2016年01月23日

【初心者がガンプラ作ってみる日記】HGBF 1/144 ザクアメイジング その3

_xPPOPAY.jpg

 ガンプラを作るのは初心者同然のわたしが、唐突な衝動に駆られてガンプラを作り始めてみたガンプラ制作日記。
 第 3 回は、足と武装を作っていきます。





 さあ、今回は下半身です。
 つま先部分から作っていきます。

CZDXE8TUEAAU68r.jpg

 ゲートの場所が、隠れるところや目立たないところにあるものが多く、足は比較的ポンポンと組みあがっていきました。


CZDYM8wUoAA1HpM.jpg

 このパーツのゲート箇所はかなり工夫されてました。
 一箇所は他のパーツに隠れて、もう一箇所は裾の下側なので処理しなくてもOK。
 最後の一箇所は膝裏あたりにあるので、ここも処理しなくてもいいかもですね。 
 私は一応練習がてら、膝裏のところだけやってみました。


CZDXE8ZVAAARD09.jpg

 腿のパーツも合わせ目が横に来るようになってるのがいいですねー。


CZDYM9oUoAAIyq9.jpg

 そんなこんなで右足完成。
 例によってパイプは組み込む前にスミ入れしちゃいます。

 ここのスミ入れでコツがちょっとつかめてきました。
 余分な箇所のスミを除去するのに、これまでは消しゴムだったりいろいろと試してきたのですが、今回やってみた「めん棒+消しペン」というのが、なかなか便利にサクサク除去できることがわかりました。
 消しペンというのは、ガンダムマーカー専用のペン型はがし剤で、中身はアルコール系薄め液みたいなものじゃないでしょうか。
 ペンタイプなので、手軽に必要なところだけ塗装を消すことができる優れものなんですね〜。



 ただ、細かいスミ入れ場所とかですと、ちょっとインクの出の加減が難しいなって思ってたのですが、めん棒にちょっとだけつけてやると、そのへんの加減がしやすくてとっても便利でした。
 道具の使い方をいろいろさぐりさぐりやっていくのも楽しいものですねー。


CZNoAiEWkAAb6qs.jpg

 そんな感じで、コツがつかめたのでパパッと左脚も完成。
 ということで……


CZNopB9XEAAIk3V.jpg

 五体が揃ったので、いよいよガッシーーン!


CZNopBnWkAEWO3W.jpg

 おおお、まだ武装とか腰のホルスターとができてないんですが、これだけでもけっこうカッコイイものですねー。


CZNopC9WIAMwivK.jpg

 ちょっと安彦良和先生の「S字」立ちっぽく(笑)。



CZSzhQMWYAAspU-.jpg

 さて、ボディのほうがだいたいできたので、今度は各武装をサクサクと。
 こちらはザクアメイジングの超かっこいいロングライフルですね。


CZS0rmTWcAIgPPY.jpg

 視線がいきそうな砲身先端部分のゲートを、気合を入れて処理。


CZS0rmTWcAMua_t.jpg

 でもあんまり上手く消えませんでした(笑)。
 うーん、難しい。


_xPPOPAY.jpg

 そんなわけで、武装など、周辺パーツふくめてすべて組みあがりました。
 この HG のザクアメイジングは、作中では使っていないザク系の武装がいっぱいオマケについているところが面白いですね。
 しかし、なんで 2 個だけ手の甲の色が違うんだろう(笑)。


 さて、一応形は出来上がったザクアメイジング。
 これだけでも正直満足してきちゃっているんですが(笑)、ここからいよいよ、全身のスミ入れからの、トップコートという、わたしには未知の世界に突入したいと思います。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンプラ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。