2014年09月14日

週刊少年ジャンプ2014年42号 【新連載『ハイファイクラスタ』開幕&読切『拝啓 運命の人』掲載号】 感想<前編>

 すいません、今週が土曜発売ジャンプだというのをすっかり忘れて遊びほうけていた BOSS です。
 取り急ぎとっとと感想スタートいたしまーす。





 前半の感想は、

・【新連載】ハイファイクラスタ
・暗殺教室
・ワンピ
・ジュウドウズ
・僕のヒーローアカデミア
・食戟のソーマ
・ハイキュー

 の 7 本でお送りいたします。



【新連載】 ハイファイクラスタ

 2 本の読切を経て、後藤逸平先生のハイファイクラスタがついに新連載スタート。
 今回は、2 本目の読切をほぼそのままなぞるような形でしたねー。
 感想もほぼ前回のママイキって感じなのですが、悪役を本職ヤクザから町のチンピラ風に格下げしたことで、前回わたしが感じた悪役のチクハグさは若干うすれた気がいたしました。
 まぁそれでも、なんでぺーた君みたいな頼りない子に、大事な取引の運び屋を任せるんだよって言う謎は残ったままですが。
 ただそのへんは、むしろ重要な伏線が隠されてたりするのかもしれないなーと思えてきましたわ。

 あと、大昔の偉人の才能とはいいつつも、これはあくまでホンモノではない想像の産物ですよね。
 なので、ありがたみはそれほどでもないよなーっていうのが前回の感想だったわけですが、もしかするとこれは実は本当のホンモノだったりするのかもしれないなーと。
 過去の偉人たちに直接接触するタイムマシン的なものがあるか、もしくは、時間をさかのぼって人の才能だけダウンロードする超システムがあるとか。
 今はまだ説明されないけど、そういう大掛かりなバックボーンが用意されてるんじゃないかなーと思えてきましたねー。
 このあたりの基本設定が読切版とまったく改変がないってことは、なにか重要な秘密が隠されてるんじゃないかと思えてきました。

 展開もセリフも骨子は読切版通り。
 新鮮味はあまり感じられなかったもので、物語の感想というよりは重箱の隅をつつくような読み方になってしまいましたが、新人さんらしい初々しさにあふれる新連載です。
 第二話からは、どんな新鮮なストーリーが始まるのか期待しております。



暗殺教室

 今回は、キャラクター人気投票の結果発表回。
 殺せんせー、3 位でしたか!
 カルマくんが 1 位というのも私的にはかなり意外だったのですが、それはそれとして男性票と女性票の内訳を公開しているのが面白いですねー。
 殺せんせーは男女ともにバランスのとれた人気だけど、カルマくんは圧倒的女性票だったり。
 ビッチ先生はどちらかとういうと男性票だけど、女性からもちゃんと票が入ってたり。
 こういうの、集計は面倒でしょうけど、他の漫画の投票でも実施してくれたら楽しそうだなー。

 さて本編ですが、倉橋さん、まるで詩のようないいことを言う。

「大人になる途中で…

 大人のカケラをいくつか拾い忘れたんだよ」


 この絵もまた、なにかを感じざるを得ないなにかがありますわー。
 ビッチ先生、だいぶコミカルに描かれてる人ですが、そう言えばそういうツライ過去の持ち主だったんですよね。

 そんなビッチ先生を助けつつ、おおお、烏丸先生すごいことを言っちゃいました!

「さっさと出てこい

 重いもんは背負ってやる」


 なんですかこれ!(笑)
 プロポーズですか!!

 さぁさぁ、いよいよ逆転のターンがまわってきたようですねー。
 あの死神をどうやってやっつけるのか、楽しみです。



ONE PIECE

 別エントリーにて。
 明日アップ予定。



【センターカラー】 ジュウドウズ

 なんだこの村、おもしろそー!
 夜八時を過ぎるとはじまるジュウドウズ。
 夜道で出会ったサラリーマンと農家の男性が、おもむろに戦闘態勢に入るこの奇妙空間。
 いいですねー。
 このふたりとか、ただのおっちゃんに見えてとんでもなく強いんだろうなーと、ギャップを期待させてくれちゃいます。

 普通、バトル漫画というと、地方で始まり、全国へいき、そこから世界へと、どんどん広いほうへと羽ばたいていくものですが、この漫画は方向性が真逆。
 内へ内へとこもっていく、とてもカルトな世界なんですが、そこに地下格闘技のような魅力があるんですねー。
 うーん、これは魅力的な設定だわー。
 そこでどんな戦いが繰り広げられていくのか、どんな化け物たちが登場してくれるのか、楽しみになってまいりました。



僕のヒーローアカデミア

 上下にわかれたお茶子ちゃんとデクが、位置を確認しあってたのはこういうことでしたかー。
 バラバラだった悪役チームに対して、ヒーローチームは見事な連携。
 あくまでデクとの対決に固執してたかっちゃんに対して、デクは作戦のために能力を使ったんですねー。
 いやー、綺麗な勝負でした。

 しかしそのなかでも、今回はかっちゃんの才能がしっかりと示されたのはよかったですねー。
 ただのいじめっ子で終わる子じゃないですよ。
 バカキャラじゃない、ちゃんと冷静な部分もありますし。
 なにより能力の使い方がべらぼうに上手い。
 正しい道をゆけば、すごい光りそうな子だぞと、そう思わせてくれるものがありました。
 うーん、かっちゃんのことも、オールマイトがしっかり導いてくれたらいいなぁ。



食戟のソーマ

 ほっほー。
 新聞部の子は、スパイじゃないかという疑いがどうしてもぬぐいきれなかったのですが、なるほど、こういうことでしたかー。
 記者を目指す者が情報リークの警戒を甘くしていてはたしかにいかんですねー(笑)。
 それにしても、自分が作業している机の下に隠れているって、この絵怖すぎですって!!



ハイキュー!!

 ほんと、ハイキューはハート面を丁寧に描きますなー。
 青城と伊達工の試合を見て気圧され、帰ってきた大地さんを見て「安心してしまった」縁下さん。
 これは悔しいなー。
 自分で敗北を認めちゃったようなものですからねー。
 せっかく試合であんなにがんばったのに、それを自分で否定しちゃたようなものですもの。
 最高に悔しい敗北感でしょうて。

 でも、そこでウジウジしたりしないんだから大したもの。
 気合を入れて「便所行ってくる」の山口君もそうですが、この彼らの前向きさ、ひたむきさは、本当に見ていて胸にぐっとくるものがありますわ。
 絶対応援したくなりますってね。
 彼らに次、いったいいつ出番がまわってくるかはわかりませんが、次はもっともっと活躍して欲しいものですねー。



 といったところで前半はここまで。
 続きは後編にて。




********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ本日 アニメ最終回
でも 終りあるいう事は初まり(W.T)もある …とはいえ
時間帯が…
Posted by 某県人 at 2014年09月21日 10:49
 ハイキューの話ですよね?
 見終わりましたが、漫画本編のよさをよく反映して、ほんとハートに来るいいアニメ版でありました。
 第二期もぜひ!
Posted by BOSS at 2014年09月22日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。