2013年07月07日

【動画】パナマ運河を渡る様子を、船上カメラ映像で早送りに楽しむ

 太平洋とカリブ海を結ぶパナマ運河は、その行程上に海抜 26 メートルのガトゥン湖が存在するなど、高低差があるために何度かにわたってエレベーターのように水門を上り下りして渡ることになります。
 全長 80 キロメートルのこのパナマ運河は、水門の上り下りや待ち時間も含めて、渡りきるまでにだいたい 24 時間をかけるそうなのですが、その様子を 4 分ほどのダイジェストにまとめた映像がありました。

Panama Canal: A Transit in Timelapse

Panama Canal: A Transit in Timelapse from Michael A. Mariant / M-Visuals on Vimeo.





 見たところ、この映像は太平洋側からスタート。
 小さな船が随伴し、その案内を受けながら運河を進んでいるようです。
 30 秒のあたりで、最初の水門ミラ・フローレス閘門に到着。
 閘門(こうもん)というシステムを使い、水位の低いこちらから、まるで水のエレベーターのようにして水位の高い奥へと進みます。

 なんだかこういうのを見ると、SF 映画の宇宙船のエアロックみたいでちょっとワクワクしてしまいます。
 これだけでっかい船を上下させるって、とんでもないパワーなんじゃないでしょうかね。
 どれだけ凄いポンプを使ってるんでしょうか。
 乗客たちも、ここが見所!って感じなんでしょうか。
 見物している様子がとても楽しそうです。

 何度も何度も水門を通過し、ゆっくりと進んでゆくパナマ運河の旅。
 ミラ・フローレス閘門の次にペデロ・ミゲル閘門。
 ゲイラード・カットという運河を通過し、ガトゥン湖へ。
 そして最後は、ガトゥン閘門でカリブ海側の海抜に下りてゆきます。
 広大な海を行く船旅とはまったく違う、のどかな風景と、人間の作り出した巨大な運河の仕組みを楽しめる、一風変わった船旅が味わえるのではないでしょうか。

 しかしすごいなー。
 こんなすごい運河を 100 年も前に作ってしまったんですね。



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************


posted by BOSS at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。