2018年02月10日

週刊少年ジャンプ2018年11号 【連載1周年『ぼくたちは勉強ができない』表紙&巻頭カラー号】 感想<前編>

jump201811a.jpg

 これはまた華やかな表紙ですねー。
 ぼく勉のヒロインたちが爛漫と咲き誇り、さらに幽奈さんに女性タレントさんまでが花を添える。
 ちょっとジャンプらしからぬ華やかさで、ちょっと買いにくかった向きもあるんじゃないでしょうか。
 そして、そうか、そういやバレンタインデーだったんだよなーとジャンプの表紙を見て思い出す管理人でありました(笑)。





 前半の感想は、

・ぼくたちは勉強ができない
・鬼滅の刃
・ワンピ
・ヒロアカ
・ブラクロ
・ゆらぎ荘
・約束のネバーランド

 の 7 本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 ぼくたちは勉強ができない

 一周年記念でラブコメ作品が表紙&巻頭カラーって、意外となかなかないことなんじゃないでしょうか。
 昨年、6作品連続新連載スタートという異例の新作ラッシュのなかでスタートしたぼく勉でしたが、いやー、ここまで成功できたこと、私もうれしく思います。

 さー、定番企画の人気投票ですが、誰が一位になるんでしょうねー。
 みんな魅力的な女の子たちばかりで、けっこう拮抗してくるんじゃないかと思うんですが。
 個人的にはうるかちゃんに頑張って欲しいとこなんですけどねー。
 最近は文乃んも頑張ってますし、新登場組のあしゅみー先輩や最近ぐいぐい攻めてる感のある先生もあなどれません。
 これはほんと珍しいくらい読めない人気投票になりそうです。

 本編は、ぼく勉でもたぶん二度目となるお風呂イベントですが、女子たちの方が間違って男風呂に入っちゃってて主人公がそれをかばうというのはなかなか珍しい構図。
 お色気よりもむしろ、個人的には男子たちの噂話に翻弄されるヒロインたちがなんとも楽しい一話でした。
 文乃んの胸を評して「まったくない」とは何事ぞ(笑)。

 今週はここだけじゃなく、終始徹底的に文乃んの胸をネタにしているのがヒドイかったです(褒めてますw)。
 いやー、一週年ということで改めて感じましたが、ハイレベルで安定してる作品ですわ〜。



鬼滅の刃

 ああもう、ほんっと泣かせるなーー!
 黄泉への旅路の兄妹ふたり。
 最期の最期で仲直りできて、ほんっとーによかったよかった。
 絶対に許されないことをしてきた二人ですが、しかし悲しく辛い人生を歩んできたこの二人が、離れることなくこうやって魂の旅路を続けられること。
 心の底から嬉しく思いますよ。
 胸を締め付けられつつも、とっても暖かい気持ちになってしまいます。
 一つ間違っていたら、炭治郎と禰豆子もこうなっていておかしくなかったんですよねー。

 そしていつの間にか到着していた蛇柱さんと天元さんの会話。
 若手は育ってるぜと超キメ顔の天元さんがめたくそカッコイイ。
 炭治郎たちの成長をみとどけたからこそ、安心して引退を決断できたんでしょう。
 しかし、そんなキメ顔のいいシーンなのに、奥さんたちなにをギャグやっとるのー(笑)。
 ほんっとこの奥さんたちが最近癒しです。

 場面転じてお館様。
 うわ、なんか病状悪化しとるー。
 前は顔の上半分くらいだったケロイド状態(?)が、顔のほとんど+腕の方まで進行しちゃってます。
 服に隠れた体の方もどうなってるかわかりませんねー。
 これはちょっと長くは持たなさそう。
 この病気、ただの病気とかではなくて、鬼となにか関係があるんでしょうね。

 またここで鬼舞辻無惨がお館様の一族である衝撃の情報があかされましたが、お館様のなかの鬼の血が悪さをしてこんな病気になっている、とかだったりするのかも。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



僕のヒーローアカデミア

 エリちゃんの精神的な救済に文化祭とは、いいことを思いついてくれましたデク。
 ヒーローの仕事は悪漢を倒しておしまいではないんですね。
 被害者の心に光をともすことも大切なヒーローのお仕事。
 エリちゃんの笑顔を絶対とりもどさなくっちゃですわ。

 それにしてもエリちゃん、リンゴアメを想像しただけでこのヨダレ顔とは(笑)。
 これはほんとうの笑顔がめっちゃ楽しみになりますわ〜。

 そして後半、ジェントルとラブラバというおそらくヴィランと思われる新キャラが登場。
 紅茶を杉下右京さんみたいに注ごうとしてビチャビチャーとか、めっちゃ笑わせてもらっちゃったんですが、なかなか面白いヤツラじゃないですか。
 ヴィランっぽいんですが、見たところそんなに悪くない人たちかも。
 これからこいつらがどんなかかわり方をしてくるのか、たのしみです。



ブラック・クローバー

 「敵地での戦闘ではやはりこれが効く」とワートリのヴィザ翁もおっしゃっておりましたが、まさにですねー。
 魔法帝、実力ではリヒトを圧倒していたものの、自国民を人質に取られた形となってしまいましたかー。
 騎士団長たちが到着していればまだ違ったんでしょうけども、これは詰んでしまったかもしれません。
 国民を守ることを選び、魔法帝が致命傷を負う、みたいな展開なのかな〜。



【センターカラー】 ゆらぎ荘の幽奈さん

 おー、朧さん、自分の恋心も自覚して、この値千金の微笑みとは!
 やー、すっかり魅力的な「乙女」になりましたねー。
 これまでも十分に魅力的だったのですが、これからはさらに一段と強力なライバルとなって騒動を引き起こしてくれるかもしれませんね。

 しかも今回朧さんでよかったのは、これまでのあけっぴろげすぎる言動とは打って変わって、自分の想いを打ち明けるのは超高速空間の中で聞えないようにというのが素晴らしい。
 コガラシに思いを伝えず、まだまだ秘めておくという乙女心。
 ここ、これまでとのギャップでぐわっとやられてしまいました。
 やー、これはほんっと強力なライバル出現ですわー。

 あと玄士郎どのも実はいい人ってことが判明して一安心。
 これは読後感の素敵な着地点でありました。
 ゆらぎ荘の世界はほんっといい人たちばっかりですこぶる居心地がいいです。

 しかし週刊少年ジャンプでグラビアページが拝めるとは。
 作品とコラボでコスプレしてもらうってところがジャンプのブランド力の高さってところですかね(笑)。



約束のネバーランド

 おー、ついにノーマンが出てきました!
 なるほどノーマンは食料ではなくピーター・ラートリーの傍でなにかの実験台にされてたわけですかー。
 ずいぶん核心に迫る位置にいたんですね〜。

 しかしこれまたずいぶん一喜一憂させてくれます。
 あのマッチョのアダムが、実はノーマンの“なれはて”なのか?と思わせておいて、回想でアダムそっくりの黒髪が出てきて「これかな?」とホッとさせておいて。
 そしてラストにノーマンの胸に同じ烙印が見えちゃうんですからねー。
 いやー、これはドキドキですわー。
 ノーマンとアダム、同一人物なのかそうでないのか。
 どういう関係なんでしょうか。気になりまくりです。



 といったところで前編の感想はここまで。
 続きは後編にて。



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************
posted by BOSS at 23:05| Comment(3) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
〈鬼滅の刃〉
切ない兄妹愛あり、御館一族の秘密投下と色々あろうとラス1ページで全部持っていくアカザの一週間後ェ…
Posted by 坂田晋太郎 at 2018年02月11日 22:11
勉強>誰も魅力的で迷うので、投票はしないですかね。その回によって誰が一番か自分の中で変わってしまうくらいに拮抗してますから。

鬼滅>あの病気の進行速度を見る限り、何十年も前からのとは思えないので生まれつきというわけじゃないのは確かだと思います。

ヒーロー>あの治崎の事件を2学期の初期に持ってきたのは学園祭が学校には付き物という事で、学園祭に連れていく事まで計算していたんじゃないかとすら考えてしまいます。
あのヴィランは今のところ大したことはしてませんが、目立つ為に善悪の感覚はぶっ壊れてるように見えるので場合によってはヤバい事になりかねないイメージです。

ブラクロ>自分はNARUTOの我愛羅がデイダラにやられたのを思い出しました。普通ならリヒトにフザケンナとなるのに魔法帝が圧倒的過ぎて仕方ないよとすら思ってしまいます。

ゆらぎ>まさか玄士郎をカッコいいなんて思う時が来るとは思いませんでした(笑)朧のドエロな迫りかたなのに本音は羞恥心で隠すのも良かったです。

ネバラン>ママが子供を産んでた過去があったので、生きてるとしたら優秀な子孫を産み出す種馬かなと思ってたんですが、実験とは予想もしていませんでした。
胸のマークはただ同じ農園から来たというだけで、確実に別人でしょう。アダムには首に番号がないですし、何より胸のマークがノーマンとアダムでは左右逆だからです。
Posted by 太郎丸 at 2018年02月12日 05:30
>坂田晋太郎さん

 またも無惨様の圧迫面接が始まりそうでドキドキします(笑)。

>太郎丸さん
>その回によって誰が一番か自分の中で変わってしまうくらいに拮抗してますから。

 たしかに、それはかなりあるかも。


>あの病気の進行速度を見る限り、何十年も前からのとは思えないので生まれつきというわけじゃないのは確かだと思います。

 もしかすると柱や上弦が死んだことに連動しているのか?とか鬼舞辻無惨と連動しているのか?とかいろいろ考えちゃいます。
 ただの病気ってことはないと思うんですよね〜。

>学園祭に連れていく事まで計算していたんじゃないかとすら考えてしまいます。

 そこは計算済みでしょうねー。
 ヒロアカは最終回までしっかりプロットを組んである気がしますよ〜。
 もちろんプロットにある程度余裕はあるでしょうからアドリブは多々あるでしょうけどね。

>胸のマークはただ同じ農園から来たというだけで、確実に別人でしょう。

 わたしもそう願いたいですね〜。
 あと胸のマークが左右逆というのは鏡写しだったからではないかな?と思いました。
 とはいえ、そもそも首のナンバーがアダムにはないので違うとは思うのですがね〜。うーん。
Posted by BOSS at 2018年02月16日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。