2016年02月21日

【初心者ガンプラ制作日記】HG ガンダムグシオン その3

IMG_0463.JPG

 初心者同然のわたしが唐突な衝動に駆られて始めてみたガンプラ制作日記。
 ここ最近はいろいろと忙しかったものであんまり進んでないんですが、今回はスミ入れと同時に、『合わせ目消し』というものにちょっとだけ挑戦して見ました。





 まずはスミ入れ、頭から。

IMG_0052a.JPG

IMG_0050a.JPG

IMG_0051a.JPG

 スミが入ると印象がピシッとしてきます。
 ちなみに下がスミ入れ前。

IMG_0428a.JPG

 こう見るとスミ入れ前はかなりのっぺりして感じられますねー。
 スミ入れってかなり重要ですね。
 作業的にも楽しく、けっこう好きになってきました。

 あと、目の周辺については、ハメ込む前に塗っておけばよかったかも。
 狭いところに筆を入れるのがかなり面倒でした。
 あるいは『ダボ処理』というヤツですね。
 最近のガンプラはスナップフィットでパッチリ嵌まってしまうため、一度組むとなかなか外しにくくなってます。
 それを無理に外そうとすると、パーツを壊したり傷つけてしまいかねません。
 そんなわけで、あとから外す可能性のあるパーツは、あとで外しやすいようにダボ(挿し込むピン部分)を短く切ったりするそうです。
 今度はそれを試してみますかね。


 お次に胴体部。

IMG_0054.JPG

IMG_0053.JPG

IMG_0056.JPG

IMG_0057.JPG

 胴体はパーツの大きなグシオンのなかでも一番大きなパーツで、溝も多く、かなり時間がかかりました。
 ここは必要ないかな?っていうようなところもあったのですが、とりあえずやってみるかってノリでとことんスミ入れ。
 ま、ものは練習ですからねー。
 しかし、こう写真でアップで見てみると結構アラがみつかるなー(笑)。



 今回はもうひとつ、『合わせ目消し』というのをやってみました。
 パーツとパーツの合わせ目を消す魔法のようなテクニックなのですが、意外と簡単らしいということで、お試しですね。

 今回合わせ目消しにトライしてみたのはこちらのハンマー。

IMG_0456.JPG

 この通り、中央にバッチリ合わせ目があるのでかなり目立ちやすいと思われます。

IMG_0457.JPG

 上の写真は合わせ目が目立つよう、わざと隙間をあけて撮ってますが、まぁこんな感じですね。
 こんな感じより、合わせ目を消してしまったほうがハンマーのボリューム感、重量感が出るんじゃないかと思い、ではやってみるかと。

IMG_0458.JPG

 まずはパーツ合わせ目の片方に、たっぷり接着剤を塗っていきます。
 合わせ目消しをする部分には合計 8 箇所の溝が掘り込まれているので、そこは接着剤で潰さないよう、避けて塗っていきます。

IMG_0459.JPG

 あわせるパーツの両方に、たっぷりと接着剤を塗ります。
 ひととおり塗ったら、さらに接着剤が盛り上がる山になるくらい、二度塗りしていきます。

 で、接着剤の山が出来たら、30 秒 から 60 秒くらい時間をあけ、接着剤にプラ素材を溶解させておいて……

IMG_0460.JPG

 ガシッと合わせます!
 このとき、パーツの合わせ目から、接着剤によって溶解したプラ素材がムニュッとはみ出てきたら、この作業は成功!
 ……ということだったのですが、あんまり想像していたほどははみ出てきませんでした。
 うーん、こんなもんでいいのかなーと戸惑いつつも、ここでパーツを 4 日ほど放置。
 しっかり接着部分を乾燥させます。

 で、乾燥した接着部分を、今度はヤスリで削っていきます。

IMG_0043.JPG

IMG_0044.JPG

 お? なんかうまくいったかな?

IMG_0045.JPG

 ちなみに今回使用したヤスリは、こちらの円盤型のもの。



 平らな部分を削る際、紙やすりですと削りムラが出て角を丸くしてしまったり、部分的に削りすぎてへこみをつくってしまったりしかねないので、こういうのが役立つかなーと思って買ってきてみました。
 なかなか便利ですねー。
 あるいは普通の紙やすりでも、平らな何かに貼り付けるなど工夫してやるだけでもいいかもしれませんね。

IMG_0046.JPG

 目の細かさをどんどん上げて研磨していきます。
 ……あれ?

IMG_0047.JPG

 ……なんか、合わせ目消えてないのでは?

IMG_0048.JPG

 拡大すると……

IMG_0048a.JPG

 ばっちり見えてるじゃないですかー!!

 がぼーーーん!!(笑)
 ということで、初の合わせ目消し挑戦、失敗だったようです。
 う〜〜〜ん、残念!!
 まぁ最初よりは気持ち目立たなくなったようにも思えるんですが、ほとんど変わってないですねー。

 失敗の原因として考えられるのは、8 ヶ所あるへこんだ彫刻部分を接着剤で埋めてしまわないよう、そこに接着剤を盛らなかったことが上げられるかもですねー。
 その部分が柱の役目を果たすこととなり、パーツ同士を押し合わせてプラ素材をむにゅっとするのを、阻害してしまったってところが大きいかもしれません。

 あるいは、接着剤を山盛りにする際、筆をパーツのフチにあててしごくようにするらしいのですが、それを今回やってなかったことで盛りかたが足りなかったのか。

 次回は、そのへんを考えつつ試してみたいと思います。
 ま、失敗は成功のもとってことで!



****************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
****************************************************
posted by BOSS at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。