2015年06月22日

週刊少年ジャンプ2015年30号 【ワンピース ギネス認定記念表紙&巻頭カラー号】 感想<前編>

 ワンピース、ついに発行部数でギネス認定って。
 スゲーなーって言うのと同時に、だとするとついこの間まで 1 位だった作品はなんなんだろうとか気になっちゃいますねー。
 あと、並べると地球一周以上とか、積み上げるとか火星の直径にもそろそろ到達とか……、むしろそこまでパルプを消費しても森って消滅しないんだなーと、そっちのほうにもビックリでした(笑)。





 前半の感想は、

・ワンピ
・暗殺教室
・ナルト
・ハイキュー
・カガミガミ
・僕のヒーローアカデミア

 の 6 本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 ONE PIECE

 別エントリーにて。



暗殺教室

 暗殺派と救う派、どちらが勝つのかサバゲー戦。
 カルマくんやイトナくんはともかくとして、スナイパー組が二人とも取られたのが救う派としてはかなり苦しいところですが、そのスナイパーが早々と接近を許して狩られているってのがでかいですねー。
 神崎さん、いったいどんなマジックを使ったのやら。

 いやー、やっぱり面白そうですわーサバゲー戦。
 物語の本当の最後のクライマックスこそ各生徒の総仕上げってことになるのだろうとは思うのですが、その前哨戦として、今回のサバゲー編はそれぞれの生徒の成長っぷりを描いてくれそうで楽しみです。
 まぁ、早々と退場になっちゃった生徒たちは、最後のクライマックスでの活躍に期待かな(笑)。



NARUTO-ナルト-

 いやー、ナルト、立派になっちまってー!
 迷えるサラダを諭すナルトの火影っぷりに、思わずホレボレとしてしまいましたわ。
 これまでの自分の人生を振り返り、一番大切にしてきた思いを一生懸命伝えようとするナルト。
 なんかもう、理想の先達っていう姿になっちゃってるんですよね〜。
 あのナルトが!……ですよ(笑)。
 たくさんの苦難の道を越えてきて、こうやって名実共に立派な火影になれたんだなーと、感動すら覚えるものがありましたわー。



ハイキュー!!

 やー、きましたねー!
 ハイキューにたまにある、特有の、呼吸を忘れて見入っちゃう息詰まるような回。
 しんどくても焦っても、楽するんじゃないと言われても、思わず読んでるこちらが「早く決めてくれー!」って叫びたくなっちゃうような、ギリギリの勝負がずーっと続くターンですわ。
 いやー、面白い!

 さぁしかし、そんなギリギリの均衡をついに破ってくれるのか月島。
 突然冷徹な目でブロックを語りだしてくれましたが、なるほど、100 点に繋がる 75 点ですか。
 観客に目立って評価されるのは日向たちの活躍だったりするけれど、でもそこに繋げているのがリードブロックの 75 点なのだと。
 うーん、渋い。
 まさに月と太陽。
 まぶしく輝く太陽に消されはするけれど、時に夜の道を明るく照らし出す月って感じですわー。

 さぁさぁ、この流れでいよいよ決まるか第 2 セット!
 次号表紙&巻頭カラーに期待は高まります!



【センターカラー】 カガミガミ

 掲載位置がかなり危なくなってきていたカガミガミですが、まさかの逆転センターカラー獲得!
 展開的にも新展開となり、キャラクターも大量投入されて面白くなりそうないい流れが来ています。
 期待しちゃいますよー。

 しかし、一気にキャラが出てきましたねー。
 局長さんは渋くてカッコイイし、副局長はエロイし、若い職員たちもなかなか個性的。
 とりあえずホローラビットの正体は、このエロい副局長さんにスーパー慚鬼丸人形ってことにしときましょうかね(笑)。
 
 あと、マコさんは本当に毎回美味しいところを持っていってくれます。
 恭介くんの背中を押したことは、きっと恭介君の大きな力となったことでしょうし、守る対象を明確に認識できたことで新たな力を得た恭介君とも、まるで共鳴しているような役回りでした。
 そして、なにより最後のオチも申し分なし。
 ほんと、あんたなんでここにおるのだ!(笑)



僕のヒーローアカデミア

 なかなかいい先生っぽいじゃないですかグラントリノ先生。
 オールマイトを悪し様に言ったりとけっこう口は悪いですが、わざとデクを煽っているんでしょうしね。
 オールマイトのことも、デクのことも生徒としてしっかり見守る、なかなかいい先生のようです。

 ちなみに、ここで初めてオールマイトの本名が出てきましたね!
 「俊典」くんって! 日本人だったんですかー!
 てっきり米国人だとばかり思ってましたわー(笑)。

 一方ヴィラン側も意外なドラマが。
 死柄木弔とヒーロー殺しが決闘?という流れですが、ここでの「先生」のセリフが、同時進行しているデクのドラマと綺麗に重なっているんですよねー。
 この「先生」の正体、最初は警察の塚内さんかな?とか思ったのですが、こうなってくると雄英の元教師っていうこともありそうですねー。
 グラントリノ先生の元同期、みたいなこともあったりするかも。



 といったところで前半はここまで。
 続きは後半でー。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。