2015年08月04日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第795話 “自殺”

 週刊少年ジャンプ 2015 年 36 号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■ぐるわら
■落ちて来たもの



■ぐるわら

 サカズキ元帥にあれだけの啖呵を切っておきながら藤虎さん、なんでサイコロでルフィを逮捕するかどうかを決めようとしたんでしょう。
 犯人逮捕の前に、毎度こういう賭けをやっているとも思いにくいですし。
 ここはやっぱり、ドレスローザを救ったルフィに対して、一定の義理を通すか否か、若干の迷いがあったっていうことなんですかね。
 さぁ、ではこの藤虎さんの行動が始まるのはいったいいつなのか。

 一方王宮では「お前は王女になるのだぞ」と言われ、意外なことを言い出されたような表情のレベッカ。
 うむ、たしかにこの子はこれまで王女として生活してきたことは一回もないわけですしね。
 いきなり王女って言われたって困っちまいますわな。
 それにしても、あのエロい剣闘士姿は見納めなのか!
 それがなにより残念です!(笑)
 むしろあの格好で王女様やって欲しい!

 そしてそして、ようやっと回ってきました、サンジたちのターン。
 苦節何年ぶりでありましょうかってな感じなんですが、いきなり騒動に巻き込まれているようですねー。
 ビッグマムの船との戦いは、どうやらサンジたちの逃走で納まった様子。
 あれだけカッコよく戦いを挑んでいたサンジでしたが、まぁさすがに四皇ビッグマム相手に本気でぶつかっていったわけではかったんですね。
 サンジが攻撃を仕掛けている間にサニー号を逃がし、ある程度距離をとったところでサンジが空中を逃げたって感じでしょうか。
 その後はナミが霧や風をつかったりね。

 そんなわけで謎の島。
 なんだかよくわからない敵とおいかけっこの最中、噴火が起こったと思ったらそれは大量の水!
 水が噴火する島ですか!
 能力者にとっちゃあ地獄な島ですねー。
 おちおち昼寝だってできやあしない。
 いやまあ、こんなところでは普通の人だって生活できそうにないですけどね。
 ここが例のゾウというところなのか、それともまだまだ旅の途中なのか。

 そして、木の陰に隠れているこの女の子。
 なんだか手塚治虫が描きそうな、半獣半人な女の子っぽいですね。
 この女の子と、“侍”を探して襲ってきてたっぽいこいつらも、いったいなんなのか。
 ベルトのマークが意味ありげにアップにされましたが、これは話の流れ的にカイドウのマークなんですかね?
 ルフィたちの次なる敵はカイドウとなるのかどうなのか。



■落ちて来たもの

 そしてキッド海賊団アジトに、まさに降って湧いて出るカイドウ!!
 いやー、衝撃の展開です(笑)。
 これから四皇の一角シャンクスを狙って同盟締結だーヒャッホーイってやってたら、目の前に同じ四皇のカイドウなんですもんね!!
 キッドたちがむしろ憐れに思えてしまうくらい。
 これはあまりにも予想外の展開でした。
 キッドたち、カイドウの強さを演出するための、ちょうどいいカマセにされてしまうのか。
 同じ負けるとしても、最悪のルーキー世代として意地を見せてほしいところです。

 それにしても、どうやっても死なないカイドウって、とんでもないヤツですねー。
 今回のサブタイトルが“自殺”という、なかなか刺激的なものだったのでどんな話になるのかと思っていたのですが、まさかの「趣味」って。
 能力者だったら海に入るだけで労せず死ねるわけですから、たぶん能力者ではないってことだとおもいますが。
 いったいどんな体の構造をしているんだか。
 海賊団の組織としての計算ならば白ヒゲが最強だったとしても、個としての力で言えばこのカイドウが最強ということですか。
 うーん、物理ダメージが一切効かないとなると、ルフィにとっては手も足も出ませんねー。
 唯一希望があるとしたら、このわき腹に大きな傷痕があるっていうところで、こういう傷ができるって言うことは、ダメージがまったく通らないわけではないと思いたいのですが。

 あとちなみに、カイドウが能力者である可能性もわずかですが残されている気もするんですよね。
 気になるのは左胸から腕にかけての刺青。
 魚か竜のウロコのように見えますが、もし魚タイプのゾオン系能力者というものがいるとしたら、海に落ちたらどうなるんでしょうか。
 力を奪われず、魚人のように普通に活動できたりするんじゃないかなーと思ったんですよねー。
 
 ともあれ、ドフラミンゴというこれまでのワンピースをおおいに揺るがしてくれた大スターが退場したら、またまたとんでもない大スターが表舞台に登場してくれました。
 これからのワンピを、おおいにどっかんどっかんさせてくれることを期待しちゃいます。



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!
posted by BOSS at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カイドウ、ついに登場しましたね。物凄い貫禄です。
最初にカイドウの名前が出たのは、スリラーバーク編でのモリアのセリフ(47巻)でした。それから度々名前が出ては情報が小出しにされてきましたが、単行本約30巻分を経てやっと姿を拝むことができました。

魚系のゾオン系悪魔の実、言われてみれば今まで一度も出てきてないですね。あるとすれば「ウオウオの実 モデル○○」とかなんでしょうけど、能力者は海に嫌われるという性質上、もしかしたら水生生物系の悪魔の実は存在しないのかもしれません。魚に限らず「イカイカの実」とか「エビエビの実」なんてのも出てきてないですし。
また、能力者の人獣型のイメージが、魚人とカブってしまうということもあると思います。
Posted by Jox at 2015年08月04日 23:04
 単行本30巻分と聞いてちょっとビックリ(笑)。
 そこまで長い潜伏期間だったとは思いもしませんでした。

 魚系のゾオン系は、自分で言っておいてなんですが、まぁさすがに今後も出てこないんじゃないかなーと思います(笑)。
 たしかにおっしゃるとおり、魚人と見分けつかないですし、能力的に魚人とどう差別化するのかだってややこしそうですからねー。
Posted by BOSS at 2015年08月10日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。