2014年08月13日

週刊少年ジャンプ2014年37・38合併号 感想<後編>

 ということで後編です。

■前編の感想はこちら





 後編の感想は、

・【読切】恋談2連弾
・斉木楠雄のΨ難
・銀魂
・ワールドトリガー
・こち亀
・イリーガルレア
・ブリーチ
・H×H

 の 8 本でお送りいたします。



【読切】 西尾維新原作・恋談2連弾

 ということで、西尾維新先生×『スモーキーB.B.』河田悠冶先生描く『ある朝起きたら』と、西尾維新先生×『ST&RS -スターズ-』ミヨカワ将先生描く『返信願望』の、純愛系読切二本立て企画。
 不勉強なことにわたくし、西尾維新先生の作品はめだかボックスしか読んだことがなかったもので、てっきりかなり奇をてらった邪道で王道な知恵比べ的恋愛モノが来るのかと思っていたんですが(どんなんだw)、こういう作風もあるんですねー。
 一本目は、男女精神入れ替わりモノで、この正体はいったい何者?というミステリー仕立てで始まり、実は少年のほうが大変なことになっていたという衝撃が山。
 コミカルドタバタで始めておいて、ここの急展開はさすがって感じでしたが、さらにその後でハッピーエンドに大逆転するところも、ジェットコースターのような読み応えでありました。
 そのぶん、少年がなんで記憶を失ってたんだってあたりの説明が欠けていた気もしますが、まぁ細かいことはあんまり気にしないということで(笑)。

 二本目は、自分をフッた女の子を見返すために野球を頑張るけども、告白したい相手は実は違ったっていう、これも起承転結の転がハッキリした話。
 ただこういう作品は、女の為に野球をがんばるのかよーっていう、そういうタイプの反感も買いやすい作品かもしれませんね。
 野球は二の次で、女の為にがんばるなんて邪道じゃないのかとか。

 でもこの少年だって、たぶんめちゃくちゃ野球が好きでないとここまで頑張れてないと思うんですよね。
 紙面の都合上、そういった描写は省かれているだけじゃのかもしれません。
 最初の頑張りだす動機は女の子でも、野球に本腰を入れだした彼の姿勢はホンモノで、それはすばらしいものだと思います。
 そういう本気で頑張ってる姿こそが、女子にはあこがれなんだと思いますしね。
 形だけ頑張ってるだけなら、女子だっていつかは見抜いちゃいますよ。
 また、もし女の子のためだけに野球やってるんだとしたら、告白が成功した時点でモチベなくなっちゃうでしょうしね!(笑)
 そんなの、女の子ゲンメツですよ。
 女の子も好きだけど、野球だって大好き。私はそれでいいと思うなー。



斉木楠雄のΨ難

 冒頭で、ギャグとしてちょっと絡めたギミックが最後のオチになるタイプの話。
 私こういうの好きですわー。

 しかし、プラセボ効果は知ってたけど、ノセボ効果ってのもあるんですねー。
 暗示にかけて毒だと思わせて飲ませたら、本当にショック死しちゃうとか、そういうの、物語だけの話かと思ったら、そうでもないのかもしれませんね。
 うーん、恐ろしい。



銀魂

 いい戦いだわー。
 戦闘狂同士の戦いながら、ただガムシャラにぶつかりあうんじゃなくて、腕のトリックを絡めた駆け引きにハッとさせられたりなんかして。
 それでいて体の破損も厭わない怒涛のガムシャラ感も満載で。
 こういう戦い方、けっこう好きですわー。



ワールドトリガー

 なるほど! 気体化のトリガーなんてどうやって対処すればって、ムリゲー感を感じちゃってましたが、単にエアコン全開で対策できちゃうんですね!
 ちょっとしたコロンブスの卵だわー。
 というか、そういうことなら、屋外で風の強い日とか、風上からじゃなければ使い物にならないでしょうしね。
 たしかに、これはネタがバレてしまえば強すぎではない能力ですわ。

 反面、忍田本部長の強さはほとんど反則か!ってなレベル。
 遠隔から剣戟を飛ばして次々とエネドラさんのダミーを潰すだけならともかく、地面から突き出した液体の刃をかわしつつさらに的確に攻撃を加える始末。
 ここ、よく見ると、突き出した液体の刃に跳弾させながら攻撃までしてるんですよね!
 もう、あなたが神かと(笑)。
 まぁこの跳弾がちゃんとダミーに当たっているかどうかまでは分かりませんが、当たっていてもおかしくないというだけの凄みがありましたわ。

 そしてここからがまた面白かった。
 これだけの超パフォーマンスを示しておいて、忍田さんがトドメを刺すわけじゃないんですね。
 忍田さんはあくまで援護。
 エネドラさんの敵意を集中させ、行動不能に陥る前にダミーをすべて除去するまでが忍田さんのお仕事だったんですねー。

 そこからは、これまでエネドラさんに辛酸を舐めさせられてきたチームが出番。
 諏訪隊がマーカーを付着させ、日佐人くんが陽動となり、風間隊残党コンビがトドメを刺す。
 流れるようなこの動き、ほんとうにお見事でありました。
 ワルトリはこういう集団戦が本当に面白いですねー。
 他の能力バトルではあまり見ないタイプの闘いが味わえます。

 しかも日佐人くんですが、以前風間さんに

「じゃあ勝手に突っ込んで死ね

 それでお前の役目は終わりだ」


 と、非常に手厳しいことを言われて撤退させられたことがありましたが、ちゃんと今回ねぎらいの言葉があったりして、このへんもちょっとグッときてしまいましたわー。
 ワルトリ、こういうところもニクイです。
 
 さてしかし、そんな快勝で一息入るわけもなく、エネドラさんを回収するため、ついに最後の黒トリガー少女が動き出しました。
 さーて、このへんの動きが、修くんの生死を分ける大きなポイントになってきそうです。
 いよいよ、最終局面ですねー!



こちら葛飾区亀有公園前派出所

 ほんとあの、盗まれた下着とかズラーッと並べてるのって、どういう人たちなんでしょうねー。
 そして、なんのためにあんなに並べているのか。
 盗まれた被害者を呼んで自分のを見つけさせるためなのか、それとも本当にこういう風に撮影するためだけにやっているのか。
 前から私も不思議に思っておりました。
 なんにしても、やってる人たちけっこう楽しんでやってるんじゃないかなー(笑)。
 こういう、一般人にはわからないこだわりとか、ここまでじゃないにしても本当にありそうです。



ILLEGAL RARE

 おー! アクセル行動早すぎ!
 マーダックに噛み付いちゃうって、そこまでやっちゃいますかーと少々衝撃でありました(笑)。
 マーダックさんも油断しちゃいましたねー。
 そしてまた、ここで早くもその情報出しちゃいますかと。
 うすうすベーゼ本人か、もしくはベーゼの関係者?みたいに思ってはいましたが、あっというまにその衝撃の本題に入ってきそうな流れ。
 うーむ、これはちょっと巻きが入ったかな?



BLEACH

 そして、マユリ様が活躍していると本当に面白いブリーチ。
 セリフのひとつひとつがイキイキしまくりですねー(笑)。
 瀕死放置の刑とか、日番谷隊長に治験やる気マンマンとか(笑)。
 来週、日番谷隊長が今回の斎木楠雄みたいなことにならないことを、祈りますわ!



HUNTER×HUNTER

 カキンの王家、なかなか面白いアイテムを持ってましたねー。
 儀式をした王家の人間に念獣を取り付かせ、それぞれを守る守護霊獣とするアイテム。
 それぞれが能力者ではなくても念獣を与えることができて、さすがに能力者ではないわけですからコントロール能力はないと。
 オートで働くボディガードのスタンドってところでしょうか。
 それぞれの性格に影響を受けるということですから、どんな念獣が生まれるか楽しみです。

 というか、ツェリードニヒって念能力者じゃなかったんですね!
 てっきり能力者だとばかり思ってましたが、壺から出てきた少女見えてなかったところをみると、
これまでは一般人であったようです。
 それにしては異様な迫力がありましたし、女二人を全裸の風呂場で処理できてしまうだけの力はあるんですよね。
 このクレイジーな男が、どういった念獣を発現するのか。
 怖いもの見たさ的に興味がわいてきます。
 そして、この王子たちのオートパイロット念獣同士の戦い、どんなことになるんでしょうか。
 クラピカの王子退治もこれでさらに難易度が上がってしまいました。

 あと、ツェリードニヒの座っている背後の棚、これってばクラピカの友達の首……ではないですか?
 うーん、これを見たらクラピカ、暴走しそうだなー。



感想後記

 といったところで今週の感想はここまで。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハンター
やっぱり、あれパイロの首ですよね?
感想サイトで指摘されてて初めてしったんですよ。クラピカ王子を殺したりしないといいけど

斉木
今回の話を読んで某フリーゲームの
主人公を思い出しました。

グリコのキャラメルを口にすると
早く走れるという高校教師のはなしです。
Posted by かな2 at 2014年08月14日 20:04
 いかにもパイロの首と思わせているところがまた、逆に冨樫先生のことだからそれがひっかけでってこともあるかもしれませんが、どんなことになるのかハラハラドキドキさせてくれますね。

 あと、残念ながらそのフリーゲームは知らないみたいですが、妙に気になる(笑)。
Posted by BOSS at 2014年08月17日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。