2014年09月09日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第759話 “秘策”

 週刊少年ジャンプ 2014 年 41 号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■解けた魔法
■生まれ持った“性”
■ゴムゴムのオペオペ!



■解けた魔法

 再びシュガーが気絶したことで、オモチャの兵士たちも一斉にオモチャ化が解除。
 ほほー、あの不死身っぽいデカオモチャたちは、ドフラファミリー下級兵士たちの 8 体合体だったんですねー。
 不死身っぽく見えたのは、運よく兵士の継ぎ目が斬られていたからってことなんでしょうか。

 それにしても、部下を大切にしないあたり、ドフラたちの悪辣さが分かりやすい。
 幹部同士の結束は固く、仲間を大切にするっていうところはあるのですが、それはあくまで幹部同士だけの話みたいですねー。



■生まれ持った“性”

 そして場面はルフィたちの、決戦の舞台へ。
 おっとそうでした、そういえばベラミーが乗り込んできていたのでありました。
 当然、ボコボコにされていたベラミー。
 ベラミーのケジメのつけかたというのは、こういう「殺されに来た」ということなのでしょうか。
 ベラミーをいたぶるように、演説をはじめるドフラミンゴ。

「勝手におれを慕い……

 思い通りに事が運ばねェとヤケを起こす

 ――人は生まれ持った“性”を変えられない!!」


 これ、一見たんにベラミーのことを言っているようでいて、じつはドフラ、誰か別の人のことをかけて言ってたりすることはないですかね?

 昔、アラバスタ編でクロコダイルがルフィと戦った時、ルフィを罵るように「イキのいいルーキーなんざごまんといる!」みたいなことを言っていました。
 イキのいいことを言うルーキーなんていうのは掃いて捨てるほどいて、そんなヤツらは遠からず痛い目を見て敗走する、というようなことですね。
 あれは、クロコダイルは実は、昔の自分のことを言っていたのではないかという気が私はするのです。
 ルフィを見ていると、昔のイキがってた頃の自分を見るようで、虫唾が走る。そういう気持ちがクロコダイルのどこかにあり、よけいにルフィがムカついたのではないですかね。
 世間の広さを教えてやるぜっていう、そういう気持ち。
 昔自分が屈辱を味わい、屈折して今の自分になったように、同じようにイキがっている若いやつをみつけたら、ボッコボコにしてやりたくなる気持ち。
 そういう屈折したものが、あの時のクロコダイルにはどこかで働いていたのではないでしょうか。

 そして、それと同じような心理が、今このドフラにも働いているんじゃないかなーという気がするんですよねー。
 今こうやって話しているベラミーをいたぶる言葉は、どこかにドフラの昔の思いがこめられているのではないでしょうか。
 変わろうとして、結局変わらなかったという、何か重い鎖みたいな記憶が、ドフラにはあったりするんじゃないですかねー。
 まだまだ過去編が語られていないのでまったくわからないことだらけではあるのですが、なんとなくそんな風に思えました。

 悪役でも、そいつの生い立ちとか、歩んできた人生とか、そういうちょっとした深みを想像させてくれてくれるのもまた、ワンピのひとつの魅力だと思うんですよねー。



■ゴムゴムのオペオペ!

 そして始まる最終決戦。
 ローには糸でできたニセドフラ“影騎糸(ブラックナイト)”。←名前かっこいい!w
 ルフィには糸で操られたベラミーが。
 事ここに至っても、まだ自分では戦おうとしないドフラミンゴ、こしゃくなヤツです。

 操られているベラミーは、殴って気絶させれば止まるということですが、先ほどは顔面に一発いいケリをいれてしまいましたし、これ以上ダメージを与えたらドフラの言うとおり「あの世行き」ってことにもなりかねません。
 これにはさすがにカチンときたルフィ。
 どうやらローとふたりで事前に練っていたらしき“秘策”をいきなりブチかますことに。

 ローめがけて攻撃をしかけるルフィ。
 こうなってしまったら、“秘策”を発動しなければ自分が攻撃されてしまうローとしては、納得してないながらも“秘策”を発動。ルフィ酷い(笑)。
 シャンブルズで自分とドフラを入れ替え、それにより、見事にルフィの“火拳銃(レッドホーク)”がドフラのどてっ腹を貫き通します!!
 うっはー! これは気持ちいいーーー!!
 さらに、ドフラと入れ替わったローがトレーボルに不意打ちを決め、“ラジオナイフ”でバラバラにこれを切り刻む!!
 いっやーー!見事に決めてくれました!!
 先週、このふたりの合体技が見てみたいと言った私でしたが、ここまで綺麗にかっこよく決めてもらえるとは夢にも思っていませんでした。
 これはもー大満足!

 また、技を炸裂させた後のふたりがいいですね!

「麦わら屋ァ!!!

 「最悪」だお前は!!」

「お前もその「世代」だ!!!」


 なんだこらチクショー!
 かっこいーぞ、コノヤロー!!!(笑)
 悪態をつきながらも息ぴったりのこの二人。
 たまらないものがありますねー。
 一時的な同盟関係で始まったこのふたりのコンビでありますが、ずっとこのまま“仲間”だったらいいなと切に願ってしまいます。
 いやー、それにしてもかっこいいわー。
 なんかもー、にやにや笑いが止まらなくなってしまいました(笑)。

 というわけで、実に痛快無比だった今週。
 先週の、ウソップの超長距離狙撃の痛烈さもさめやらない今週でしたが、いまいちどベラミーをいたぶることで読者のストレスを溜めさせ、そこからキメるルフィとローの秘策の一撃。
 見事な構成で、面白いくらい気持ちよくさせてもらっちゃいましたわー。

 まぁしかし、勝負はまだまだこれからでしょうね!
 ドフラも化け物級にタフでしょうし、トレーボルだって粘液ですからまだまだ戦闘不能ということはありますまい。
 ここからいったい、どんな戦いが始まるのか。
 楽しみ楽しみ!



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!
posted by BOSS at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。