2015年05月13日

週刊少年ジャンプ2015年24号 感想<後編>

 さーて後編の感想です。

■前編の感想はこちら





 後編の感想は、

・僕のヒーローアカデミア
・トリコ
・カガミガミ
・斉木楠雄のΨ難
・ブリーチ
・【終了】学糾法廷
・【終了】改造人間ロギイ

 の 7 本でお送りいたします。



僕のヒーローアカデミア

 壁を感じてしまったのか、デク、ワンフォーオールの継承を他の生徒に譲ることを考えてしまいましたか。
 謙虚すぎるデクらしい考えですが、でも、そんなデクの背中を押してくれたオールマイトの発言が意外でした。
 ワンフォーオールを継承するまでは、オールマイトも無個性だったとは。
 なるほどー、オールマイトがデクに惚れたのも、そういう自分と似た何かを感じ取ったからというのも大きいのかもしれませんねー。
 無個性からナンバーワンヒーローへ。
 いったいどんなドラマがそこにはあったのか。
 外伝的な感じででも描かれる時があったら嬉しいなぁ。

 一方、トーナメントは着々と進行。
 全身硬化して速攻をしかける切島くんを、圧倒的な尻上がり火力で押し切ってしまうかっちゃん。
 汗をかくほど火力がアップするこの能力と、さらには意外と高い戦いのインテリジェンス。
 かっちゃんってばほんと天に愛されてる感ありますわー。

 そして飯田くん対轟くんは、轟くんが意外な小手先技で勝利。
 しかしこれは、一回クリーンヒットさせていながら轟くんを落としきれていない、飯田くんの破壊力不足も考えられるかもしれませんねー。
 こういう蹴りとしてレシプロバーストを使うのには、もうすこし鍛錬が必要だったりするのかも。

 そんな飯田君のお兄さん、インゲニウムはなんとその頃ヴィランの毒牙にかかっておりましたか。
 いやー、ひさびさに来ましたねー、ヴィラン。
 しばらく青春あふれるスポーツマンシップな体育祭編が続いてきましたが、こういう悪役が出てくると一気に空気が変わりますねー。
 ヴィランが体育祭開場に乱入、生徒達が一丸となって撃退!な熱い流れの始まりでしょうか。
 わくわくです。



トリコ

 地球が調理され続けてきたとな!
 ブルーニトロが言っていた「地球から出た灰汁」っていうのは、例え話でもなんでもなくて、本当に「灰汁」だったりするのかもしれませんねー。
 トリコ最後の究極の料理が、地球そのものだったりして。
 地球規模どころか宇宙規模ななにかが絡んでいるっぽいことは前からほのめかされてはきましたが、いやー、なんかすごいスケールの話になってきました。



カガミガミ

 テレビに出てきたホローラビットがふなっしーを100倍凶悪にした感じの暴れっぷりで笑ってしまいましたが、さくっと素顔の片鱗をのぞかせてきましたねー。
 これは美形な女性って感じ。
 一瞬、恭介くんが転入したクラスの女の子・月輪沙耶かと思ってしまいましたが、いま確認したところ髪の長さがちがいますね。
 実は沙耶のお姉さん、とかいうオチもあるかな?

 しかし、マコさんはほんっと本編に絡まないなー(笑)。
 コスプレされたり美味しいところをぽんぽん持っていくのはいいのですが、以外にストーリー的には不遇な扱いをネタとしたキャラなのかも。



斉木楠雄のΨ難

 恐怖に歪む楠雄の顔というレアなものが見られたことに満足(笑)。
 たしかにクローゼットあけてこんなの出たら怖いわー。
 声だして飛びのく自信あるわ。



BLEACH

 おー!
 グリムジョー・ジャガージャックだけじゃなかった!
 大人状態を維持できるネリエルという、大きな脅威の出現によっ動揺を隠せない織姫にニンマリ止まらず(笑)。

 あ、でもなんかこのネリエル、ちょっとエロスが物たりないかもーって思ったら、わかりました。
 服が、ボロボロじゃないからだ!
 ネリエルの大人状態のエロスは、やっぱあのボロボロの服から出ているものが大きかったんじゃないでしょうかねー!(力説!
 ということで、ネリエルさん、はやく実戦投入して(服が)ボロボロになるのもいとわず戦ってください。
 期待してます!!(真顔



【最終回】 学糾法廷

 ということで、完結編はジャンプ+に公開&単行本でということで、ジャンプ本誌では最終回となりました、学糾法廷。
 小学校を舞台に法廷劇を繰り広げるというインパクトや、論破してやるぜ!な挑発的な主人公でいろいろと話題となりましたが、いかんせん盛り上がる火力に欠けたといったところでしょうか。

 深さ 5 メートルのプールが小学校にあるってどういうことよ、とか、いろいろとツッコミどころが指摘されていたようですが、私としては、もっと対決色を前面に押し出したほうがよかったのではないかなーというところが気になってました。
 勝ったり負けたり、優勢になったり不利になったりのシーソーゲームですね。
 弁護士側と検事側が一歩も引かない手に汗握る闘争や、権謀術数、駆け引きをガンガン繰り広げていたら、もっと盛り上がったんじゃないでしょうか。
 実際のところ、各エピソードの序盤は厳しそうに見える状況でも、主人公アバクが「反撃の証、整ったり!!」と中盤言ってからは、毎回一方的な攻勢で最後までいってしまいます。
 この展開が繰り返されると、読み手としての感触としては漫画全体の印象がアバクの無双を見せられているだけ、という印象が濃くなってしまうのではないでしょうか。
 ちょっと単調かも?と思うのですね。

 法廷劇とバトル漫画とはまったく別物というのもわかりますが、やはり最後の一瞬までは勝敗がわからない、最後の一打で逆転勝利!みたいなものが、もうちょっとあったほうがよかったのではないでしょうか。

 そういった盛り上がり要素としては、もうひとつの弱点として魅力的で強力なライバルや強敵が欠けていた、ということもあるかもしれません。
 勝負を熱くするにはやはり「こいつに勝てるのか?」「こいつに勝たなければ!」とドキドキわくわくさせてくれるライバルは欠かせません。
 そういった意味では、途中登場した判月パパみたいな大人との対決はちょっと緊張感があってよかったです。
 ああいう強敵!な感じのキャラをどんどん出していたほうがよかったのかもと思いました。

 しかし、なんだかんだで結局てんと君が赤鬼だったのか。
 これは真相が気になるなー。



【最終回】 改造人間ロギイ

 ロギイの幼女はかわいくねー!って言う友人に対し、最後のほうで心を取り戻した幼女は表情が明るくなってすっごい美少女化するんだー!って飲み屋で力説してたんですよ、私!(笑)
 ああもう、三木先生ずっと考えてたこと、最後の最後で滑り込みで挟み込んだって感じですねー。
 本当だったらもっとド感動なエピソード用意してたんだろうなー。
 うーん、惜しい!

 ともあれ最終回。
 もうちょっとこれは長い目で追いかけていったら面白くなりそうな題材なんじゃないだろうかと思っていたのですが、いかんせんスカッとキリよく盛り上げることがあまりなかったのが祟ったでしょうか。
 ロギイさんの過去や秘密をほのめかすだけでいろいろとボカし続けたり、悪人もボコるだけで根本的な解決をするわけじゃなかったり。
 アウトロー対アウトローのアングラバトルがテーマな、いくぶんハードボイルド寄りの世界観なわけですから、スカッとするのはあえて避けていたのではないかとは思うのですが。
 そういうところがキレの悪さとして、多くの読者の目にはうつったかもしれません。
 うーん、難しいものだなぁ。

 それにしてもあっという間だったなー。
 正直、打ち切られるにしてももう数話はあるだろうと思ってたので、今週号での打ち切りはちょっと驚きでした。



********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。