2014年06月17日

週刊少年ジャンプ2014年29号 感想<後編>

 さて今週の後半戦。 

■前編の感想はこちら





 後半の感想は、

・ワールドトリガー
・ソウルキャッチャーズ
・H×H
・【読切】岡崎慎司ヒストリー
・イリーガルレア
・磯部磯兵衛

 の 6 本でお送りいたします。



ワールドトリガー

 ついに始まったトップレベル同士の戦い。
 まずは遊真VS.ヴィザ翁から。
 遊真ってけっこうトラップ上手だったんですねー。
 老練で経験豊富と思われるヴィザ翁すら、手玉に取るようにトラップ仕掛けまくり。
 踏みつけると同時に設置された鎖印(チェイン)に加え、その鎖を断ち切れば武器に錨印(アンカー)が絡みつく。
 二手三手先を読むこのトラップ地獄。
 さっすが遊真であります。
 戦いの経験値という意味ではヴィザ翁にも劣ってないのかもしれませんねー。

 そしてまた、この二手三手先を読むことを可能にしたのも、レイジさんの情報があったればこそってのが嬉しいですねー。
 レイジさんが粘ったのは無駄じゃあなかった。
 こうやって繋がっていく力ってのは、見ていて気持ちがいいものです。
 あともちろん、遊真の有効な武器になっているアンカーもね(笑)。
 そういえばアンカーの本人は今どうしてるんだろう。

 しかしヴィザ翁、ここまでされてもまだまだその表情は余裕しゃくしゃく。
 遊真のちょっとした質問に答えつつ、依然として戦う気マンマンな構えですねー。
 ヴィザ翁、さらなる奥の手を隠しているってことなんでしょうか。



SOUL CATCHER(S)

 やー、管崎先輩のちょっとパンクなフェアリー化には笑ってしまいましたが、いやー、よかったよかった。
 神峰、見事にこの二人の心を救ってくれましたねー。
 今回は本当に感動的でありました。

 しかし、先週のあの怒涛の叫び合い、あれって完全にイメージの世界の出来事だったんですねー。
 そこ、かなり驚いてしまいました。
 心と心が通じ合って、まるでニュータイプの感応のように音が気持ちを伝えていたって事なんでしょう。
 それって擬似的に共感覚と同じ事が起きてるってことなんじゃないですかねー。

 そして、またまたいい味を出してくる黒条善人。
 まるで、蝙蝠のような逆さのこの構図、いいですねー(笑)。
 完全に逆さの世界、まったく相容れない価値観の人間って意味合いなんでしょうね。
 さーさー、こいつとの決着、どういう風につけられるんでしょうか。
 バトル漫画ならボコッておしまいってこともできますが、ソルキチの場合はこういう「悪」をどうすることができるのか。
 とっても気になるところです。
 
 で、ラスト、わたくし大笑いしてしまいました。
 もちろん完全にシリアスなシーンなのですが、まさかのチェーンソーですもんね!
 殺す気マンマンですか!!(笑)



HUNTER×HUNTER

 連載復活後、まったくの主人公不在でも面白いハンターハンター。
 今週も絶賛主人公不在ですが、すこぶる面白いであります。

 まずはレオリオ、驚きの十二支ん加入!
 実力では遥かに他のメンバーに及ばないんでしょうけれど、広告塔と言うか、十二支んのイメージアップ戦略として必要ってことみたいですね。
 まぁ最初はそうでも、実力をつけてしっかり十二支んになってもらいたいところですね。
 そしてゆくゆくは、本当に会長になっちゃったりなんかして。

 しかし、一度「そうかい それなら喜んでお断りさせてもらおうか」ってところがやっぱりレオリオ、変わってないですねー(笑)。
 「金儲け」のためにっていうチードルらしい潔癖なセリフが、レオリオのカンにさわっちゃったってところなんでしょうけれど。
 そりゃーね、レオリオは金のためにこそ医者になりたいんですものね!(笑)
 金をがっぽがっぽ稼げる医者になって、それでお金のない貧しい人たちをタダで治してやりたいんですもの。
 そりゃーカチンと来ますわと。

 このあたり、このチードルとレオリオって、逆にいいコンビになれるかもしれませんねー。
 一方が堅物で潔癖症なら、もう一方がこの破天荒なレオリオってことで、互いを補い合えるいい師弟ってことになれるかもしれませんな。

 一方、ジンはなんだかんだとパリストンに喧嘩を売りつつもビヨンド一派のナンバー2に。
 やー、こちらも緊張感バツグン。
 暗黒大陸探索にくわえ、このパリストンが抱え込むキメラ軍団がどう物語を面白くしてくれるのか。
 そこも大いに気になるところです。

 そしてそして、なんとここで、クラピカまでもが十二支んに加入!!
 おっほー!こう来ますか!
 すっかり物語本編から遠ざかっていたクラピカですが、ついに進路が合流してまいりました。
 この流れにはおおいにビックリしてしまいましたが、いやー、これは面白そうじゃないですか。
 十二支んって、ジンとパリストンが抜けたことでちょっと思い入れのある顔ぶれが減っちゃってたわけですが、これで大いに感情移入もできそうですしね。
 いやいや、ほんっとハンターって、毎週毎週目が離せません。



【読切】 岡崎慎司ヒストリー 一生ダイビングヘッド!!

 『DOIS SOL』村瀬克俊先生描く、サッカーワールドカップ日本代表応援特別読切。
 岡崎慎司という選手の意外な下積み時代、なかなかに読まされてしまいました。
 こういうのって、昔からのサッカーファンなら常識なのかもしれませんが、こちとらニワカとしては目からウロコでありましたわー。

 こういうの読んじゃうと、岡崎選手への目線がガラッと変わってしまいますねー。
 そうなんだー、いまは日本代表として輝かしく大活躍している選手でも、下積み時代は明日をも知れぬような苦難の時があったんだーと。
 そこまで苦しんでいた選手が、今こんなにもトップスターとして活躍できちゃうんだーと。
 岡崎選手のめちゃくちゃな努力っぷりがうかがい知れるとともに、今ちょうど苦しんでる人たちとかに、おおきな勇気を与えてくれますよねー。
 なかなかにすがすがしい、王道の伝記漫画でありました。

 いやー、先日初戦でいきなりの黒星スタートを喫してしまった日本ですが、けっこうヘコんだんですけどねー。
 でも、なんかまた「勝てるぞ」っていう気分も盛り上げてくれた気がいたします(笑)。
 がんばれ、日本!!



ILLEGAL RARE

 おっほー!来ました!
 椎橋先生、本領発揮!
 マーダックの正体は羽衣狐(白)!
 これまでの女傑じみたオカッパ姿も捨てがたいのですが、やっぱりこういう耽美系の美女こそ、椎橋先生の絵はキョーレツに来るものがありますわー。
 これはめちゃめちゃ期待しちゃいます。

 しかし、単なる変態的趣味でコレクションをしているのではなく、呪いを解くという目的があったとなると、このマーダックも実はいい人だった・・・なオチもありうるんですかねー。




磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜

 ズバァーーンって、中島ぁああああ!!(笑)
 なにがおきたーーーー!!
 いやー、この磯兵衛が刀を振り、草が舞い、中島が「すごい!」と言ってからのこの間の取り方、カンペキでしたね!
 ページをめくった瞬間、うおおおお!ってなっちゃいましたわ(笑)。
 演出うますぎ!
 ときおり、仲間りょう先生は天才かと思う時がありますよー。

 それにしても宮本武蔵先生はほんとうに強かったんですなー。
 ちょっと手ほどき加えただけで、磯兵衛ですらこれですものねー。
 この世界、強い人はマジ化け物。

 そして中島、なぜ胸を隠す!!(笑)

 そして後半ですが、この世界で過去最強が宮本武蔵なら、現在最強と思われるふたりがついに邂逅!
 とんでもないことになってしまいました!
 いやー笑った笑った。
 目に見えている戦いはこれだけで済んでますが、磯兵衛の目に見えない超スピードでとてつもない戦いが繰り広げられていたんじゃないでしょうか(笑)。
 この二人、二度とあわせないほうがいいですねー。
 会わせると、地球がヤバイです!(笑)




感想後記

 といったところで今週はここまで。
 次週は、二週の休載からワンピースが帰還!
 たーのしみだーー!




********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。