父ちゃんとの約束通り、ニコっと強がる笑いをうかべ、八丸大逆転か!
 いやー、巻頭カラーに合わせて一気に盛り上げてくれましたが、なにげに侍の戦いの敗北条件が明確化されたのも大きかったですねー。
 なるほど、敗北を認めたとき、つまりは心が折れたときに侍は死ぬわけですか。
 体がどんなに切り刻まれようと死なない侍のバトルは、今回の八丸のようにダメージが視覚的にわかりやすくてとってもいいのですが、いかんせん敗北条件がわかりにくかったのでした。
 心が折れたら死ぬとなると、これは逆にけっこう怖い敗北条件のように思えますねー。
 普通のバトルだったら心が折れつつも逃亡をはかって再チャレンジの可能性をさぐることだってできますが、この場合は心が折れた瞬間逃げる間もなく死ぬってことにもなりそうですし。
 そう簡単に心折れてもいられませんね(笑)。



約束のネバーランド

 ソンジュ&ムジカ、完全に格上ですねー。
 これまでず

っと二人だけで生き残り、旅をしてきただけのことはあります。

 一方エマは無事約束を新しく結ぶことができたようでご帰還。
 「ごほうび」についても「大丈夫だったよ」とのことですが、やー、これはなんか嘘をついてる顔にも見えちゃうなーと。
 いったいどんな「ごほうび」だったのか、すごい気になりまくりです。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



ハイキュー!!

 星海光来とまらーーん!
 乱れたボールを取りに行ってそのままトスをクイックで決めますか!
 ほんっと完璧超人。
 まさに新時代の小さな巨人って感じです。
 この星海に対し、日向はどう立ち向かってゆくのかってところがここから気になるところ。



ブラック・クローバー

 まさかのそこでラデスですかー!
 いやー驚きました(笑)。
 まさかそこでラデスがパトリを蘇生させるとは。
 そのためにこそラデスをここまで来させていたとはまったく気づきもしませんでした。
 いやー、してやられましたわー。
 単に成仏させていい感じの雰囲気で終わらせてしまうのではなくて、ちゃんと生きて償いの道を歩ませる。
 とてもいい着地点だったと思います。
 またそれを言ったラデスに対してもちゃーんとアスタが「それ自分にブーメランだぞ!」ってツッコミ入れてるのも抜かりがないですしね(笑)。

 やー、なかなか気持ちのいいエピローグでありました。

 そして驚きのラスト!
 魔法帝生きてるーーーーーーー!!!
 なんかめっちゃ若返っちゃってますけども!!!
 完全に死んでるものとばっかり思ってました(笑)。
 いやー、さっすが最強の時間魔法、存在が反則ですわー(笑)。

 でも、若返ったことで実は弱体化しちゃったとかで、なんだかんだで魔法帝はやっぱり継承を余儀なくされるってこともあるかもしれませんねー。
 どうなるんでしょう。



 といったところで前編の感想はここまで。
 続きは後編にて。



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
****************************************************
posted by BOSS at 21:31| Comment(2) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サムライ>今回は滅茶苦茶熱いんですが、この設定ってこれから先折れる事も出来ないって何気に難しくなる気がします。
そこをどうしていくかが、これから楽しみでもあり不安でもあり。

ハイキュー>全国常連でベスト8でも圧倒的な存在感を示すってのはとんでもない。

ブラクロ>若返りがどんな影響をもたらすのか。
肉体は若くなっても経験や技術はそのままなはずなんで、正直そこまで弱くなってるかも微妙だと思いますが。
13年の時って、13年若くなったのか、13歳になったのかで大きく変わります。
13年若くなったなら、元々ヤミ団長と同い年になるんで多分違うでしょうけど、それだと以前最強は揺るがないかと。
Posted by 太郎丸 at 2019年08月03日 20:19
>太郎丸さん
>サムライ
 そうなんですよねー。
 主人公サイドの誰かが心折れて、なにかをきっかけに立ち直り……という非常にテンションの上がる展開が許されなくなる設定でもあります。
 そのへん当然考えられていると思うので、どうしてくるのか楽しみです。

>ハイキュー
 全国ベスト8ともなれば、星海だけじゃなくまわりも全員怪物クラスなんでしょうに、そのなかでもさらに飛びぬけてってのが凄いです。
Posted by BOSS at 2019年08月04日 20:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。