2019年03月25日

週刊少年ジャンプ2019年17号 【ワンピース ワノ国編第二幕絶好調表紙&巻頭カラー号】 感想<前編>

jump201917a.jpg

 えー、今週はちょっとわたくし、病院に行ったりその他もろもろ多忙だったりしまして、かなりの簡略感想で行かせていただく感じになっておりますー。
 ではではそんなわけでさっそく。


 前半の感想は、

・ワンピ
・鬼滅の刃
・Dr.STONE
・約束のネバーランド
・神緒ゆいは髪を結い
・ハイキュー

 の 6 本でお送りいたします。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



鬼滅の刃

 お父ちゃんの達人感はんぱないなー!
 巨大な人食い熊の首を飛ばすシーン、効果音が鈴の音だけというのが動きの完全な無駄のなさを伝えていて美しい。



Dr.STONE

 巨大船建造に向けて過ぎ去ってゆく日々を写真で追うの巻。
 ラストは別れの切なさと船完成の感動、これからへのワックワクが一気に押し寄せてくるすごい見開きでしたねー。
 やー、なんかたまらんです!



約束のネバーランド

 意見は割れましたが決定的な決裂ではなく、エマがやるべきことに走り出したのがよかったですわ〜。
 ノーマンはノーマンでなによりエマのためを思ってやってることでしょうし、エマの言う事だってよくわかります。
 あとは互いに最善を尽くし、エマが奇跡のような答えを手にするだけなんでしょうね〜。
 やー、なにはともあれエマが前に進みだしてくれてよかった。



神緒ゆいは髪を結い

 奈央ちゃんことエビちゃんの名前にそんな秘密が(笑)。
 たしかに言われてみたらエビの尻尾にしか見えなくなっちゃった。
 そしてなんと髪結い用の鎖にスペアが 1 ダースもって(笑)。
 なんというかこの漫画、このエビちゃんがいい感じにムードメーカーになってきてます。



・神緒ゆいは髪を結い ハイキュー!!

 回想・星海光来編!
 こういうの見ちゃうと星海のことも応援したくなっちゃうなー。
 素晴らしいお母さんの教えの元、懸命にひたむきにがんばってきた星海の姿は一発で好きになれるものでした。
 そしてこの現在に繋がるんですもんねー。
 打点の高いスパイクだけじゃなく、レシーブもセットアップも完璧って、どんだけ積み重ねてきたんだよって感動すら覚えてしまいます。



 といったところで前編の感想はここまで。
 続きは後編にて。



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
****************************************************
posted by BOSS at 20:05| Comment(2) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハイキュー>やっぱユースクラスは全部優秀ですよね。
牛若とか三本指もレシーブ、サーブ、ブロック全部優秀でしたし。
星海は日向の目標というのに一番相応しいと思います。
Posted by 太郎丸 at 2019年03月31日 17:12
>太郎丸さん

 日向が視野の広さを手に入れてレシーブが上手くなったように、いずれはサーブも強烈に上手くなって星海のようになっていくのかもしれませんねー。
Posted by BOSS at 2019年03月31日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。