2014年10月10日

【動画】中世西洋の甲冑騎士は意外と俊敏だった!仏美術館が実際に着てデモンストレーション

 中世ヨーロッパ的世界観のファンタジー RPG などに、よく出てくる重〜い鎧、フルプレートアーマー。
 防御力こそ最強クラスですが、同時にとっても動きにくいものとして設定されてたりしますよね。
 あまりに重すぎて転んだら一人では立ち上がれないだとか、鉄板をガチガチに重ねてるので、関節はほとんど曲がらないだとか、いろいろと言われているのを聞いたことがありますが、ところがどっこい、コレを見るとそんなことはなかったのだ!と目からスケイルアーマーなのであります。

Le combat en armure au XVe siècle




 こちらは、フランスの国立クリュニー中世美術館が紹介している映像で、15世紀ごろの鎧を再現したものだそうです。

 いやー、めちゃくちゃ身軽ですね!
 これは驚きました。
 寝転がった状態から簡単に起き上がっちゃってますし、ラジオ体操だってお手の物。
 冒頭の、剣を叩き付けるデモンストレーションで防御力はホンモノですし、その上でこの運動性だったら文句なしではないですか。
 かなりの優れのもの鎧だったんですねー。

 ただしかし、その分「フルプレート(全身鎧)」とはさすがにいかないわけで、股関節や脇の下など、けっこう隙間はある様子。
 そういったところを狙って突き刺すことが、定番の戦法になってたみたいですねー。
 なるほどなるほど、剣の刀身を握って、棒術みたいにして戦うのかー。
 うーん、面白い。

 実際の中世ヨーロッパでは、今時のよくあるファンタジー作品とはぜんぜん違う戦場風景が繰り広げられていたのかもしれませんね。
 まぁでも、ファンタジーはファンタジーとして、あれはあれでいいんだと思いますよ。
 ズバーッてやったらフルプレートが斬れちゃうぐらいのほうが、派手でカッコいいですもんね(笑)。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
ラベル:中世 YouTube 動画
posted by BOSS at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。