2017年03月31日

【動画】週刊少年ジャンプの表紙ができる過程を公式が大公開!

 ワンピースのスタッフ公式アカウントから、週刊少年ジャンプの表紙ができるまでをおさめた動画がジャンプ史上初公開(?)されました。
 実際の完成品である 15 号を片手に見てみると、いろいろ発見があるかもしれません。


初公開!?今週のジャンプの表紙ができるまで!




 いやー、こんな風にして試行錯誤しながら表紙ってできていくものだったんですねー。
 もっと最初にかっちりとしたデザインコンセプトが決まっていて、その通りに漫画家さんに発注して、出来てきた絵にパーツをバシッと当て嵌めたらできあがり、みたいなものを想像していましたが全然違いました。
 もちろんその時その時で違ったり、漫画家さんごとにちがったりするのかもしれませんが、まずは漫画家さんの書いてきた絵、ありきで、そこからどんなデザインがいいのか、デザイナーが試行錯誤しながら作り上げていくものだったんですねー。
 火ノ丸相撲や鬼滅の刃などのキャラクターの顔窓の位置を試行錯誤するところから始まり、文字の並びかた、フォントの色、大きさ、バランスなどなど、とことんこだわって調整しつづけているのが伝わってきます。

 特にわたしが驚いたのは、今回のデザインで一番目を引く、サンジの脚が“ONE PIECE”の文字を飛び越えているデザインが最初から決まっていたことではなくて、どうやら途中で着想を得てやったものっぽいぞってところです。
 最初はサンジの脚周りに火ノ丸相撲や Dr.STONE の顔窓を配置しようとしてたりしましたものねー。
 その後、3 分過ぎから 4 分あたりのところでそういうコンセプトが決まったんじゃないでしょうか。
 そこからバババッと全体の印象が固まっていく感がありました。
 サンジの脚の前の、反り返ってるコピーが凄い効いてるんですよねー。
 いやー、なんだかプロのお仕事を見せられたって感じです。
 デザイナー志望の学生さんとか、この動画から学び取れることって多いんじゃないですかねー。

 ところで、ずーっと「結婚式を」だった煽りが、なんで最後の最後で「お茶会を」に変わったんですかねー。
 なにか理由がなければこんな変更はしないと思うんですが、この違い、すっごい気になります。
 画数を減らして視認性を高めたかったたとかですかねー?
 あるいは、実際現実で結婚式を迎えられる人もいるであろうところから、そういった人へ配慮をしたとか、そういうことだったりするんですかね?
 うーん、この件にとどまらず、この動画の解説動画も欲しいところです(笑)。

 しかし、ジャンプも面白い企画をやってくれますねー。
 今後、またなにかこういうことをして欲しいと思います。
 個人的には、噂の連載会議の様子をちょろっとだけでいいので見てみたいんですがねー(笑)。
 まぁ、さすがにピー音だらけになっちゃうかな(笑)。



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************


posted by BOSS at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。