2018年09月22日

週刊少年ジャンプ2018年43号 【人気覚醒 呪術廻戦 表紙&巻頭カラー<『HUNTER×HUNTER』連載再開号>】 感想<前編>

jump201843a.jpg

 おおー!勢いあっていい表紙!
 呪術廻戦、一周年を待たずして表紙&巻頭カラーゲットです!
 一時はけっこう順位も落ちてたのに驚異の盛り返し。一気に勢いに乗ってます。
 しかしこの野薔薇さん、ちょっとよそ行きのいい子ちゃんの顔をしちゃってるのがいいなーと(笑)。
 いつもガンを飛ばしたりガラの悪そうなイメージの方が強かったもんで、ちょっと笑ってしまいました。
 単行本のオマケコーナーとかでここの場面の撮影裏話とかやってくれたらいいなー。

 ではでは土曜発売ジャンプの感想スタートです。

 前半の感想は、

・【巻頭カラー】呪術廻戦
・ワンピ
・約束のネバーランド
・【連載再開】HUNTER×HUNTER
・鬼滅の刃
・アクタージュ
・ジモトがジャパン

 の 7 本でお送りいたします。



【表紙&巻頭カラー】 呪術廻戦

 ハンター連載再開の号での巻頭カラーだと、しばらくジャンプから離れてたけど買い始めてみるかって人の目にも入るでしょうしねー。
 タイミングバッチリじゃないでしょうか。

 しかしこの巻頭見開きカラー、めっちゃダウトじゃないですか(笑)。
 虎杖と真人が仲良しっぽくも見えて、絶対ここから読んだ人騙されちゃいますよね〜。
 いったいどういう意味が隠されたイメージなんでしょう。
 それにしてもこのクラゲ、光の加減が美しくって幻想的で素晴らしい。
 なんだか癒されるものを感じます。
 クラゲは当然吉野順平くんの象徴として、こんな風に今はもうゆっくりと、魂の安からんことを祈るばかりですわ。

 さて本編ですが、あの真人に「天敵」とまで言わしむるとは虎杖。
 やー、なんだかとっても痛快です。
 宿儺はおそらく物語のラスボスポジションだと思うんですが、真人と虎杖は互いに宿命のライバルポジションだったりするのかもしれませんね〜。
 まぁ、個人的にはこの章でブッ倒してくれてぜんぜん構わないっていうか、ほんとうに順平くん母子のために倒してほしいって願ってるんですが。

 それにしても今週は巻頭カラーに相応しい激アツバトル。
 真人がどんどん進化して殺傷力を高めてくるのに対し、どんなに傷ついても少しも臆さず踏み込んでゆく虎杖が凄まじい。
 トゲトゲで手をやられても、それを逆手にとって相手をブン投げるあたり、ワンピのドン・クリーク戦でのトゲマントを思い出しましたが、さらに腹を貫かれても頭突きをお見舞いするって。
 いやー、このあたり、ほんっと自分の命を顧みてないよなと。
 その覚悟の決まりっぷりに惚れ込んでしまいます。

 五条先生には「イカレてる」と評された虎杖ですが、宿儺を飲み込み、自分の死と向き合わざるをえなくなった境遇や、一度本当に死を経験したことでさらにこういう「命を的にかける」性質に磨きがかかったのかもしれませんね。
 やー、ほんとこういうイカレてる系主人公、大好きです。
 それでいてコミュ能力激高の、性格:太陽属性なんですからね〜。
 ほんっと惚れちゃいます。

 宿儺もちょろっとだけですが顔出ししましたが、いやー、こちらも貫禄十分かっこいい。
 先週のゲラゲラとはうってかわった、威厳溢れる魔王っぷりで、真人を軽く見下ろしている感じなのがいいですねー。
 そりゃ〜昨日今日人格を得たばかりっぽい真人なんて、千年前から最強レベルの宿儺様にとっちゃあ三下も良い所なんでしょうて。
 真人たちは仲間に引き入れたくって今までの陰謀をやってたようですが、こりゃーそんじょそこらのことじゃ仲間にできそうにないですね。
 ちょっとそのへんは安心しました。
 まぁ、宿儺の事ですからいつ気が変わったりしてもおかしくないのでオッカナイのは相変わらずですが。

 アヘ顔で下あご蹴り砕かれた真人には思わず「よっしゃー!」って快哉を上げたくなりましたが、直後真後ろに立たれていたのはゾッとしました。
 これって瞬間移動とかではなくて、虎杖が蹴ったのがダミーだったってことかな?
 虎杖の「は?」のコマで、ちょこっとだけ真人の服と髪の毛と髪留めみたいなのが描かれてますもんね。
 ほんっと真人、とらえどころがなくってイヤらしい。
 まさに今、自分の能力の使い方を模索して学習してってる過程って感じがします。

 そしてここで来ましたナナミン!
 虎杖のピンチにかけつけてくれて最高のタイミング!
 超カッコイイよナナミンいぇーーい!
 さっすがナナミン先生の登場、安心感が違いますが、しかし同時にナナミンの死亡フラグがドーンと天高く聳え立った気がしないでもありません。
 ナナミン、死なないでくださいよー。
 虎杖を逃がすためナナミンが犠牲になったりなんかしたら、反対を押し切ってここに来た虎杖の心理がヤバすぎです。
 ただでさえ順平君がやられて大変なことになってるんですもんねー。
 虎杖も生きて、ナナミンも定時で帰る、最高のルートへ入って欲しいです。
 二人相手はさすがにダルイなとか言って、真人撤退しないかなー。



ONE PIECE

 別エントリーにて。
 明日アップ予定。



約束のネバーランド

 隠れ家襲撃編、一気にやばいことになりましたねー。
 敵は銃を持った大人複数で、突入されるまでぜんぜん気づけなかったと言うのがヤバすぎる。
 しかも非常口までぜんぶ把握されてるっぽいって、これもう詰んでるとしか思えません。
 いったいどうしてこんなことになっちゃったのか。

 考えうるところとしては裏切者がいるというセンが浮かんできちゃうんですが、うーん、それはちょっとないと思いたい。
 この隠れ家の設計図とかを敵が入手して、セキュリティーにも先にハッキングがかけられていたとか、そのあたりなんでしょうかねー。

 なんにしてもこの超ピンチをどうやって打開したらいいのか。
 一点突破、どこかから強引に武力で脱出するくらいしかないんじゃないかと思えるんですが、それだと可能だとしてもまず犠牲が出そうだしなー。



【連載再開センターカラー】 ハンター×ハンター

 ということで思ったよりも早かったハンター復活、喜ばしい限りですが、さっそくサレサレ王子が殺されそう。
 頭上でガスをふりまいてた念獣の能力もだいたい解き明かされて捕食され、さらに蜂的な念能力を持つ暗殺者がやってくるって。
 晩さん会で世界を変えてやるぜ的な大きなことを言ってたサレサレ王子ですから、何か考えがあったんだとは思うんですが、このままあっけなく退場となってしまうんでしょうか。

 ガスをふりまいてた念獣もやられてみればあっけないものです。
 というか、念能力に対してはぜんぜん自衛能力のない念獣ですねー。
 洗脳という面に特化した分、戦闘能力や防衛能力は皆無だったということでしょうか。
 あるいは食われたあとで真の能力が開花、食った異邦人(プレデター)がサレサレ王子の念獣になる、みたいなことだったりするんでしょうかね。
 ともあれ継承戦、連載再開からさっそく動きがありそうで楽しみです。

 そしてまたちょっと気になる人物がセンリツ方面で出てきました。
 司法機関の人間のようですが、「アタシに言い寄ってきてる時点でクロ確定よね」なんて言われているのが面白いです(笑)。
 なにもセンリツさん、そんな判断基準にしなくても(笑)。
 しかしここで司法機関までなにか画策してくるとは思いませんでした。
 いったいこのひと、なにを考えてるんでしょうねー。
 事態は混沌度合いを深めるばかりです。



鬼滅の刃

 太陽を克服し、半分人間に戻ったような禰豆子ちゃん、いやーほんとうによかった。
 まだ「よかったねぇ」とかしかしゃべってないので完全に覚醒状態になったわけではないようですが、それでもこれまでの幼児状態とは格段に違います。
 やー、とにかくよかったよかった。
 これであの炭治郎がずーっと背負っていた木箱からは解放されたわけですもんね。
 あれはあれで可愛かったんでちょっと残念な気もしますが(笑)。
 それでもこうやって日の光の下、自由に活動できるっていう喜びはいかばかりかって思いますよ。
 あと、炭治郎がブッ倒れた瞬間の、飛び出そうな禰豆子ちゃんの目玉に笑っちゃいました。

 一方、恋柱蜜璃さんはかなり限界だったみたいですねー。
 華麗に戦ってたからまだ多少は持つのかとおもったら全然。
 悲鳴を上げて「ごめんなさい殺されちゃう〜〜〜!!」は可哀相ですけどもちょっと笑ってしまいました。
 やー、ほんっとこのひとも可愛いひとです。
 殺されなくってよかったよかった。

 そしてここで語られる鬼舞辻無惨誕生秘話。
 ひとひとり吸血鬼にしちゃうって、この平安時代の医者ってばいったい何者!?って思っちゃったんですが、その医者を途中で殺しちゃうって、もとから無惨様は無惨様だったんですねー。
 そして短絡的に殺しちゃったもんだから、自分でそのしっぺがえしを食らっちゃって千年苦しんでるって。無惨様、自業自得ですってばよ。
 考え深いようでいてけっこう短絡的に人を殺すのは最初からの性質みたいですね〜。

 ともあれこれにてついに戦いの構図がシンプルにハッキリしてきた感じ。
 鬼舞辻無惨との禰豆子ちゃん争奪戦、勃発ってことですねー。
 やー、ここからは無惨様ご本人がいきなり襲ってきてもおかしくない感じ。
 いよいよ物語は最終章に突入かもしれません。
 まぁ上弦ものこり 3 人、まだまだいますけども(笑)。



アクタージュ act-age

 うーん、この巌監督もなかなかの演劇バカですねー!
 おのれの余命があと 3 か月と知り、そのおのれの死をつかってまで舞台を磨き上げようとは。
 むしろそうやって自分の演劇人生の集大成としたいということかもしれません。
 巌監督のこの心境が、なるほど銀河鉄道の夜という死を題材とした作品を選ばせたのでしょう。

 となると、それを教えられ、巌監督を食って演技に生かせと言われた夜凪ちゃんはどうするのか。
 どう生かすことができるのか。
 これは興味津々のテーマでありますわー。
 ぜひともよい舞台を作り上げて、巌監督の満足のいくようしてもらいたいものです。
 人生最後の舞台ですもの、これは責任重大だわー。



【センターカラー】 ジモトがジャパン

 今週もまた強烈なネタ!
 先週は幽遊白書パロでしたが今週はまさかの他誌。
 クレヨンしんちゃんネタで尻だけ星人祭り状態って(笑)。
 いやー、絵面がヒドイことヒドイこと(褒めてます)。
 汗だくになった尻が画面狭しと乱舞するって、おもわず目をそらしたくなるほどの画面のヒドさ(褒めてます)。
 ここまで大冒険なギャグマンガはひっさびさに見ましたよ。
 最後、胸を叩くみたいにトントン尻をたたいて「誇り持ってこうぜ…!!」じゃねーっつーのと(笑)。
 このツッコミ切れないシュールなセンス、最高です。
 アニメ化とか絶対考えてない、その潔さやヨシでありますよ。

 やー、低年齢向けにかなり尖った内容、こういうの小さい男の子たちとか好きじゃないかなー。
 わたしはけっこう悪くないと思いますよ。



 といったところで前編の感想はここまで。
 続きは後編にて。



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************
posted by BOSS at 22:35| Comment(2) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
呪術>いっそ倒してくれても構わない!!ラスボス?復活した宿儺がやればいい!!
というのは半分冗談としてそれくらい倒してほしい敵というのは作品として良いことですよね。
予想としては魂の形を変えて本体がこっそり分離して生き残るとかですかね。

鬼滅>こんなことがあって今苦労してるのに、イメージ変わらないって反省皆無というのが逆に凄い。
1000年で忘れて初期化してしまったのかもしれませんが(笑)

アクタ>演劇馬鹿なので、騙してる可能性も多分にありそうです。
Posted by 太郎丸 at 2018年09月30日 00:45
>太郎丸さん

>真人はいったんここで綺麗に倒して、でもかろうじて真人のカケラが逃げ去って……くらいの着地もあるかもですねー。
 やー、ほんとこの作品は先が読めない面白さがあります。

>鬼滅
>反省皆無というのが逆に凄い。
 たしかに(笑)。

>アクタ>演劇馬鹿なので、騙してる可能性も多分にありそうです。

 おおー、なるほどそういうのもあるかも。
 巌監督の病気が方便なら舞台終了後に明るいハッピーエンドになって気持ちいいですねー。
 うーん、どうなるんだろー。
 巌監督ならそういうこともやりかねんと思えてきました。
Posted by BOSS at 2018年09月30日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。