2015年07月21日

週刊少年ジャンプ2015年34号 感想<後編>

 今週あたまあたりに関東はどうやら梅雨は明けて、一気に真夏到来って感じになってまいりましたが、この猛暑の最中、わたしの部屋のエアコンが見事にブッ壊れ遊ばされました(笑)。
 急いで家電量販店に走って安めの新品を買ったのですが、設置に来るのがなんと来週火曜!
 ホワーーッ!!?
 一週間もこの暑さに耐えろってことですかーッ!
 ということで、今も窓あけっぱなし、扇風機ガンガンにして、汗だくで書いているところなんですが、こんな状態で長時間作業やってますと、わたしの体が耐えられたとしても、この PC のほうが先に参ってしまいかねないんですよね〜。
 いやー、まいったまいった。

 ということで、前置きが長くなっちゃいましたが、本日ジャンプ感想後編はさくっと短くまとめちゃいます。
 そして、【明日よりしばらく、当ブログはちょっとだけ早い夏休み】ということにさせていただきたく思います。
 エアコンが復活したら、嬉々として復活いたしますので、そういうことで皆様にはお待ちいただけたらなと思います。

 では本日の感想まいりましょー。

■前編の感想はこちら





 後半の感想は、

・火ノ丸相撲
・ブラック・クローバー
・斉木楠雄のΨ難
・レディ・ジャスティス
・ワールドトリガー

 の 5 本でお送りさせていただきます。
 


火ノ丸相撲

 相変わらず魅せるなー。
 初手、とにかくイニシアチブを取って突きをかますはずの佑真さんの顔面に、逆に決まっている強烈な一発。
 そして、鬼のような形相で燃える金森主将の表情!
 この一瞬で最高温度まで燃え上がる爆発力が火ノ丸相撲っ!て感じさせてくれますわー。

 そして、意外なことに金森主将にも不良と戦ってきた歴史があった。
 不良への並々ならない怒り。
 これはまるで、佑真の過去の悪行を清算するための戦いのような様相になってきましたねー。
 5 対 5 の団体戦の構造上、ここはしょうがないけど負ける戦いかな?と思っていたのですが、そういうことなら佑真、勝たねばなるまいなー。



【センターカラー】 ブラック・クローバー

 すげー!
 アスタ一気にハーレム王か!
 ちょちょっと二つほど任務をこなしたら、いっきに2人も美少女篭絡しちまいましたよーっ。
 このままだと魔法帝になる前にハーレム帝王になっちゃいそうな勢いです(笑)。

 このずらりと並んだ猛者たちにも女性がちらほら見えますが、あと三つほど任務をやったらみーんなアスタのハーレム宮殿入りしてるのかもですね!(笑)



斉木楠雄のΨ難

 今週の斎木楠雄はちょっと社会派(?)。
 ネットとかで言われる、いわゆるマスゴミ的マスコミを、面白おかしく誇張した笑いにしてくれました。

 しかし、この照橋さん、単に便秘なだけなんじゃないかなー(笑)。




レディ・ジャスティス

 おお、意外な面白方向できました。
 手加減の数値はこれまでもお馴染みですが、こういう楽しませかたもあるんですねー。
 レディ・ジャスティスの新しい笑いを垣間見た今週でした。

 しかし、いったい彼女の乳首はどこにあるんだ!
 どうして乳首が隠れてるんだ!
 どんだけ乳首がちっちゃいんだ!!(乳首言い過ぎ!



ワールドトリガー

 影浦さん、予想通り悪いヤツじゃあなかった。
 むしろ「感情受信体質」とかいう、生きてて絶対それ辛いだろうというサイドエフェクト持ち。
 遊真の嘘を見抜く SE ともどこか似ているものがありますね。
 有吾さんから SE を受け継いだ直後、遊真もけっこうそれで苦しんだっぽい描写がありましたし、影浦さんに同病哀れむ的なものがあったみたいです。
 村上さんの言うとおり、これはこの2人、いずれはけっこう仲良くなれちゃうかもしれませんねー。
 ともあれ、そんな2人の対決がさらに楽しみになった今週でした。

 また影浦さん、「好きな女子でもさらわれたか?」の「女子」って言葉選びのあたりに、影浦さんの小学生男子っぽさを感じてしまいました(笑)。
 うむ、ちょっと憎めない人だなーと。

 一方、修のほうは太刀川隊作戦室で唯我と遭遇。
 これは面白いキャラですねー。
 一見金持ちボンボンの嫌なヤツのテンプレートの塊なんですが、太刀川隊唯一無二のお荷物イジラレキャラという、ある意味すごく美味しい立ち位置。
 コミカルで笑えてしまいます。
 しかし、なーんでこんな足手まといが A 級 1 位のチームにいるというのか。
 いくら金持ちキャラでも親のコネとかで入れるほど甘くはないと思いますが。
 それともサイドエフェクトとかで何かの役に立ってたりするんですかね?
 でもだとすると「お荷物くん」っていう出水さんの言葉が違うかな?とも思えますし。
 謎が謎を呼びます。

 まぁしかし、さすが烏丸先輩の見立てだけあって、嵐山さんたちも出水さんもいい師匠っぽいですねー。
 嵐山隊では、しっかりガードを外してポイントを取る方法を教わったみたいですし、出水さんも思ったほどは感覚派の教えベタではなく、しっかり教える手順を考えてくれている様子。
 これは修、爆発的成長とまではいかなくとも、ちゃーんと成長の糧を手に入れられそうじゃないですか。

 あと、国近先輩とゲーム三昧の太刀川隊、まじで楽しそうでうらやましいなー(笑)。
 この漫画はほんと女の子たちが個性的で可愛いですわー。



感想後記

 といったところで今週の感想はここまで。
 冒頭にも書きましたが、明日からは当ブログは、ちょっとした夏休みということにさせていただきます。
 暑い部屋で PC 起動していると、取り返しのつかないことになりかねませんからねー。
 そんなわけで、クーラーの届く来週火曜には復活できると思いますので、それまで皆様、ごきげんよーぅ!



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワールドトリガーの所、風間隊ではなく嵐山隊では?
Posted by 東玲 at 2015年07月22日 12:44
 ご指摘どもーっ。>東玲さん
Posted by BOSS at 2015年07月22日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。