2017年02月06日

週刊少年ジャンプ2017年10号 【今世紀初!新連載6連弾第1弾『ぼくたちは勉強ができない』掲載号】 感想<前編>

jump201710a.jpg

 ということで、6 連続新連載投入という驚きの計画が発動いたしました週刊少年ジャンプ。
 昨年の大型連載陣のあいつぐ終了を受けて、変革期が本格的にスタートしたということなんでしょうねー。
 かつて味わったことのない大変革だけに、いったいどんな新時代が訪れてくれるのか、これは楽しくなってまいりました〜。





 前半の感想は、

・【新連載】ぼくたちは勉強ができない
・ハイキュー
・ワンピ
・ヒロアカ
・鬼滅の刃
・ブラクロ

 の 6 本でお送りいたします。



【新連載】 ぼくたちは勉強ができない

 ニセコイのスピンオフ作品『マジカルパティシエ小咲ちゃん』筒井大志先生が、勉強も恋も頑張る?学園青春ラブコメで本誌連載スタート。
 いやー、非常に読みやすく、ぐいぐい引き込まれる第一話でありました。
 恋の方はまだまだこれから、ラブコメの楽しさは第二話からかな?という感触ではあったのですが、勉強もののサクセスストーリー系の第一話として読み応えしっかり。
 問題が発生し、それを乗り越えてゆく困難と面白さがちゃんと描かれておりました。
 とりあえずなんでまたこの女の子ふたりは自分の苦手分野の大学に進みたいのか、その動機の方も気になりますし、いかにしてこの子たちの学力を伸ばしてゆくのか、そこのところにも興味津々。
 単なるお勉強ものと考えると面白みは感じられなくなってしまいそうなお題なんですが、この「不可能への挑戦」っていうテーマがちゃんと少年漫画しているってことなんでしょうね〜。
 これからどんな展開が待っているのか、楽しみです。

 しかし、三年生から話がスタートで大学入学がとりあえずのゴールとなると、短期決戦ものを予定している連載なんですかね?



ハイキュー!!

 のやっさん、相変わらずの盤石っぷりよ!!
 大地さんたちが苦戦した天井サーブもまるで美しい工芸品のような精密さで上げてしまう達人技。
 そしてそこからのシンクロ攻撃でのバックアタック炸裂。
 烏野ここにあり!という連携でありましたねー。
 いやー、ここまで天井サーブで見せてくれた姫川くんでしたが、姫川くん視点から見る烏野のオッソロシイこと(笑)。
 この強豪感、ハンパないですわー。
 そしてそういう気付きを与えてくれたことが非常に気持ちいい。
 これが烏野なんだぜーっていう、謎の誇らしさが湧いてきます(笑)。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



【センターカラー】 僕のヒーローアカデミア

 ヴィラン連合とヤクザヴィランの抗争勃発!!
 いやー、びっくりしました!
 まさかマグ姉さんがいきなり即死って!
 さらにはヤクザ側も一人即死で、コンプレスも左腕損失。
 一瞬にしてあたりは血の海って感じで、いやー、言葉を失うような衝撃の展開でありました。
 アクションはあってもいたって安全な学園サイドとはちがい、さすがはヴィランサイド、命の軽さがヤバイです。
 あらためてヴィランのヤバさを目の当たりにさせられたっていう衝撃の一話でありました。

 さーしかし、死柄木、ここからどういうふうに出るんでしょうねー。
 さすがにヤクザの下につくっていうのはないでしょうけども、うまいこと手を組むのか、それともあくまで衝突する道を選ぶのか。
 ヴィランサイドではあるんですが、なんかこうなってくると死柄木を応援したくなってきちゃうのが不思議です(笑)。



鬼滅の刃

 善逸&伊之助ふっかーーーーつ!!
 やっぱりこの二人が出てくると面白いですね〜〜。
 しかも善逸はいつもながらのギャースカなんですが、伊之助がまたダウナーモードという新たな一面を見せてくれて、これがまた意外すぎて面白い。

 さらに今週は名前のあるキャラからないキャラまで、脇をかためるキャラたちがみーんな個性的で主張しまくってるのが素晴らしい。
 蝶屋敷の女性たちはもちろんのこと、炭治郎を運んでくれた覆面の隊員さんたちまで、みーんなキャラが立っていて自己主張が激しくって面白い。
 一話丸ごと踊り出すような躍動感に満ちてて、いやー、じつに楽しい一話でありました。

 あと、炭治郎たち四人がキメ顔でダメージを列挙していく 4 コマも最高でした。
 オチが禰豆子の「寝不足!!」って(笑)。
 もちろん睡眠が唯一のエネルギー源である禰豆子にとっては寝不足は致命傷にも等しいわけですからとっても深刻なことなんですけど、このキメ顔が汚いんですよねー。
 きみたちそんなかっこいいキメ顔、めったに見せたことないじゃんって(笑)。

 さてしかし、次号からは機能回復訓練ですかー。
 最近ではキテレツな柱さんたちのおかげでむしろ常識人サイドっぽい雰囲気になってきていたしのぶさんですが、このニッコニコーな笑顔はめちゃくちゃマッドなニオイがただよってくるなー。
 来週、さらに善逸の悲鳴が聞けそうな予感がいたします(笑)。



ブラック・クローバー

 しつけえーー!
 まだ復活しますかラドロス!
 サクサク展開のブラクロにしては珍しいくらいに粘りまくってくれましたが、なるほど、アスタのパワーアップイベントのためでしたか。
 以前、腕が使えなくなるという重い障害をパパッと解決してなかなかに驚かされたものですが、むしろこっちのイベントのほうが重要だったってことなのかもですね〜。

 さーて、魔力のないアスタに注入された魔女の力(?)。
 果たしてどんな新たな力をアスタにもたらしてくれるんでしょうか。
 気持ちのいい一発大逆転に期待したいものです。



 といったところで前編の感想はここまで。
 続きは後編にて。



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************
posted by BOSS at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タイトルに号数が書かれてないため、ジャンプ感想サイトで更新されてませんよ。
Posted by だいまおー at 2017年02月08日 03:35
>だいまおーさん

 おっとー!
 修正しておきました。
 お知らせいただき感謝です。
Posted by BOSS at 2017年02月08日 19:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。