2017年05月21日

【動画】物理エンジンでタケコプターを検証!

 コンピュータの物理演算エンジンを駆使して、ドラえもんに出てくるタケコプターは本当に飛ぶことが出来るのかを検証してみたという動画です。
 なかなか衝撃的な映像をご覧ください。

【物理エンジン】タケコプターは飛べるのか、検証【ドラえもん@】




 ドラえもんは簡単に飛べるのに、関節が多くて重心が安定していないのび太だとこんなにも飛べなくなっちゃうものなんですねー。
 激しく事故りまくるのび太にゲラゲラ笑い通しでありました(笑)。
 そして導き出された解決策の大胆さ!
 回転の G が 45G って!
 それ脳出ちゃうから!!(笑)

 実際のタケコプターには、重心を安定させる機能とかも備わっているのかもしれませんね。
 なんせ未来のひみつ道具なんですから。


 さらに、続きの動画がこちら。
 前回の実験を受けて、投稿された案をひとつひとつ検証してみたという動画になります。

【物理エンジン】みんなのタケコプター案【ドラえもんA】




 今回もまた笑っちゃう実験ばかりですが、最後のジャイロ効果はなんだか可能性を感じさせてくれるものでしたねー。
 実際、反重力場を発生させるはずのタケコプターが、なぜ回転するプロペラをつけているのかってところも、実はこのジャイロ効果の為ってことなのかもしれません。

 いやー、バカバカしくて笑っちゃうことも多い物理エンジン実験ですが、導きだれた結果から推測を重ね、思考を一歩一歩進めていく感じがとっても楽しいシリーズです。



■関連記事
・【動画】物理エンジンでアンパンマンの顔交換を再現!
・【動画】エレベーター落下時にジャンプすれば助かるのか物理エンジンで検証
・【動画】遺伝的アルゴリズムでハイハイを学習した物理エンジンロボットがカオス
・【動画】千手観音の往復ビンタを物理エンジンで再現してみた!

****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************


posted by BOSS at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。