2018年11月13日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第924話 “は”

onepi090.jpg

 サブタイになんだこりゃ?って首を捻ったら、たしかにこれは「は」と言うしかない今週でした(笑)。
 週刊少年ジャンプ2018年50号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【感想小タイトル】
■海楼石の生まれた国
■第一幕・完!



■海楼石の生まれた国

 先週、圧倒的なカイドウの前に倒れてしまったルフィを救うため、素早く動こうとするローでしたがホーキンスたちに阻止されてしまいましたか。
 ここ、かなり重要そうな情報がサラッと出てきましたねー。
 世界中で使用されている海楼石はワノ国で生まれたもので、今回ローに使用されたような釘の銃弾ほどに小さく加工できる技術者はワノ国にしかいないということですか。
 なるほど、海楼石の加工はかなり難しいという話はどこかで聞いたことがありますが、そもそも精密加工の技術が鎖国中のワノ国から流出していないというのならば大いに納得できるというものです。
 海軍とか、本当だったら海楼石の銃弾とかジャンジャカ量産したいはずですし。

 逆に考えると、ワノ国を開国するということは、もしかするとそういった面での影響力のほうがでかくなるかもしれませんねー。
 海楼石の加工技術が流出し、いま世界で幅をきかせている能力者たちが一気に勢力を失う可能性がありそうです。
 海軍も能力者を中心に重用した現在の構成を変えてゆく必要があるでしょうし。
 これはワノ国一国だけの問題ではなく、意外と世界の歴史を変えうる巨大な話になるかもしれません。

 また、ルフィがただ無力に倒されただけじゃなかったというのが今週実に溜飲の下がる展開でした。
 気絶しつつも覇王色を発動して下っ端たちを気絶させちゃったり、カイドウをずっと睨みつけていたりとか、カイドウ自身がルフィのことをけっこう評価しているっぽいのもおおいにポイントが高かったです。
 いやー、ただだた負けただけじゃいっていうのはいいですね。
 負けつつも、ルフィの大いなる未来の光はぜんぜん消えてないぞって感じです。



■第一幕・完!

 一方、消し飛ばされたおでん城跡では、ナミたちがなんとか生きのびてくれててホッとひと安心。
 くノ一しのぶさんの忍術(悪魔の実かな?)熟々妖艶の術のおかげで助かったわけですね。
 この技、あらゆるものを熟れさせるというスゴ技だということですが、お菊さんに言わせれば「なんでも腐る」と(笑)。
 いやー、物は言いようだな〜とちょっと感心しちゃいます(笑)。

 カイドウにやられたお玉ちゃんはイヌアラシ公爵に拾われたようで、安否のほどはわかりませんがとりあえずちょっと安心といったところでしょうか。
 大きな怪我とかまではしてないといいんですが、出血していたっぽいのが気になります。
 これ、ただのリンゴ汁でしたとかいうオチだったらいいんですが。
 あと、イヌアラシ公爵がお玉ちゃんのきび団子を食べたらどうなるんだろうとか、そういうギャグ方面に話がいってくれたらいいなーとか思うんですけどね〜。
 はやく安心させてほしいものです。
 小さな子供が痛めつけられるというのはたとえフィクションでも心が痛いです。

 で、ルフィ逮捕の報を知った人たちの反応の一幕ですが、いやーもう!ロビンになんて顔をさせんのと!(爆)
 ほんっと尾田先生って女子キャラにも容赦ない。
 顔もそうですが顎に寄ったシワとかもうすごい容赦ない(笑)。
 ここのフィルム、ロビンに見つかったら絶対焼き捨てられますってね!

 そしてワノ国の武器製造工場「兎丼(うどん)」という地区に連れて来られたルフィは、そこの牢屋に放り込まれてしまう。
 その牢屋で、なんとキッドと再会!
 いやっほーーい!
 いやー、これはいかにもここから面白いことが始まるぞーっていう展開です。
 わっくわくしてきちゃいますよ〜。
 シャボンディ諸島のときのように、ふたたびこのキッドと組むことになるのかどうか。

 しかしキッド、長年牢屋に放り込まれていたでしょうに、ぜんぜん心折れてる様子がないのが頼もしい。
 その反骨精神とメラメラ燃えるような闘志は、まるでルフィと鏡写しの様にすら見えます。
 この気の合いそうな感じ、なんだか運命的なものすら感じちゃいますよ〜。
 この二人が組んだら、いったいどんなことが起こるんでしょうか。

 そしてまたとっても気になる描写がこの直前でありました。
 看守たちすら正体を知らないという何者かが別の檻の奥、毒の魚を与えられて生き続けているとのことですが、まるでルフィを守るかのように魚の骨を発射してくれたのが驚きです。
 いったいなにが放り込まれているんでしょう。
 もしかしたらルフィを知ってる人物だったりするのか。
 すでに登場している人物だったりするんでしょうかね。
 ハテ、思い返してもあんまり思い当たるフシはありませんが、これはすっごい気になります。

 といったところで、まるでお芝居のように幕が閉じ、ワノ国編、第一幕はこれにて完!
 いやー、すっごいところで終わりましたねー。
 ワノ国をがんじがらめにする数々の問題が見え、反攻作戦が始まるかと思いきや、あっという間にルフィが負けて第一幕終了。
 一敗地にまみれるも、その牢獄で思わぬ出会いがさらなる冒険を予感させつつここで引っ張っちゃいますか〜と。
 いやー、次週は休載だそうですが、これはさっそく第二幕に期待が高まっちゃいます。

 火祭りの決行日まで、ルフィはとりあえず牢獄内で情報収集、そこからキッドと謎の人物と組んで脱獄作戦ってところでしょうか。
 それだと流れ的にインペルダウン編とかぶってしまいますから、また何か変化球を投げてくるのかどうか。
 ルフィ投獄を知った仲間たちの動きは?とか、ローたちはどう動く?とかも気になるところですし。
 あらたな冒険の予感にワックワクです!



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース


posted by BOSS at 20:56| Comment(5) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人的な予想なんですが、幕が下りて「第一幕『完』」なんて描写が入ったのは、次回から一旦世界会議編に戻るからじゃないでしょうかね?もし次回以降もワノ国編が続くのなら、わざわざ一旦幕を閉める描写を入れる必要性がない気がしまして。

この予想が正しいとしたら、ワノ国編は今後も節目節目で何度が幕が閉まって、幕と幕の間に世界会議編が連載されるという、今までにない「2つの編の交互連載」という形式になるかもしれませんね。
Posted by Jox at 2018年11月14日 21:19
ワンピース
そうそう、ヤマカムさんでも語られていましたが
一旦ワノ国編は終わりで次回から

世界会議に戻ると思います。


2週間後に鬼ヶ島に討ち入りなら
世界会議は終わってしまうからどうするのかと

疑問に思っていましたがこういう事なら
納得です。


アニメだと、ワノ国一幕の後に

オリジナルストーリーを入れるかも
しれませんね! (追いつくのを防ぐため)
Posted by かな2 at 2018年11月17日 17:16
>Joxさん、かな2さん

 なるほど幕を挟んで世界会議とか他の場面も描いていけるのはいいですねー。
 わたしはお芝居っぽい演出だなーと感心していただけで世界会議の事はすっかり忘れておりました(笑)。
 すっかり尾田先生の手のひら(笑)。

 ワノ国編も気になるし世界会議も気になるし、どっちも見たい!どっちも見せて!っていう面白エンジンが回転しだしそうな予感です(笑)。

>アニメだと、ワノ国一幕の後にオリジナルストーリーを入れるかもしれませんね! (追いつくのを防ぐため)

 なるほどそれも大人の事情的にすごくありそうです(笑)。
Posted by BOSS at 2018年11月17日 22:27
今回驚いたのがローが救出するのではなく捕まった点ですね。
今までも捕まる事はあったけど、今回は助けるのが得意なローが近くにいたし何よりカイドウが怒りよりルフィを配下にするのを優先するなんて考えられませんでしたから。
ビッグマムとの戦争より優先してた怒りよりルフィを部下にするのを優先したという事は無傷ではあったけど、それだけルフィの力を認めたという事でしょう。
そしてキッド。同盟を組んだ二人がカイドウについて既に何週間も経過してもまだ折れない。
不屈さ、捕まった状態で啖呵を切る事が出来る強い意志がカッコいいです。
Posted by 太郎丸 at 2018年11月19日 03:11
>太郎丸さん

 カイドウ、戦った相手をある種認めて配下に欲しがったり、器の大きさに敵ながらちょっと惚れました。

 またキッドもなかなかの根性と反骨精神ですよねー。
 これだけの状況下にありながら、キッドを支えているのは何なのか。
 キッドにもなみなみならない過去があったりするのかも?とかちょっと想像いたしました。
Posted by BOSS at 2018年11月22日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。