2013年09月15日

ジャンプ感想別室 ONE PIECE(ワンピース) 第721話 “レベッカと兵隊さん”

 週刊少年ジャンプ2013年42号掲載分の感想です。

■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編

【コミック派ネタバレ注意!】





【感想小タイトル】
■逃亡生活
■ドフラミンゴの陰謀
■ブーイング


■逃亡生活

 今週は、囚人剣闘士レベッカの回想編。
 なるほど、世が世なら、レベッカは王女様だったかもしれないんですねー。
 レベッカの母スカーレットは追っ手によって殺され、孤児となったレベッカは、片足の兵隊さんがずっと育ててきたと。

 レベッカと兵隊さんの、少しずつ固い絆でむすばれてゆくドラマがなんとも切ない。
 家もなく、雪の中で身を寄せ合って眠ったり、なんとか空き家をみつけても一緒の屋根の下では暮せない法律があったり。
 そんななかでも頑張って明るく生きてゆく二人の姿がまぶしいったらないですわ。
 誕生日のケーキのシーンは、妙にグッときてしまいました。
 兵隊さんは、この日のために相当頑張って稼いだんじゃないですかね。
 そしてまた、ラブレター持ってきた男の子まで殴っちゃう兵隊さん(笑)。
 すっかり頑固親父気分だったんですね!
 やー、かわいいわー兵隊さん。



■ドフラミンゴの陰謀

 そんなレベッカ視点から描かれたドレスローザは、はっきりとは描かれてはいませんが、ドフラミンゴの不気味な暗躍を感じさせてくれました。
 これ、先代の国王は、ドフラミンゴにハメられたんじゃないですかね。

「国王は一体どうなされたな!!?」

 という、誰のものかわからないセリフからは、突然国王の素行が変わったことがうかがい知れます。
 リク王軍が村に火を放ったというのも、ドフラミンゴによる仕掛けだったりするんじゃないでしょうか。
 それまでのリク王家の人気を地に落とし、かわってドフラミンゴを、民衆を救ったカリスマに仕立て上げる。
 それこそ、アラバスタでクロコダイルがやろうとしていたことを、成功させてしまったのがドフラのドレスローザだったのではないでしょうか。

 それにしても、人形や記憶消去がまだまだ謎めいていますねー。
 いったい何のために、人を人形化させてしまったり、記憶を奪ったりなんて手の込んだことをしたのでしょうか。
 


■ブーイング

 そして今、片足の兵隊さんはレベッカを救うため、反乱を起こし、ドフラを倒そうとしている。
 その片足の兵隊さんを死なせないため、レベッカは戦いにおもむくわけですねー。
 決意の程、その重さがわかってあらためて見るレベッカの背中。
 感じ方も大きく違ってきますわ。
 頑張って欲しいですね、レベッカ。
 ま、優勝は色んな意味でありえないだろうとしても、とにかく頑張って欲しいものです。
 今週の回想のおかげで、一気に応援する気になってきました。

 会場入りするレベッカ。
 大きな歓声が沸きあがり、お、意外とレベッカって人気選手なんだなーと思ったら大違い!
 なんですか、この嵐のようなブーイング!!
 悪意どころじゃない、殺意の嵐がレベッカに突き刺さるようです。
 涙ぐみながらも、歯を食いしばって耐えるレベッカ。
 ぐああ、やばい。これは本当に切ないし悔しい!
 国民は、すっかりドフラミンゴに操られちゃっているんでしょうね。
 ドフラミンゴのあの大人気は、裏側にリク王家、レベッカたちという大きなイケニエがあったからこそなのでしょう。

 うわー、これはたまらんわ。
 理解されないどころか、殺意をまでむけられてしまっている、かつての王家の娘。
 死を覚悟の上で、ひとりコロシアムに立つ。
 なんっつー残酷なシチュエーションでありましょうか。
 それと同時に、なんっつーロマンチックなシチュエーションでありましょうか。
 ほんと尾田先生は、われわれのツボを心得てらっしゃいます。
 このブーイングと、レベッカの表情で、こちらのハートのボルテージは一気にヒートアップしてしまいましたわ。

 さーて、この事情を知ったルフィの胸にも火が灯ってくれたようですが、しかし D ブロックの戦いに他の選手は手を出せません。
 いったいどうなっちゃうんでしょうねー。
 実際のところ、実力ではキャベンディッシュのほうがレベッカよりも上のように感じますし、レベッカはここで敗退することになるのではないかと思うのですが……。
 しかし、このコロシアムで長年生き残っていると思われるレベッカの実力と言うのも、実はすごいものがあるかもしれませんしね。
 いったいどんな戦いになるのか。
 これまでとはまったくちがった意味で緊張感の高い D ブロック戦が始まるようです。

 ……って、ここで次週休載ですか!
 うわー、なんという生殺しっ!!(笑)

 
 
■ジャンプ本誌の感想はこちら→前編



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************




■関連記事
・【ネタバレ】ワンピース未回収「謎・伏線」一覧と考察スレ
・【成人指定!?】ナミの公式フィギュアも凄すぎ!たまらんっす!
・【成人指定!?】蛇姫さまの公式フィギュアが凄すぎ!あんなトコにまで描き込みが!
・映画感想 ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース劇場版ストロングワールド
・やりすぎ!w ONE PIECEが朝日新聞を乗っ取った!
・尾田栄一郎は狙わない ONE PIECE劇場版第10作「STRONG WORLD」公開もうすぐ!
・【動画】海外のファンが描いたワンピースの絶品イラスト
・コミック感想 ONE PIECE(ワンピース) 巻五十四 “もう誰も止められない”
・ONE PIECE 新キャラ『蛇姫様』は9年前すでに登場していた!?
・YouTube 麦わら海賊団を小畑健先生風に書いてみた
・まんがのチカラ 尾田栄一郎先生インタビュー
・YouTube 色んな漫画家が描いたワンピース
・ワンピ 美麗イラスト
・イッツ・スカルジョーク!
posted by BOSS at 21:45| Comment(3) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1つ思ったのですが、人形にされた人達は、ドフラミンゴにとって不都合な人達だったのではないでしょうか。例えばリク王家の人や兵士で、リク王を信じてたりドフラミンゴが裏で操っている事を知ってる人だったり。でもそれだったら一番記憶を消したり人形にしなければならないのはレベッカになりますよね…。うーん、わからない…。
Posted by 唄種 at 2013年09月16日 13:43
同じ国盗りでもクロコダイルの狙ったアラバスタの方が国の規模が大きそうですね。だとしても国盗りを達成したドフラは凄いですが。
正にあの回想は勝者だけが正義でしたね。敗者のリク王家は悪になってしまったと。回想を見る限り、リク王家が乱暴狼藉をしてたことに驚いてる台詞がありますから、良く国を治めていた名君だったのかもしれません。
だから例え貧しくても笑顔で溢れて活気のある真の情熱の国であったのかもしれないと思いました。
Posted by コーナー at 2013年09月17日 15:47
>唄種さん

 そうなんですよねー。
 不都合な存在ならレベッカはどうしてそのままなんだろうとか、なぜ殺さずに人形化なんだろうとか、いろいろ疑問が出てくるんですよねー。
 なにか秘密があるんでしょうね、きっと。


>コーナーさん
>良く国を治めていた名君だったのかもしれません。

 私もそんなふうに読み取れましたねー。
 きっと、勝者であるドフラミンゴがすべて歴史を塗り替えて、正義と悪とをひっくりかえしてしまったのではないでしょうか。
 あのマリンフォードの戦いでドフラが言っていたことは、自分自身のやったことを言っていたのかもなーとちょっと思いました。
Posted by BOSS at 2013年09月21日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。