2007年06月18日

週刊少年ジャンプ29号感想

あいかわらず光の表現が綺麗なアイシールドが表紙の29号。
今年も半分すぎちゃったのね〜と、ちょっと憂鬱。
まも姐がいいポジションだけど、本編ではどこ行っちゃったの?w

巻頭カラー アイシールド21

先週あのまま試合終了、泥門勝利!か!?と思いきや、やっぱり最後は進vsセナで〆にかかる様子。よかったよかった。
その前にまだひと波乱頭脳戦やるみたい。とことん盛り上げるねぇ。
重要な場面で出てくる鈴音かわええなぁ。しかしまもりねーちゃんどこ行ったんだ?w
どうする?どうする?で次週へ。
これは「読者への挑戦状」か。
うーむ。ラグビーみたいに近距離で手渡すようにパスってダメなのか?

ブリーチ

ケガを治してから戦おうって言ってたのに、いきなりつばぜり合い始めて焦らせた前回の引きでしたが・・・
きっと彼らふたり、ちょっと気まずく顔赤らめてささっと剣を引き、織姫の前に並んだのでしょう。
過程が省略されて今回は治療が済んでの仕切りなおし。
なんか笑えますw
しかし、今回のウェコムンド編って、なんで一護ら来たんでしたっけ。織姫奪還でしたっけ?
織姫なんでウェコムンド来たんでしたっけ。
うーん。そのへんすっぽ抜けてしまった。
先週のワンピみたいに設定復習編やってくれないかなぁ。

サムライうさぎ

個人的に応援していたものの、すぐに打ち切られるだろうなぁと半ば諦めていたサムうさが、意外と健闘してこんな掲載位置にw
マロがなにやら半妖怪のようなキモカワ生物になってきているなw

銀魂

表紙カラー。なんか新連載か?とか勘違いしてしまった。
この人、こういう絵も描くのね〜。
中身とはまったく関係なし。
本編は長編の合間にやる一話完結ギャグパート。
銀魂はやっぱりこういう話でしょうw
こういうしょうもないギャグやらせたら右に出るものはないねw
驚くべきは茨木編集長の頭かと。え、違う?w
しかし、これって本当なのか? つい一月前のもて王最終回の茨木校長は・・・あ、あ〜〜なんか角が生えてるように見えてたけど、これってシャイニング・ロードだったのね!さすが大亜門だ!
って銀魂の話どこ?

瞳のカトブレパス

新キャラ細美とそれ以外では、顔のデッサンに雲泥の差を感じてしまうのは目の錯覚か?
好きなタイプのキャラなんだろうね〜。
って考えると、主人公やらミーコやらって、作者無理して描いてるんじゃろな〜と想像。
ラスト、また新キャラ登場。
この漫画、ストーリー物にしては展開たたみかけるねぇ。
キャラを惜しげもなく投入してくる。
ダイジョブかなぁ。急ぎすぎてつまづいたりせんかなぁとちと心配に。
巷では荒木の影響受けすぎとか、色々言われているこのひとカトですが、私は応援派ですね〜。
荒木のよい所をどんどん取り入れ、消化してこなれてゆけば、自然と自己流になってゆくものでしょうしね〜。
しかし、逆にもっと荒木イズム継承してほしいなぁと思うのがファッション・センス。なんかみんなフツーで目立たない格好してるんだよなぁ。もちょっと突き抜けて欲しいです。

魔人探偵脳噛ネウロ

弥子が囚われに。
被虐キャラ本領発揮か!
次週が楽しみ(オイ

D.Gray-man

ロートたま!
焼けぼっくい!むごい!
そしてなお「キャハハハハハハハハハ あははははははははは」
と狂笑けたたましく立ち上がり・・・かと思いきや灰のように爆散!
うーん、ディグレはたまにこういう印象的なシーンやるからあなどれん。

P2!

突然の連載位置後退にちょっとドキドキ。
BOSSはP2を応援してます。
ジャンプ漫画じゃとかく省略されがちな「修行パート」ですが、きっちり面白く読ませてくれます。
逆に新鮮。
なんか帯をギュッとね!あたりを思い出します。
うーん。青春じゃのーw
しかし、ブラ外れるは無敵だね。
3バカじゃなくても中学生なら誰でも元気になっちゃいます。
ラベル:JUMP ジャンプ 感想 WJ
posted by BOSS at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。