2015年09月08日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第799話 “親と子”

 週刊少年ジャンプ 2015 年 41 号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■藤虎という男
■ドレスローザ国民
■5600人!!



■藤虎という男

 ついに激突したルフィと藤虎さん。
 しかしルフィ、目の見えない藤虎を気遣い、「殴るぞー!!」「蹴るぞー!!」と、攻撃の前に必ず予告する律儀っぷり(笑)。
 いくら藤虎さんのことが好きになったからって、その甘っちょろさはどういうことか。
 そりゃあ藤虎さんだって笑っちゃいますが、でもその甘っちょろさがルフィなんですよね。
 甘っちょろいというか、気に入った人物は敵でも迷いなく好きになれる、そういうところがいいんじゃないかなぁ。

 でもこれは藤虎さんにとってはたまったもんじゃない。
 あれだけのタンカを切って、海軍大将の立場を掛けて、筋を貫き通すために挑んだ戦いなワケですからねー。
 そういう立場とかしがらみとかにまったく囚われないルフィのような生き方は、ある意味藤虎さんにとっては衝撃だったかもしれません。
 テンパッたのか藤虎さん、ついには

「こっちも我慢して立場貫いてんでさァ!!!」

 とまで言う始末。
 藤虎さん、あんたもやっぱりルフィという男に惚れこんじまってるんじゃあないですかー(笑)。

 藤虎さんがドフラ戦において、あれだけルフィに賭けておいて、さらには戦後数日ルフィをほうっておいて、そののち結局捕らえに来たことの理由も見えてきた気がします。
 この先ルフィはどこへ行こうと地獄しか待っていないという運命ならば、せめて自分が捕らえてやろうという、そういう藤虎さんなりの仏心だったんじゃあないですかねぇ。
 今回、藤虎さんの目が見えなくなった理由も語られましたが、だいぶんこの人の人となりというものが見えてきた気がいたします。
 やることは時代を賭けたどでかいギャンブラーですし、ハートも熱い。
 なかなかいい人物じゃあないですか。



■ドレスローザ国民

 そして最後、ルフィたちの脱出の決め手となったのは、驚いたことにドレスローザ国民でした。
 いやー、すっかり騙された。
 てっきりいつもの踊らされやすいドレスローザ国民の悪い癖が出て、今回も簡単に情報に踊らされてルフィを追ってるものとばかり。
 そもそも、レベッカとキュロスの親子関係とか、キュロスとスカーレット王女のこととか、さらには妖精たちの正体まで国民達は見て見ぬフリ……暗黙の了解だったとは!!

 だったらあのコロシアムでレベッカに散々罵声を浴びせかけていたのは、あれはなんだったのかということですが。
 あれはドレスローザ国民なりの演技だったのか、あるいはドフラミンゴに操られ、なかば洗脳されていたということなんですかねー。
 どちらにせよ、

「この国がどれだけあの娘を傷つけたか」

 というセリフで、彼らがやった所業についてちゃんと自覚があることが今回わかって、これ、けっこう私は溜飲が下がりましたよ。
 なんだ、わかってるじゃないですかーと。

 もちろん今回この日までレベッカの事情を知らなかった人もいたわけですし、中にはこういう「分かる人たち」ではない人たちもけっこういるんだろうなーとは思うのですが。
 しかし、なるほど、ちゃんとこの国にも、踊らされるだけじゃない、こういうしたたかな人たちがいるっていうことですね。
 自分達の弱い立場で立場なりに、踊っているフリをしつつも、なんとかがんばっていくような人たちもいるんだよっていう事なんじゃないかなーと、そんなふうに受け取りました。

 そんな国民達を見送りつつ、嬉しそうにする藤虎さんがまたいいなー。

「この振り上げた武器

 格好つかんな」


 というのは、サカズキさんに切ったタンカとのダブルミーニングっぽいですね。
 ほんと、この落とし前、どうしたものやら(笑)。



■5600人!!

 ついに来ました!
 コロシアムの戦士たち、麦わら傘下加入!!
 その数なんと 5600 人!(ゴムだけに!!)
 いやー、ついにこの時が来ましたかー。
 コロシアムでの戦いのあたりで、ドン・チャンジャオがルフィの傘下に八宝水軍を入れさせたいみたいなことを言った時からこうなる可能性はどんどん感じるようになってはいたのですが。
 いやー、いよいよこういう場面がやってきたのかと、感慨もひとしおです。

 もちろんルフィのことですから「いやだ!」って突っぱねる可能性も多いにありうるとは思うのですが(笑)。
 まぁでも逆に「好きにやれよ」って言うかもしれませんしねー。

 ウソップの嘘がこれまでどんどん本当になっていることから、8000 人の部下というネタがいつかは本当になるんだろうなっていう予想もありました。
 白ひげのような海賊船団を作り出す、その大きな第一歩っていう感じでもありますしね。
 いよいよここまで麦わら一味がビッグになっちゃうんだぞっていう、ちょっと胸熱くなるものがありますわ。
 たしかに、麦わら一味のこれまでのネームバリューからすれば、それくらいの部下がいたっておかしくないですし、そもそも魚人島をナワバリにしていたりもするわけですから。 
 このくらいの部下がいないとその領土だってイザというときに危ない。
 大海賊船団を率いるルフィたちを想像して、やたらめったらワクワクしてきちゃいますわー(笑)。

 まぁでも、今後ずっとこの船団が一緒に活動するとなると、今まで見たいに身軽に動けたりしなくなっちゃいそうですしねー。
 そこはそれ、親子の盃を交わしたとはいえ、それぞれの海賊団の活動は独自に、バラバラに行って、たまに号令が下ったらおっとり刀でルフィのもとに集まる……っていう寸法になるんじゃないですかねー。
 いやー、そうなったらいいなぁ〜。
 次週ワンピは休載ですので、このルフィの返答がどうなるのかは二週間もお預けになってしまったわけですが(笑)。
 とにかくワックワクしながら二週間、待ちたいと思います!
 


■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
posted by BOSS at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確か、市民が知ってたのはレベッカキュロススカーレットの一家と
小人族の存在の事だけで“その他の大きな事件”は
結局手の平で踊らされのままなんでしたよね(哀)
Posted by 某県人 at 2015年09月16日 21:44
 情報や支配者や雰囲気に流され、踊らされる一般市民というのが、今回のドレスローザ編のもうひとつのテーマだったような気がします。
 ローの過去編で、病気のデマに踊らされまくりで醜さを爆発させた人々っていうのもありましたしねー。

 そして、今回のドレスローザが、天竜人によって支配されている世界の縮図なのだとしたら、物語の最終盤戦あたりでもう一度、さらに大きな規模でこのような話が繰り返されるような気もするんですよねー。
 そのとき、一般市民たちはどんな風な動きを見せてくれるのか。
 そのあたりに期待してしまいます。
Posted by BOSS at 2015年09月20日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。