2007年07月05日

読書感想 恐怖の都市伝説

 ナイトメア・ハンターのネタ本にならんかな〜と、コンビニで手に取ったその本は

 『恐怖の都市伝説 知ってはいけない呪いの49話』
  ナックルズBOOKS 大洋図書




 まぁネタにしたいなぁって話も何件かあったんで詳細は避けますがw

 皆さんは怪音とか、心霊音楽って呼ばれるもののこと、知ってます?
 昔はレコード、今はCDの曲の中に、入っているはずのない音や声が入っているもののことです。

 B'zの「RISKY」レベッカの「フレンズ」あたりがよくTVのそういう特番なんかで紹介されるでしょうか。

 今回この本でもいくつか紹介されてるんですが、なかに一曲、私が持っている曲があったんでじっくり聴いてみることにしましたw

 曲は、中島みゆき 『涙 -Made in tears-』

 サビ部分、「あんないい人、いやしないもの」「しない」の部分で「死ね」という声が聞こえてくるという、話を聞いただけでなんともゾゾッっとくる話。

 初収録はシングルですが、私が持っているのは「Singles II」というシングルオンリー・ベストアルバム。
 もしかすると再収録にあたって再編集されたり再録音されたりしたか?とか思いましたが・・・・・・。


 はい、結論から言って、


 はっきり聞こえましたよっ!「死ね」って!!!


 はい、もうすごいはっきり聞こえました。
 それも曲中2度”ほど。
 1番のサビではっきり聞こえ、2番ではちょっとぼんやりしててわかりませんでしたが3番目ではこれまたはっきりと・・・・・・1番のサビとほとんど同じ聞こえ方です。

 え〜、あまりにはっきり聞こえすぎるので怪しいなぁっていうのが正直なところ。
 お化けのしわざにしては、2度もやってしまうってのがなんというか几帳面なお化けだなとw

 推測に過ぎませんが、これは単なる中島みゆき自身の声なのじゃないでしょうか。
 サビ部分、声にわずかにエコーがかかっているんです。
 「いやしないもの」の「しない」の部分がエコーで歪んで「死ね」って偶然聞こえてしまったんではないでしょうか。

 ことほどかように「枯れ尾花」は多いんじゃろうな〜と思ってしまうわけで。

 でも、だからってオカルトを頭から否定してかかっちゃうとつまらない。
 オカルトはオカルトを楽しむ余裕のあるスタンスで接するのが、味があってよいと思うのですよ。


posted by BOSS at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。