2015年04月08日

週刊少年ジャンプ2015年19号 感想<後編>

 後編であります。

■前編の感想はこちら





 後編の感想は、

・暗殺教室
・火ノ丸相撲
・トリコ
・ブリーチ
・【読切】究極球舞
・改造人間ロギイ
・こち亀
・卓上のアゲハ

 の 8 本でお送りいたします。



暗殺教室

 殺せんせーの人間時の姿がついに判明。
 やー、殺せんせー、意外とイケメンだったんですねー!
 現在とのギャップにオオッとなってしまいましたが、ギャップが大きいのはなにも外見だけじゃなくて、むしろ今週は内面のほうのギャップに驚かされるものがありました。
 殺しのために自らを純粋に作り上げたような、まさに死神といったかんじの才覚とマインド。
 今のスキだらけで、テンパりやすく、急激な状況の変化には対応できなかったりする、ある意味で非常に人間らしい弱さ満載の殺せんせーとは、まったくの正反対という印象です。
 この人間時の姿のほうが、実は非人間的な殺しのロボットだった、というような印象すらありますわー。

 もちろん今週ちょこっと描かれただけで、すべてを判断するのは早計ってものですけどねー。
 ただ、今週示された印象からすると、殺せんせーは実験によって人間の姿を失うものの、何かをキッカケに非常に人間的な心を手に入れた、というドラマがこれから描かれるのかもしれませんねー。

 しかし、以前出てきたあの死神が、幼少時に見てあこがれた殺し屋こそが殺せんせー本人だったとは。
 なかなか大胆な仕掛けでしたねー。



火ノ丸相撲

 いやー、ものすごい開花を見させてもらいましたわー。
 修行編の新技習得パートで、ここまでに熱くなれる作品はなかなかお目にかかれないような気がします。
 今回相手になってくれた冴ノ山関の、幕内力士としての段違いの強さもさることながら、現実の厳しさをまず強烈にバーンとぶっつけられて。
 そこからの最後のひと勝負で見せた、火ノ丸の大成長。
 このカタルシスったらないですねー。
 おおいに魅入ってしまいましたわ。

 冴ノ山関はこの瞬間、いったい何を見たのか。
 火ノ丸が本能で編み出したっぽい新技は、いったいどういうものなのか。
 これからの火ノ丸に期待は膨らむ一方ですわー。



トリコ

 月曜の朝、ちょっとわたくしお腹の調子が悪かったんですが、電車に乗ってると急激にキューッと腹痛がきましてね、できるだけ便意から意識をそらすためにジャンプを読んでいたのですが……。
 いやー、酷い目にあいました!
 一気に内圧レベルが上昇しちゃいまして、めっちゃ脂汗かきながら焦りましたわー(笑)。
 トリコ、ちょっともう最近、シモネタ多すぎ!(わたしもか!w)



BLEACH

 愛染さん、やっぱこの人の風格は別格だなー。
 ルキアの昇格におめでとうだなんて言ってみたり、椅子に縛られたままで黒棺をぶっぱなして、あわよくば椅子もぶっ壊そうとしてみたり、さらには霊王宮を撃ち落そうとか!(笑)
 あまりにも行動が自由人。
 見てていっそ、痛快にすら思えてくるくらいです。
 うーん、やっぱこのひとがでてくると話が一気に引き締まった感じがしますわ。



【読切】 究極球舞

 ぬら孫の椎橋寛先生が、今度は念願のサッカー漫画。
 椎橋先生といえば、毎週のように巻末コメントでサッカーのことばっかり書いてた先生ですからねー。
 そのサッカー愛はあふれんばかりだったわけですが、今回はいよいよそのサッカーを描かせてもらえるってことで、とにかく楽しんで自由自在に描いているっていう感じがひしひしと伝わってきました。
 おかげででしょうか、かなりエネルギッシュな読切だったと思います。

 しかし、私はどうもそれほどサッカーというか、今回のグランドムーブ? ですか? そういうのにあんまり詳しくはないもので、ひとつひとつのプレイが、実はあまりよくわからなかったという面もあったかもしれません。
 最初のスウィーピンという技のシーンも、実際どういう動きなのかよくわかんなかったりしましたし。
 今回は読切ということで、ひとつひとつの技の描写にさけるコマ数に制限もあったとは思うのですが、今後はそういう面をよりわかりやすくしていくといいんじゃないかなーと感じました。

 椎橋先生のこれまでの作品は、アクションの「動きそのもの」よりも、アクションをしているキャラクターの「イメージ」「かっこよさ」が前面にでてくるのが良さだったと思うんですよね。
 ただサッカー漫画の場合は、そこのところにちょっとした方針転換が求められる可能性があるんじゃないかなーと、そういうふうに感じました。

 ともあれ、ほんと椎橋先生の描く女の子ってのは独特のかわいさがありますなー。
 やまとなでしこって言いますか、黒髪がじつにえろい!



改造人間ロギイ

 女だったのか!
 しかしこの作品、過去話をおしげもなくポンポン出してきてますが、もう早くも打切り決定ということだったりするんでしょうかねー。
 たしかに掲載位置はちょいと危ないゾーンにさしかかってきてますが。
 これからキャラが揃ってきて、味が出てきて面白くなってくる作品だと思いますし、頑張って欲しいところであります。



こちら葛飾区亀有公園前派出所

 最後、ヒーローランドじゃなくなっとるー!!(笑)



Ultra Battle Satellite

 おー、かっこええな、このオッサン!
 言ってしまえば単にマッスルがすごいってだけのハズなのに、とにかくなぜか渋くてカッコイイ。
 スイーツ好きのコミカルさも生きてますが、ひとつひとつの技を真正面から受けきるプロレス精神っていうことなんでしょうかねー。
 相手の技がキレているほど、このオッサンの鋼のような強靭さがピカリと引き立ちます。
 そんなマッスルに、いったいどうやって立ち向かうのか。
 掲載位置はヤバイことになってますが、なかなか熱くもりあがってますよー。



卓上のアゲハ

 宮地さん、それでいいのか! アンタは本当にそれでいいのか!?(笑)
 可愛い子の肩を抱きながらスマッシュ!って、絵的にはかっこいいけどさ!!
 やー、別に私にはそういう趣味はないんですが、今週は妙に面白い絵面でありました(笑)。
 卓上のアゲハ、どんどんマニアックな方面に攻めて行ってるなー。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。