2014年04月16日

週刊少年ジャンプ2014年20号 感想<後編>

 ではでは後編の感想です。

■前編の感想はこちら





 後半の感想は、

・ナルト
・イリーガルレア
・ブリーチ
・ワールドトリガー
・ソウルキャッチャーズ
・磯部磯兵衛

 の 6 本でお送りいたします。



NARUTO-ナルト-

 ガイ先生最後の大爆発。
 落ちこぼれだって信じて頑張りぬけば、ここまでやれるのだぞということを身をもって証明してくれました、ガイ先生。
 忍術や幻術ができないということは、体術が得意と言うことというシンプルな考え方。
 突き詰めた先は、なんとマダラからの最高の賛辞。

 そんなある種、相手を褒めるだけの余裕のあるマダラを、さらに驚愕させるほどの超スピード攻撃。
 文字通り己の身を砕きながら攻撃をブチかまし、さらに撃ち終わったらチャクラも尽き果ててサラサラと足から灰になっていくって。
 なんとも壮絶なケリでありました。

 しかし、そんなガイ先生渾身の最後の一撃でも、あっというまに身体を修復していってしまうマダラ。
 あんたどんだけ無敵やねん。
 これでガイ先生が死んじゃったら無念すぎるわーとか思っていたら、きましたきました!
 ついに復活のナルト!
 サスケもすぐにかけつけることでしょう。
 いよいよもってラストバトルの流れですかねー。



【センターカラー】 ILLEGAL RARE(イリーガル・レア)

 主人公チームも役者が揃ってきたところで、敵方にもどうやら大物の登場です。
 あのメディチを従えて、鉄の麗人、マーダック市長のご登場ー。
 やー、あいかわらず椎橋先生は、魅力的な敵役の作りが上手いですなー。
 あの羽衣狐さまとはまたちょっと違う、ハマーン・カーン然とした女傑といった風格。
 メディチとあわせて、今度はいったいどんな悪役のカリスマを見せてくれるのか、そのへんにおおいに期待したいと思います。
 やっぱり、悪役が光ってこそのヒーローですからねー。



BLEACH

 妄想する時間が足りないなら、妄想する自分を増やせばいいじゃない。
 なんという発想(笑)。
 ブリーチのこういう発想力が私は好きですねー。

 さー、それに対する剣八さんですが、ついにここで斬魄刀の名前が呼ばれました。
 その名も『野晒(のざらし)』
 実に剣八らしい、荒々しく、荒涼とした古戦場を連想させます。
 つわものどもが夢のあとな、侘びさびを感じさせてくれるような……?
 そんな感じでありますが、さあ、いったいどんな卍解が登場しちゃうんでしょうねー。
 もちろんまだまだ卍解するとは決まっちゃいないのですが、とりあえずは期待しちゃいます。
 剣八らしい、豪快なヤツをちょー楽しみにしちょります!



ワールドトリガー

 オレがイラつくのを待ってんだろう?なんて考えながらイライラしているエネドラさん可愛いなーなんて思っていたら、意外なことになっちゃいました!
 冒頭から中盤までは、風間隊の見事な音の戦闘を見せつけられました。
 風間さんのステルス戦闘の本領は、こういうものだったんですねー。
 相手の能力を“劣化風刃”的なものと分析し、音を探知して着々と罠にハメる。
 エネドラさんの首を撥ねた時は、本当にやったものだと思ってしまいましたわ。

 しかし、まぁね、やっぱり黒トリガーですもんねー。
 そうそう簡単に負けるわけがなかった。
 全身の液体化かと思わせて、さらなる謎の奥の手で風間さんを撃破したエネドラさん。
 おおー、なにをされたんだかわからない、完全なワカラン殺し状態ですわ。
 これはさすがの黒トリガーだわー。
 エネドラさんはそのキャラクターから、とかく侮ってしまいがちですが、やっぱり黒トリガーだけはありますねー。
 このままワカラン殺しで全滅させられてしまうんではないかという、なかなか強い緊張感が出てまいりました。

 残りは歌川さんと菊地原のみ。
 さぁ、この状況、どうする!?
 普通に考えれば一時撤退だと思うのですが、残ったふたりに奥の手はあるんでしょうか。



SOUL CATCHER(S)

 反抗してきた新一年生も、一瞬で神峰ワールドか(笑)。
 神峰の指揮についつい引き込まれたってこともそうですが、まずタクトを振ってるだけで具体的なセリフ的な指示が伝わってきちゃうことに驚いておくれよって、そういうツッコミはいまさらヤボなんでしょうかね(笑)。
 すっかり神峰のペースというか、敵対することで神峰ワールドにしっかり組み込まれてしまっている遠藤さやかちゃん。
 いやー、楽しいわー。

 そして管埼先輩のほうも動き出しましたが、ちょっと驚きの発言。
 これはもしや、管埼先輩も共感覚の能力者か!?



磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜

 磯部磯兵衛、まさかの三途の川。
 いやー、ここの偽先生、普通に怖いし。
 この生徒たちをだまくらかす手法が、いかにも昔話とかにありそうな怖い話だし。
 水無月富士山参りが炸裂して、ここはちょっと笑っちゃいましたが、食らった偽先生の体が無数の小鳥になっちゃうところとか、タッチはライトですけど妙にドライな怖さがありましたわー。
 
 そんなわけで高尾山地獄修行編はこれにて終了。
 文字通り地獄に行っちゃうところでしたね(笑)。

 そして帰ってきた磯兵衛たちのオチも最高。
 完全なる男塾モード(笑)。
 いやこれ、上手すぎ!
 仲間先生、ほんとはすっごい画力高いんでしょー!
 先生のことを一瞬「塾長」って言っちゃったところで笑いが止まらなくなりました。

 いやー、楽しかったわー、修行編。
 来週冒頭一ページくらい、男塾顔まだ継続してたりして(笑)。
 つか、ちゃんと宮下先生に許可とったんだ!



感想後記

 といったところで今週の感想もここまで。
 お、来週はワルトリ&ソーマの静止画 MAD コンテストの結果発表ですかー!
 そりゃ楽しみだわー。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************
posted by BOSS at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。