2015年01月26日

週刊少年ジャンプ2015年09号 【読切『天杖のアルワンド』掲載<ハイファイクラスタ終了>号】 感想<前編>

 おー、ハイキューがテレビアニメ総集編として劇場化ですかー。
 たしかにあれはなかなかの映像でしたから、劇場スクリーンに耐えるかもしれませんねー。
 ハイキューはほんとアニメスタッフに恵まれたなー。





 前半の感想は、

・ハイキュー
・僕のヒーローアカデミア
・ワンピ
・暗殺教室
・食戟のソーマ
・ワールドトリガー

 の 6 本でお送りいたします。



【巻頭カラー】 ハイキュー!!

 最近日向のスパイクがぜんぜん決まってない気がするなーって思ってたら、そう来ましたか!
 日向が間違ってネットギリギリまで飛んでしまったことから生まれた、打ち下ろしスパイク。
 日向のスパイクを直接ブロックすることを避け、コース制限戦術をとってきた青城の、まさに盲点を突くような新技じゃないですか。

 これ、ボールはほぼネットの上なわけですから、青城としてはブロックにさえ飛べば簡単に防げるわけです。
 でも、ブロックが飛んたら、影山はわざわざ日向には上げないわけですからね。
 また、ブロックが正面に来るようなら、それはこれまで通りのマイナステンポの成功率が上がるということも意味するわけで。
 そういういくつもの攻撃で選択を迫っていける、かなーりいい武器なんじゃないですかね、これ!



僕のヒーローアカデミア

 今週は一話じっくり使っての騎馬戦組み分け回。
 飯田君の挑戦状とか、だんだんいいコンビになってきたっぽいかっちゃんと切島くんとか、ついにベールを脱ぎそうな B 組の不穏な気配とか、ちょっとしたドラマの始まりを予感させてくれるパーツがいっぱいちりばめられていましたねー。
 ワクワクです。

 障子くん峰田ちゃんのチームもなかなか面白そう。
 体の小さい峰田ちゃんを旗手として、障子くんの触手で完全ガードしちゃおうっていう作戦ですかね。
 意外とこの戦いのダークホースになるかもしれません。

 また、轟くんのチームはやっぱり強敵。
 機動力の飯田君に、万能の八百万さん、そして電撃攻撃の上鳴くん。
 このクラスのエースをそろえてきたって感じじゃないですかー。
 なかなか容赦ない人選です。

 しかし、われらがデクもなかなか面白そうなチームをそろえました。
 いざとなったらデクを浮かせてしまえるお茶子ちゃんに、例の発明少女・発目明(はつめ めい)。
 この発目さんのベイビーこと発明品は、こういうのを使わせたらデクは非常に上手い戦法を思いつくってことは、前回の障害物競走などで実証済みですからねー。
 なかなか相性がいいんじゃないでしょうか。

 そしてこの 3 人に加えて最後にチームに入ったのが、意外なことに常闇くん。
 これまであまり目立った活躍のなかった常闇くんですが、ここで一気に作品のスターダムを駆け上がるっていうスンポーなんですかねー。
 考えてみれば、今や押しも押されもせぬ人気キャラとなってる梅雨ちゃんも、ヴィラン襲撃編でデビューしたようなものでしたからね。
 常闇くんの魅力に注目していきたいところです。

 しかし、さりげなーくお茶子ちゃんの嫉妬フラグが立てられましたかね?(笑)
 単に発目さんにスルーされて寂しい思いをしただけかもしれませんが、ちょこっとだけ気になる描写でありました。
 これまでは、麗らか過ぎるお茶子ちゃんをデクが一方的に意識するだけって感じでしたが、ここからはそういうラブコメ方面も始まってくるんですかね?
 個人的に、そっちも期待しちゃいます。



ONE PIECE

 別エントリーにて。



暗殺教室

 殺せんせー最大のピンチ……かと思いきや、終わってみればなんてことはない、殺せんせーならそりゃー解けて当たり前じゃんっていう納得の勝負でありました。
 いやー、気持ちいい。
 ついに殺せんせー、理事長に完全勝利ってところでしょうか。
 まだ終わったとは決まっていませんけどね。

 しかし、理事長は理事長で、ほんっと最後までブレませんねー。
 教育方針や理念が、そのまま暗殺方法にまで一貫していたり。
 暗殺で得た賞金の利用方法もやっぱり教育だったり。
 どこまでこの人は教育の鬼なんでしょう。
 そのへんの、鬼が生まれた誕生秘話が、次あたり語られそうな感じになってきました。
 この人も、元はやさしい普通の先生だったんでしょうか。

 そしてまた、ここまで鬼になっちゃったらそうそう簡単には改心したりすることはなさそうに思うんですが。
 はたして、殺せんせーの影響でいいほうに転がったりするんでしょうかね。



食戟のソーマ

 おー、優勝は葉山アキラでしたか!
 ソーマ、まさかの敗北でありました。
 火ノ丸相撲や銀魂もそうでしたが、最近は主人公サイドの敗北が続きますねー。
 まぁしかし、ソーマの良さは諦めないことだということですからね。
 これは挫折ではなく、大きな成長のための大事なステップになってくれるであろうことは疑いありません。
 ガンガン勝って行く漫画も面白いですが、こうやって一度は敗北の味を知るからこそ、その後の勝利の痛快さが増すっていう漫画もあるわけですからねー。
 今は己の技をさらに磨き上げ、次なる戦いにそなえていって欲しいものです。

 しかし、ほんと最近ジャンプって敗北続きだなー。
 なぜか昔からジャンプって、不思議なリンクをするものなんですよね〜。
 次負けるのはどの作品かなーとか、ちょっと思ってしまいましたわ(笑)。



ワールドトリガー

 盛り上がる B 級ランク戦。
 ハイレベルな遊真と荒船さんの接近戦ももちろん面白かったのですが、今週は笹森くんの方面も熱かった。
 荒船隊の残るもうひとり、穂刈さんの挑発に乗せられるのかと思いきや、淡々と己の役割をやるだけですって感じの笹森くん。
 以前の彼ならかんたんに挑発にのせられたのかもしれませんが、あの大規模侵攻編が、彼をいろんな意味で強く成長させたんですねー。
 ちょっとこれは嬉しい場面でした。
 風間さんに叱られたり、最後は褒めてもらったり、大規模侵攻編のなかでもあれはけっこう気に入っているドラマなんですよー。

 また、笹森くんに対する穂刈さんも実に渋い。
 冷静に状況を分析し、自分が死んだと判断したらすばやくスナイパーとしての職務だけはまっとうする。
 この職人根性、めちゃくちゃ光ってますわー。
 大規模侵攻編ではあまり目立った活躍のなかった荒船隊ですが、次の実戦ではおおいに期待できそうですね。

 そして、最後は笹森くんが遊真をがっちり羽交い絞めしてからの、諏訪さんのショットガンが迫る!という遊真大ピンチ。
 やっぱりやりますなー、諏訪隊は。
 あのエネドラさんを追い詰めただけはあります。

 でもこれ、屋根の上っていうことは、千佳ちゃん砲のいい的なのではないでしょうかね?
 来週、きれいに消し炭になる諏訪さんに期待しておきましょうか。
 ああでも、諏訪さんの場合、千佳ちゃんを引きずりだすための釣りっていうこともあるのかなー。
 うーん、どうなるんだろー。



 といったところで前半はここまで。
 続きは後編にて。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。