2017年03月21日

週刊少年ジャンプ2017年16号 感想<後編>

jump201716b.jpg

 そんなわけで一日遅れとなりました後半戦。
 さっそく参りましょ〜。

■前編の感想はこちら





 後編の感想は、

・斉木楠雄のΨ難
・火ノ丸相撲
・ヒロアカ
・ハイキュー
・ぼくたちは勉強ができない
・約束のネバーランド
・ゆらぎ荘
・U19
・ポロの留学記
・左門くんはサモナー
・銀魂

 の 11 本でお送りいたします。



【センターカラー】 斉木楠雄のΨ難

 おおおー、いよいよ大噴火の話が来ますかー!
 例の、日本が終わっちゃうから楠雄が何度も時間を巻き戻していて、だから同じ学年を何回もループしているんですよっていうやつですね。
 漫画におけるいわゆるサザエさん時空のお約束を、斉木楠雄らしく超能力でうま〜く理由付けした話でしたが、ついにそこに着手するときが来ましたか。
 核心に迫るクライマックスの予感に静かな興奮を覚えつつも、それで作品としても最終回を迎えてしまうんだろうかと、ちょっとドキドキしてきちゃいます。
 どうなんでしょうねー。



火ノ丸相撲

 おおおお、これは熱い!
 辻桐人監督、実際どのくらい強いのかと思っていたら、 20 秒間なら最強の力士!ときましたか!
 謳い文句としてすばらしく熱い上に、試合開始とともにタイムカウンターまで出ましたよ!
 いやー、これは緊張感爆上げです!
 20 秒で間に合うのかと、めっちゃ読んでて手に汗握ります。
 かと言って、焦ったりしたらそれこそ負けちゃうでしょうからね〜〜。
 さー、辻桐人、どういう試合を見せてくれるのか!



僕のヒーローアカデミア

 前々からオールマイトには死亡フラグが燦然と輝くようにそそり立ってたって印象ではありましたが、いやー、そう来ちゃいましたかー。
 ナイトアイが予知しちゃってたんですか。
 しかもナイトアイの予知した未来は、外れたことがないって。
 ワールドトリガーの迅さんの予知とは決定的にちがう、絶対確定の未来というわけですか。
 いやー、それはナイトアイもツラかったでしょう。
 そしてまた、それを聞いちゃったらオールマイトもかえって覚悟が決まっちゃった感じでしょうか。
 それを知りつつ戦っていたんだなーと、あらためてオールマイトの凄さが思い知らされます。

 でも、それを知ったデクのほうはどうなんでしょうねー。
 そんな未来なんて変えてやる!と奮起してくれるのか、それとも恐れてしまったりしちゃうのか。
 デクにとってはオールマイトこそが全てですからねー。
 どうなってしまうんでしょう。

 なんにせよ、衝撃の告白でありました。
 予知って便利だけど、ほんっと精神的にくる個性ですわー。



【センターカラー】 ハイキュー!!

 うおー! 田中先輩の恋愛ドラマだーーー!!(笑)
 前から前フリはあった新山女子の叶歌(かのか)ちゃんがここへきて一気にクローズアップ。
 田中さんの男らしい(?)お断りからの、間の悪い従兄を叶歌ちゃんの恋人と勘違いというドタバタコメディ(笑)。
 でも叶歌ちゃん、今失恋したかも……っていう涙が溢れんばかりになってる表情は、コメディチックで笑えつつも、グッと胸に来てしまいましたわー。
 小学校のころから田中先輩の事、ずっとひそかに想い続けてたんだろうなー。

 いやー、田中先輩、潔子さんに対して一途に筋を通そうとするその姿は、実に男らしい姿勢だと思いますが、でもさ!この若干天然っぽくて一途なかんじの叶歌ちゃんと田中先輩、めっちゃお似合いだと思うんだけどなー!

「ここにレンアイしに来たワケじゃない」

「…私 全部勝つから」


 と勝負にかける鬼と化した叶歌ちゃんですが、勝負も恋愛も、どっちもめっちゃ応援しますぞ!!



ぼくたちは勉強ができない

 男子に使用済みでしっとりした水着をプレゼントするって、どんな変態だー!(笑)
 いやー、己の失態に気づいてベッドで悶え狂ううるかちゃん、めっちゃ可愛い! 可愛すぎ!
 かつてお目にかかったことがないほどのポンコツヒロインっぷり、これは目が離せなくなってまいりました(笑)。



約束のネバーランド

 いやー、なんっつー衝撃か!

だめだ 何もできない

 の抜け殻のようなエマのショッキングな映像に加え、残酷な『2か月後』の文字を見せられた時はもう本当にダメなのかとすらおもわされてしまいましたが。
 そこからの、このエマ!
 なんという、悪魔のような顔を見せてくれますか!
 いやー、やっぱりエマもバケモノですね!
 この2カ月の絶望っぷりは、ぜんぶが芝居だったということですか!
 もう無理っていう顔をして、味方のレイすらも騙し通して、完全にママの裏をかくつもりですかー。
 いやー、恐ろしい!
 ちょっと今回はエマにオゾゾゾゾーッって背筋を凍らされてしまいましたわ(笑)。
 やっぱりこのエマもこの孤児院が生んだ傑物、怪物だったということですね!!



【センターカラー】 ゆらぎ荘の幽奈さん

 エロすぎにもほどがあるー!
 最後のページとか、完全に AV じゃあないですか!!(笑)

 しかしこゆずちゃん、なんって恐ろしい子なんでしょう(笑)。
 しかも本人にはまったく悪意がなく、善意しかないというのが素晴らしい。
 こういう大パニックを起こしていてもぜんぜん憎たらしくないですからね〜。
 事態の元凶を送り込む女将さんの正体も気になるところですが、パニックメーカーのこゆずちゃんの存在感がどんどん増してくる予感がいたします。
 憎めない分、作品としてもどんどん手加減がなくなっていくんじゃないでしょうかね(笑)。
 いやー、こわいこわい(饅頭怖いの感じでw)。



U19

 おー、ついに針と糸のリビドーがバトルで発動!
 七海くんの「最弱の能力だ!!!」ってツッコミには笑わされましたが、まぁ針と糸なんて最初から搦め手用の能力ですからねー。
 応用力の高さこそが本領ってもんですよ。
 それでも、腕に巻き付けてパンチ力を強化しているっぽい使い方とか、王道の使い方もできるようで今週のラストはなかなか爽快。
 これまで散々悪行非道を重ねてきた谷先生をついにぶっとばしてくれてスーッといたしました。

 でも待てよと。
 たしかリビドーの情報が政府に伝わらないよう、情報を断つために谷先生を学校から追放するっていうのが今回の作戦だったんですよね?
 どうして学校から追放したらリビドーの情報が政府に伝わらなくなるのかは説明されてませんが、それはこれから説明があると思うんですが。
 でもこれだけ堂々と谷先生に対して使ってしまったら、これはもう抹殺してしまうしかなくなっちゃったんじゃないでしょうか。
 そこのところ、どう処理することになるんでしょうねー。
 今週の痛快さは痛快さとして嬉しかったのですが、ちょっと冷静になってからスーッと背筋が寒くなるような展開でもあったかなーと。



ポロの留学記

 初対面のポロにいきなり重い話を打ち明けまくるお母さんに最初は違和感を感じちゃったんですが、なるほど、幽霊だったからなんですねー!
 いやー、すっかり騙されてしまいました。
 なかなかうまい話をやってくれるじゃないですか。
 なるほど、この作品はこういう不思議なイイ話系もアリなんですね〜。
 こっちタイプも私は好みですわ〜。

 ところで、ストーリーとはぜんぜん関係のない話なんですが、わたくし“財閥”っていう言葉の登場にちょっと嬉しくなってしまいました。
 日本では戦後すぐにすべての財閥が解体されてまして、現在では存在しないものなんですが、漫画の世界では脈々とその存在が継承されているんですよねー(笑)。
 私が最後に財閥っていう言葉を目にしたのはめだかボックスだったでしょうか。その前はシティハンターだったかもしれません。
 少女漫画の世界とかだともっといっぱいあるかもしれませんねー。
 巨大財閥のご令嬢とか、お坊ちゃまとか、やっぱりロマンがありますから言いたいですもんね(笑)。
 まさに漫画的な記号にピッタリの概念であると思います。
 黒神とか、人吉とか、人名の共通点がそもそもありますから、やはりこれもめだかボックスリスペクトなのかもしれませんが、権平先生がいったいどこで財閥と言う言葉を目にされたのか、そのきっかけが知りたいものでありますわ〜。
 『漫画文化内における財閥概念の継承の歴史』とか、ちょっとした論文のネタになる気がします(笑)。



左門くんはサモナー

 てっしーまさかの先鋒勝利!(笑)
 ここでルキフグス相手に魅了攻撃に出るとは思いませんでした。
 しかもルキフグス、完全クリティカルで一撃死って(笑)。
 しょっぱなから笑わせてくれちゃいます。

 とはいえ、バトルが始まってしまえばドシリアス。
 サルガタナスの瞬間移動+透明化にはそのエグさを改めて思い知らされますし、雷を越えたルキフグスも真面目にヤバすぎる。
 この二人を同時に相手にマステマ、どんな戦い方をしてくれるのか、なかなかに楽しみです。

 一方、左門くんVS.ネビロス閣下が早くもスタート!
 おお、アガリアレプトとかナッキーたちは今回バトルなしなのかな?
 てっしーの、

『ツッコミを挟む

 隙間がない…!!』


 の絶妙な表情にゲラゲラ笑わされちゃいました(笑)。

 そしてここで左門くんとネビロスさんのなれそめが描かれますか!
 おー! 昔の左門くんの利発そうなこと!
 これがいったいどうして今みたいな関係になっちゃったのやら(笑)。
 次週、これは楽しみですわ〜。



銀魂

 最終章はいろんなヤツらが登場しますってことでしたけど、パンデモニウムまでですか!(笑)
 いやー、このノリ!
 ちょっと懐かしすぎて涙が出てきちゃいそうですわ(笑)。

 前半パートのヘドロさんのコントも最高!
 これ、ハーフの看板を刺したからハーフ&ハーフになったってことですかねー(笑)。
 ちゃんとするには何の看板を刺したらいいんだろうかとか考えてしまいました。

 戦いの間のつかの間の休息。
 まるでここぞとばかりに息を吸うようにギャグを炸裂させまくるみんなが、なんとも愛おしくなるような回でした。
 まぁ、戦っててもギャグやっちゃうみんななんですけどね(笑)。



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************
posted by BOSS at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。