2014年09月16日

週刊少年ジャンプ2014年42号 感想<後編>

 ではでは後半戦ー。

■前編の感想はこちら





 後編の感想は、

・ナルト
・火ノ丸相撲
・トリコ
・ワールドトリガー
・銀魂
・【読切】拝啓 運命の人
・磯部磯兵衛

 の 7 本でお送りいたします。




NARUTO-ナルト-

 おー、ついにこの時が来ましたか。
 戦いがすべて終わったものの、無限月読がまだ解けていないこの時を選び、サスケ反逆に立ち上がる。
 望むのは、破壊の後の創造。
 闇を抱えぬ里を目指した、革命をねらっているようです。
 うーむ、言いたいことはわかるけど、そのために五影を処刑するってのがいただけない。
 それじゃあついてこれる人も少ないでしょうし、革命後にも血の匂いは消せないでしょうから、ずっと闇を抱えたままの里になっちゃいそうなんですけどね。
 サスケには、具体的にどんな里を作りたいのか、明確なビジョンはあるんでしょうか。

 とまぁそれはさておき、そんな革命家となったサスケとの、ついにきました一騎打ち。
 念願のこの時が、ついにやってきたってことですねー。
 さー、今となってはどちらが強いのか。
 ハイパーインフレ後のこの今ですから、そのへんはてんでわからなくなっているわけですが。
 いったいどんな戦いになるのか、非常に楽しみです。
 いよいよ、正真正銘のフィナーレ感が出てきましたね。



火ノ丸相撲

 おおー!國崎チヒロ、そのまま入部しちゃうんかーい!(笑)
 いきなりケータイでマワシを購入って、なんてストレートすぎる行動力。
 この竹を割ったような性格、なかなか面白いヤツじゃないですかー。

 一方、なんだかんだとつかかってきていたのが、佑真の「妹」であることが判明。
 まさかのお兄ちゃんっ子!
 てっきり姉だとばかり思ってたので、この変貌っぷりにはおおいにズコーッとさせられてしまいました(笑)。
 いいじゃないですか、普通いわれる妹キャラとは一風変わったワガママスケバン風。
 この子がヒロインだとしたら、ここからどんなふうに変わっていくのかも楽しみです。

 そしてさくっと 5 人目も登場。
 4 人目がレスリング王者と、この上もなく頼もしい仲間が入ってきたなーと安心していた矢先、これはまたなんとも頼りない(笑)。
 こう見えて実はすごい才能を持っている、とかだったらいいのですが……。



トリコ

 物語もここまできて、ようやっとグルメ細胞の注入のしかたが説明されましたねー。
 ひとつは「摂食注入」。
 もうひとつは「直接注入」。
 小松が最近グルメ細胞に目覚めつつあるっぽいのは、この前者のほうが原因ですかね?
 グルメ細胞をふくんだすぐれた食材をいっぱい食べてるでしょうからね。
 それによってゆっくりゆっくりと、小松の中でグルメ細胞の怪物が成長してきていたのかもしれませんね。

 そして、「直接注入」のほうはデメリットとしては、化け物化してしまうことがあるとのこと。
 人間離れした外見の美食會の連中が、まさにこれなんでしょうねー。

 そんなこんな言っているところで、事態急変!
 鉄平っぽい男が突然現れ、小松の心臓をえぐりだしてグシャッ。

「しばらくおとなしく…

 寝ていた方がいい…」


 おとなしく…どころじゃない騒ぎですが、いったいこれはどういうことーッ!
 唐突展開に目が白黒です。



ワールドトリガー

 おー、ここで家の中を突破しますか!
 視線を切りつつ、物理的なものには作用できないアレクトールの弱点も突いてて、急場しのぎの作戦ながら上出来じゃないですか。
 さすがレプリカ先生、頭が切れますねー。
 このレプリカ先生も、本当はもともとちゃんとした人間だったんじゃないかなーなんて思ってしまいます。
 そのうちそういう話、やらないかな。

 しかしそれでもまわりこんでくる大ボスコンビ。
 ラスボスふたりが新兵を追いかけてくるって、もう無理ゲー感、絶望感がハンパない(笑)。
 頼りのレプリカ先生の子機も破壊され、ゲートにも回りこまれ、ハイレインにも迫られてまさに万事休す!

 と、ここで、ついにやってきました「重くなる弾の人」!!
 ……ゴメン、ちょっと名前忘れた!(笑)
 そうだ、三輪先輩だった!
 正直、事ここに至って三輪先輩が登場したからって、ほっと安心できるような状況でもないですし、迅さんたちに比べたら実力もそこまでとは思えないわけですし。
 なので、ヤッター!三輪先輩だ助かったー!とまではならないわけですが。
 でも、あの迅さんが予知をして、あえてこの三輪先輩に修たちの運命を託したわけですからねー。
 きっと何かが起こるはずと、そう願わずにいれません。
 一体ここから何が起こるのか、興味津々でございます。

 それにしても三輪先輩、そこで蹴りとは(笑)。



銀魂

 今明かされる、将軍茂々とお庭番衆、絆のものがたり。
 あー、将軍と、あの替え玉になった影の間にも、こんなしっかりとした絆があったんですなー。
 だからこそ、ああやって自分の命も喜んで捧げられたのでしょうね。
 うーむ、ええ話やー。



【読切】 拝啓 運命の人

 冨樫先生の病状が回復されるまでの代原読切企画(?)、仙洞田寛先生のギャク読切。
 いやー、表現がダイナミック!
 すれ違いに肩が触れた女の子が、ギャーッと走ってきてムチャな体勢で告った場面。
 ここで一気に持っていかれました(笑)。
 すばらしいぶっ飛び方ですねー。
 読切ってのはこのくらいブチ抜けたパワーがないと、読み手をアッと言わせることはできませんね。

 そこから始まる主人公のモノローグもなかなか面白い。
 ちょっと純真な斎木楠雄みたいな感じですが、素直にこの相手の女の子の事が気になってしょうがない。
 最後までこの女の子の正体がわからなかったのもいいじゃないですか。
 無難なオチをつけるより、このほうが妙に気になって心に残ります(笑)。

 正直いろんなところに荒っぽさもあり、このネタに広がりがあるかと言えばそうでもないかもしれないのですが、これはもしかすると才能ある作家先生の登場かもしれないぞと思わせてくれるものがありました。



磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜

 まさかのセンターカラーでマサムネ編クライマックス。
 って、なんだその破壊力!!
 がりがりがりーってなってからの、ページをめくっての大爆発には、思わず声をだして笑ってしまいましたわ。
 仲間先生、なにげにこういう演出が上手いんですよねー(笑)。
 一度ふふっと笑わせて力を抜いてからの、どかーんっていう絶妙の間ですね。

 

感想後記

 ここ三週にわたって、巻末に載せられている謎の見開き広告ですが、どうやら新創刊の雑誌が始まるっぽい雰囲気ですねー。
 私としては、最初に荒木先生の絵がドーンとでてきたところで、すわ荒木先生の新連載か?それとも連載雑誌移籍か?となったわけですが、今週はルフィと悟空がでてきているわけですからそれともちょっと違いそう。
 ここまで気になる広告をだすというのも珍しいなーと思うのですが、悔しいことに見事に気になっちゃってます(笑)。
 うーむ、見事な広告効果だわ。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。