2018年11月08日

週刊少年ジャンプ2018年49号 感想<後編>

jump201849b.jpg

 昨日は家族の手術の立ち合いで一日病院の廊下で待たされまして、おかげでヘットヘトになりました。
 幸い手術は成功に終わったんですが、しかしなんで待ってるだけで人間こんなにも疲れちゃいますかね〜(笑)。
 今日もぜんぜん回復できてないので今日はちょっと軽めに流す感じの感想ですスイマセン。

■前編の感想はこちら

 後編の感想は、

・約束のネバーランド
・ハイキュー
・ダビデ君
・HUNTER×HUNTER
・呪術廻戦
・【短期集中連載】THE COMIQ
・ゆらぎ荘
・ジモトがジャパン

 の 8 本でお送りいたします。



約束のネバーランド

 おー、ミネルヴァさんからのメッセージが来てましたか。
 でもこれはエマたちが感じた通り、すごくニセモノっぽい。
 だからと言って敵側の罠だとか言う感じもあんまりしなくて、むしろミネルヴァさんの模倣者って感じがいたします。
 エマたちとしては、それに乗るかどうかはあとで考えるとして、一回接触するなり、少なくとも情報が欲しいところ。

 やー、この段階で敵以外の新勢力(?)が出てくるとは。
 いったいその存在が物語をどう転がしてくれるのか、これは楽しみです。
 下手するとエマたちと対立する展開とかきちゃうかも?



【センターカラー】 ハイキュー!!

 泣かせまくりかーー!
 冒頭の黒尾さんも、これ絶対泣いちゃってましたしね〜(笑)。
 勝者と敗者が分かたれた試合終了後、涙腺攻撃にくることの多いハイキューですが、さすがそこは音駒戦。
 積み重ねられてきたドラマの厚みの分、格別の熱さとこみあげてくるものがありました。

 抱き合う黒尾さんと大地さんとか、たまらんものがありますわー。
 そして無表情に黒尾さんと握手を交わす月島。こちらもイイ。
 どんな思いが胸に去来しているんでしょうか。
 いつもながら三人で肩を組む烏野三年トリオも、表情が見えないのがまたまた想像力を掻き立ててくれます。

 そして今週、予想外にヤバかったのは烏養コーチの手に重ね、遠く病室から猫又監督の手を握っているかのような烏養元監督(じーちゃん)ですねー。
 猫又監督もそれがまるでわかっているかのよう。
 この老戦士たちが、まるで気持ちが通じ合っているかのように、互いに目を見交わしているかのように描かれているのがホント最高!ってなりました。
 年老いた人たちの熱い万感の思いって感じで、グワッと胸にこみあげてきてしまいましたよー。

 猫又監督にお礼を言う音駒選手たちも定番ながら涙腺崩壊しどころ。
 そのあと、ダメ押しとばかりに音駒三年トリオのやりとりも、ほんっともう夜久さんたちのセリフ

「っふざけんな海っ!

 ふざけんなマジで!」

「ン゛モ゛〜〜〜〜ッ

 どいつもこいつもっ」


 っていうのは完全に読み手の気持ちを代弁してくれてましたねー(笑)。 
 いやー、今週はまさに波状攻撃状態。ひたっすらに涙腺ヤバイな回でした。

 さあしかし、ひたってばかりもいられません!
 お次はあの梟谷戦となるのかどうか。
 漫画のトーナメント戦ですと、見知ったライバルの最強格が打ち倒されてダークホースの敵が登場!というはよくあるパターンですが、ハイキューの場合はどうでしょうか。
 木兎さんや赤葦さんとはしっかり再戦して、勝ってご恩返しといきたいところなんですがね〜。



【センターカラー&一挙2話掲載】 思春期ルネサンス!ダビデ君

 おー、新連載のギャグ 2 本が今週来週で両方とも 2 話一挙掲載ですか!
 どちらも人気がでてきた証拠ですし、これは勢いがあっていいですねー。
 このままの勢いでどんどんジャンプを盛り上げていって欲しいところ。

 さあダビデくんですが、この作品の武器である可愛い女の子をふんだんに押し出してきましたねー(笑)。
 今週はもう素晴らしいとしか言いようのない水着回。
 お美しいヴィーナスさんに始まり、スポーティな感じのラフミちゃんに、成長の暴力ことモナリザさんと、怒涛の勢いで魅了しまくり。
 考えてみたら古典西洋美術って女体とか男性の体の美しさを追求する最先端メディアであったようなわけですから、それを扱う作品としてこれはもう実に正しいありかたなのかもしれません(笑)。
 そんな自己正当化をしつつダビデ君を私は応援していきたいと思います。



ハンター×ハンター

 ツェリードニヒ、まさかのキングクリムゾン習得!
 といってもジョジョのキングクリムゾンとはちょっと違って、未来予知したあとに予知した通りの光景を相手に見せつつ、自分だけが未来を改編できるってところがめちゃくちゃ斬新で面白いところだと思いますわー。
 これ、ずっと絶を維持しなきゃいけないところとか、念能力での攻撃力はもってないところがツェリードニヒの弱点となりそうですが、しかしこの頭脳のキレっぷりでこの能力をいかんなく使われたら、例えクラピカでもやばすぎるって思いますわー。
 もちろん絶をずっと維持するなんてどだい無理な話でしょうから穴はあるはずですが、しかしこの能力の情報なしにクラピカがツェリードニヒとぶつかったら、かなりヤバイって思います。
 そうならない未来を祈るばかり。

 あと、こうなると絶になって消えちゃう念獣のほうは今後どう活きてくるんでしょうね?
 そっちも気になるところ。

 いやー、さすがカキン王子たち。
 なんかもうどいつこもこいつもヤバイ能力ばっかりです(笑)。



呪術廻戦

 呪術高専のほうが、正式タイトル『呪術廻戦0巻 東京都立呪術高等専門学校』になったんですねー。
 0 巻って言えばいいからすごく便利だし、知らない人にもススメやすくてとってもグッド。
 いやー、廻戦の 3 巻とワートリの 19 巻も同時に出ますし、いまから発売日 12 月 4 日がめちゃくちゃ楽しみです!

 さて、ついに始まった交流戦。
 いきなりドーンと現れた東堂はなんかもう怪獣か!ってなシーンで笑ってしまいましたが、さっすが虎杖、その一瞬で顔面に膝を入れちゃう容赦なさはほんっと虎杖!って感じで笑ってしまいました。
 でもこれだけじゃあ落ちないですよねー。
 今週はもう互いに容赦なし。
 本気で殺しにかかってるだろそれーって感じの東堂のラッシュに若干引くくらいでありまいたが、それだけやられてもけっこうピンピンしている虎杖も十分バケモノ(笑)。

 さーて、一カ月で強くなったはずの虎杖、この東堂相手にどこまでやってくれますかねー。
 勝ってくれたら大喝采。
 引き分け、痛み分けでも大金星って感じですし、虎杖も東堂も格を落とさずイイ感じになると思うんですが、でもやっぱりできたら勝って欲しいなー。

 そして、東堂の例の質問、

「どんな女が好み(タイプ)だ?」

 に、虎杖はどう答えてくれるのか。
 これはちょっと妙に楽しみになっちゃいます(笑)。
 虎杖の答えと、東堂のリアクション、両方が楽しみです。
 虎杖はジェニファー・ローレンスが好きだそうですから違いますが、もしもデカイ女が嫌いとか言っちゃったらどうなっちゃうんでしょうね(笑)。



【短期集中連載】 THE COMIQ

 なんかもう馬場受刑囚の書いてる背景があまりにもあからさまで、坂巻さんじゃなくってもこのメッセージに普通に読者が気づけそう(笑)。
 でも姫川のほうが一枚上手というか、手段を選ばず圧力をかけてきちゃいましたかー。
 面会に見せかけてネクタイに描いた四コマ漫画で威圧してきたのはめっちゃ斬新で威圧感バリバリ(笑)。
 いやー、この言葉に出さない圧力、めっちゃ怖いですって。

 そしてまさかの情報操作で世間を味方に坂巻たちを封じにかかる。
 警察までもが敵になっちゃうとは思いもしませんでしたわー。
 さー、どうやったらここから大逆転勝利を掴めるのか。
 いい感じに少年漫画らしく盛り上がってまいりました!



ゆらぎ荘の幽奈さん

 うわー、この男ヤなやっちゃなー。
 白叡さんみたいに、最初は嫌なヤツとして登場したけど最後のほうで実は……ってわかるパターンかもしれませんが。
 調教したがる性癖はさておき、誅魔忍として生きることをプライドとしている狭霧ちゃんからその誅魔忍であることを奪うって言うのはなんともいただけない。
 人を人とも思わないこの傲慢さは許せないものがありますわー。
 呑子さんの親戚のはずなんですが、呑子さんとはぜんぜん似てるところがなさそうです。

 さーて、分かりやすい感じで激突開始って感じですが、狭霧ちゃんじゃあさすがに宵ノ坂にはかなわないだろうなー。
 うまいことコガラシがこの状況を収めてくれればいいのですが。



ジモトがジャパン

 天照大神召喚しちゃうって、ジャパンどんだけーー!!(笑)



 といったところで前編の感想はここまで。
 続きは後編にて。



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************


posted by BOSS at 22:01| Comment(2) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハンター>絶をするのは一瞬で、その一瞬で10秒分の予知をするって感じなので多分発も使えるでしょう。
予知というか、確定した未来の途中に予知を開始したら発動するかが胆だと思います。

COMIQ>こんな雑というか、疑いになりようがない証拠で確保しようとしてる事や、1話でいきなり絡んできた事からこの刑事は黒でしょう。
明らかに犯人の一味である人間が鍵のない家で縛られてる→どう考えても罠、もしくは犯人を捕らえた人間の家、犯人の証言→あてになるワケがない
こんな矛盾に満ちた証言を真実として捉える人はいないでしょう。
Posted by 太郎丸 at 2018年11月12日 21:01
>太郎丸さん

 一瞬の絶で10秒後まで予知、即解除して発で対応、みたいな感じですかね。
 絶→発→絶→発をものすごく早く切り替えできるようになってったら本当に無敵になっちゃいそうだしツェリードニヒならそれが可能そうで恐ろしい。

>COMIQ
 容疑者として捕らえようとしているというよりは重要参考人として確保しようとしているっていうあたりなんですかねー。 
Posted by BOSS at 2018年11月17日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。