2018年09月23日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第918話 “ルフィ太郎の恩返し”

onepi090.jpg

 週刊少年ジャンプ2018年43号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【感想小タイトル】
■ウマ美
■ローVS.ホーキンス
■約束ふたたび


■ウマ美

 ホールデムをブッ飛ばし、一転逃走に入るルフィたち。
 ここでまさかスピードを従えちゃうとは思いませんでした。
 お玉ちゃんのきび団子、かなり強力な能力なんですねー。
 このぶんだと、もしかすると大半の SMILE 能力者はお玉ちゃんが仲間にすることすら可能かもしれません。
 まぁ今回スピードがきび団子を食べてくれたのはスピードの性格や馬的性質によるところが大きいでしょうから、その他の SMILE 能力者たちに食べさせるのは難しいかもしれませんが。
 ちょっとした可能性が見えたかもって気がしました。

 それにしてもスピード、なかなか愛嬌があっていいキャラしてますねー。
 このままほんとに仲間になって欲しいくらいです。
 きび団子の有効期限ってどのくらいなんですかね?
 あとルフィ……ウマ美ってちょっとあーた(笑)。



■ローVS.ホーキンス

 一方、ホーキンスに襲いかかったローでしたが、ローのシャンブルズ能力までホーキンスは身代わりできちゃったんですね!
 これにはかなりビックリ。
 ローの能力による切断は出血するような傷ではないわけで、身代わりにできないんじゃないかと勝手に思ってたので意外でした。
 このぶんでいくと、自分の体に作用することならなんでも移し替えることができるのかもしれませんね。
 いやーホーキンス、さすが最悪の世代の一角だけあって手ごわいです。
 やはり一人の所を狙わないといけない相手ってことかもしれません。

 そしてゾロたちの宝船が突進してきたことでこのバトルは中断。
 形としてはローまでが敵方に正体を明かしてしまったことになったわけで、ローさんってばルフィたちのことばっかりツッコんでる場合じゃないじゃないですかねー(笑)。
 やー、これは一気に大事になりそうです。
 すぐにでもジャックからの大攻撃が始まっちゃうかもしれませんね。

 しかしロー、

「ただの脅しだがな

 おれは殺人は好まない

 医者なんでね」


 という矜持のセリフがすごいカッコよかった。
 あくまでローは自分を医者として規定しているんですね。
 過去の事情もありますし、そこのこだわりがわかったところが今回嬉しいポイントでした。
 ただし絶対の不殺ではなく必要とあればためらわずやるであろうところもローの厚みのあるカッコよさを作り出していると思いますわ。



■約束ふたたび

 かくして食糧宝船を貧困の村に持ち帰ったルフィたち。
 喜ぶ民草の顔の、まあ明るい事明るい事。
 これはこっちまで嬉しくなってしまいます。

 そしてこんなふうに満腹に食べられることを、当たり前のことにしてやると、お玉ちゃんに宣言してくれたルフィ。
 たった一飯の恩義のために、ここまででっかい約束をしてくれる男があったろうかと思ってしまいます。
 四皇を倒し、国を盗ってくれるということですもんね〜。
 いやールフィ、男前すぎてシビレます!

 また、その約束とそっくりの約束を他ならぬエースがお玉ちゃんとしていたというのも泣かせます。
 この直前、ルフィのレッドホークがエースとイメージ重なっていたというのも運命的なものを感じさせますしねー。
 兄が果たせなかった約束を、弟がしっかり果たしてくれるのか。
 これはルフィ、思わぬものを知らず知らず背負ったかもしれません。
 いやー、浪漫ありすぎです!

 しかしまた、今週のヒキがまたまた凄かった。
 衝撃的な光景がドーンとでてきましたねー。
 おでん城跡地につくられた、光月家の人々の墓!
 なんと錦えもんたちやモモの助の墓までが!
 しばらく何を見せられているのかよくわからず、思わず己の目を疑ってしまいました。
 まさかの光月家、すでに全滅!?
 全員すでに死んでいた!!??????
 いままで会ってた彼らはみーんな幽霊だったということなんでしょうか。
 そんなことがありうるんでしょうか。
 それにしてはしっかりした実体があったようにしか思えません。
 見返したら影がなかったとか、そんな幽霊っぽい描写がどこかにあったりするんでしょうか。
 うーん、頭が混乱しちゃいます。
 もしくはこれはただのフェイクで、死んだフリをして潜伏活動をしやすくするための偽の墓だったりするんでしょうかねー。
 それにしてはローの「亡霊たちに会いにな……」なんていう思わせぶりなセリフがすっごい引っかかるんですが。
 いやー、これはめちゃくちゃ気になり過ぎるヒキです。
 次週が待ち遠しすぎ! 
 いったいどういうことなんでしょう!



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
posted by BOSS at 21:15| Comment(4) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も最初は「錦えもん達は幽霊?」と思いましたが、今は自分達の死を偽装するためのフェイクだと思っています。

思い出してみると、錦えもんはパンクハザードでローに切り刻まれてるし、雷ぞうは鎖で赤いポーネグリフに縛られてたので、実体はあると思います。また、パンクハザードでモモの助は人造悪魔の実を食べてますが、ベガパンクの技術でもさすがに幽霊が悪魔の実を食べられるとは思えません。

そして何より、ミンク族はゾウで、皆で命をかけて、多大な犠牲を払ってジャックから雷ぞうを守り抜いています。その雷ぞうが、実はすでに死んでいて幽霊でした、なんてなんて話だったら、ミンク族達が浮かばれないです。
Posted by Jox at 2018年09月25日 23:03
>Joxさん

 肉体がないとおかしくなりそうな場面が数々あるんですよね〜。
 なので幽体や幻というのは少なくともなさそうだなーと私も思います。

>ミンク族達が浮かばれないです。

 たしかにそこらへんにひっかかりが発生しそう。
 だとするといったいこの墓たちはなんなんでしょうね〜。
 めっちゃ来週が楽しみです。
Posted by BOSS at 2018年09月28日 22:12
ウマ美>まあ圧倒的格上のルフィがいたら食わせるのは可能だと思いますが。
きび団子の有効期限、あってもおかしくないですね。もしくはホビホビと同じで永久だけど、術者が倒されたら終わりか、同時に従える数に制限あるか(桃太郎は犬・猿・雉の3匹なので)

ローvsホーキンス>ちゃんと2回目からは防御してたり、身代わり抜きでもやはり強いんですよね。
ローは殺したくはないけど、いざとなったら殺すイメージです。パンクハザードで雪男の片割れをやってますし。

約束ふたたび>ネットをさまよってると予想出来ない面白い考えもありますね。
浦島という名前があるから竜宮城とかみたいにタイムスリップしてるとか。ロジャーの事をモモノスケが知ってたりが伏線とかいう説がありました。あくまでも自分は思いつかなかった説ですが。
Posted by 太郎丸 at 2018年09月30日 00:35
>太郎丸さん

>同時に従える数に制限あるか(桃太郎は犬・猿・雉の3匹なので)
 なるほどそれも面白そう。
 無限に使えたらとんでもない大軍団作れちゃいますしねー(笑)。

>ロジャーの事をモモノスケが知ってたり
 そんな伏線もありましたねー。
 あの時はまったく意味が分かりませんでしたが、なるほどこうなってくると幽霊説やタイムスリップ説(!)とか、いろんな想像が膨らんで来ますね。
Posted by BOSS at 2018年09月30日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。