2014年07月21日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第753話 “戦”

 週刊少年ジャンプ 2014 年 34 号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■ドフラの真意
■掌の上
■団結!コロシアム軍団



■ドフラの真意

 うおー、まだ過去編には踏み込まないのかー!
 コラさんのことやらローの子供時代のことやらドフラが天竜人ではなくなったあたりの血なまぐさそうな事件とか。
 いろいろと仄めかされてきましたが、今度こそ過去回想編突入かと思わせておいて今週はまだまだ進撃編。
 焦らしまくってくれますねー(笑)。
 これは、いよいよドフラと対峙するその時までは、回想編をとっておくパターンですかね。
 うーん、気になる!

 さて今週は、冒頭からドフラがいきなりの爆弾発言。
 直談判(?)にやってきたベラミーに対し、おれは何でもよかった、この「世界」さえブチ壊せればという大胆発言が飛び出ました。
 いやー、これには驚かされました。
 パンクハザード編で、死に行くモネがドフラに対し、海賊王になる夢を叶えてください的な発言をしていましたからね。
 てっきり、ドフラも海賊王をめざしているのだとばかり思っておりました。

 この場にはディアマンテもトレーボルもいますから、仲間も知らない本当の真意をバラしたというようなことではないのでしょう。
 ディアマンテもトレーボルも、とっくに知っていたことのでしょうね。
 海賊王になるというのはあくまで手段であって、世界を破壊する(現在の秩序をひっくり返す程の意味でしょうか)のが真の願望だったということですか。
 もちろん、ディアマンテとトレーボルのような大幹部だけがこのことを知っていて、モネは知らなかったということもあるかもしれませんし、この発言がベラミーを挑発するためのウソである可能性もまだゼロではないとは思いますが。
 ともあれ、ドフラに抱いていたイメージがだいぶひっくり返らされました。
 てっきり、極悪非道な野郎ではあっても、抱く夢は海賊王っていうロマン野郎ではあるんだなーとは思っていたのでねー。

 となると、やっぱりこのドフラがどうしてそこまで思うようになったのか、というところが気になってくるわけで。
 過去回想編のほうがさらに楽しみになってきますねー。
 ちなみにこのドフラの爆弾発言は、前回のローのヒキの「全部壊したい」発言と繋がっているんでしょうねー。
 二週間あいたことでちょっとわかりにくくなっているかもですが、なかなかニクイ演出です(笑)。



■掌の上

 また今週は多方面での事態の進行具合も描かれました。
 まずは庶民パートでは、ドフラの糸によって操られ、まわりを攻撃していた男たちが数名とりおさえられ、事態が徐々に沈静化されていることがわかってきましたね。
 それでめでたしとなればよかったのですが、なんとここで彼ら、リク王とウソップを捕まえに向かっちゃいましたかー。
 うわー、これはちょっと心配。
 動けないウソップに加え、リク王は民衆には手向かいしないでしょうし。
 ドフラの糸を断ち切ったとしても、まだまだ民衆はドフラの掌の上って感じですねー。
 悲しい話だわ。

 一方 SMILE 工場のほうでは、こちらは小人たちがついに騙されていた状態から脱出。
 騙されやすい小人たちは、信じやすいがゆえに仲間たちの言葉もすぐ受け入れるって感じでしたねー。
 いやいや、実に話が早い(笑)。

 また、ルフィたちにはここでキュロスが合流。
 なるほど、キュロスが一番殺したい相手はドフラではなく、あくまで妻を殺したディアマンテなんですねー。
 そういうところは、やっぱりキュロスは王家の人間ではなく、一人の男なんですねー。
 正義とか、国家のためとか、民衆のためとかではなくて、戦うのはあくまでひとりの夫だから、父だから。
 そういうことにこだわっちゃうっていう、キュロスの人間くささがよかったです。
 あえて言えば、愛、ですもんね。
 いやー、そうだよなー。
 殺したい相手はドフラではなく、ディアマンテですわ。
 たとえドフラを倒せたとしても、ディアマンテを逃がしたら絶対納得できないでしょうしね。
 言われてみれば大いに頷ける話でした。



■団結!コロシアム軍団

 そして、幹部たちと衝突していたコロシアム軍団ですが、幹部の強さに反応し、ここへきて彼ら、なんと団結しはじめたじゃないですか(笑)。
 普通なら、団結していくプロセスで一話の半分くらいを使ったりするものですが、まぁ彼らはあくまで引き立て役ですからね。
 このくらいのサラッとした心変わりがスピーディーで気持ちいいです。
 軍師ダガマが全員に働きかけた様子もうかがえますし、彼自らが体を張ってデリンジャーを食い止めたりするあたり、これまでの薄情な彼らしからぬカッコよさで、ちょっとシビレてしまいました。
 こういったところこそ、我知らず人を惹きつけてしまうルフィの影響力ってことなのかもですねー。

 いやー、こういう展開、好きですわー。
 クセモノぞろいの男たちが集まって、軍団となり、お前を先に行かせる!ここはまかせろー!な展開です。
 それまで喧嘩ばっかしてたからこそ、こういう男たちの粋、心意気が光るんですよねー。
 いやー、カッコイイ。

 そしてまた、キャベンディッシュもさすがでありました。
 馬でどうやって壁面を登るのかと思っていたら、なんと刀で壁を抉り取り、らせん状に登るスロープのようなものを一瞬で形成。
 いやー、この構図、大胆、かつすばらしいダイナミックさ。
 奥行きのある構図で高さが伝わってきますし、突進するルフィたちの勢いと迫力も伝わってきます。
 壁を抉り取るキャベンディッシュと、たちはだかる兵士をブッ飛ばすルフィを描きつつ、これだけのことをたったひとコマで表現できちゃうんですからねー。
 ほんっとワンピはすごいですわ。



■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!
posted by BOSS at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ローの回想はやはりドフラ戦の前後あたりですかね?そして遂に団結し始めたコロシアムメンバー。逆転勝利に期待です。
Posted by 唄種 at 2014年07月21日 22:27
 小出し小出しに出てくる過去情報がぐいぐい興味を引きますねー。
 はやく本格的に過去回想をやってくれーって思っちゃいます(笑)。
Posted by BOSS at 2014年07月25日 18:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。