2013年06月25日

週刊少年ジャンプ2013年30号 感想<後編>

 ワンピがお休みなので火曜更新の後半感想です。

■前編の感想はこちら





 後編の感想は、

・ワールドトリガー
・ソウルキャッチャーズ
・ブリーチ
・ハイキュー
・【読切】知恵熱!!タビットさん
・スケダン

 の 6 本でお送りいたします。



【センターカラー】 ワールドトリガー

 センターカラー獲得おめでとうございます!
 なるほど、一時はちょっと危ない掲載位置もありましたが、ここに無事センターカラーを獲得できたという事は、しっかり持ち直してきたということなんじゃないでしょうか。
 葦原ファンとして嬉しい限りです。

 さて本編ですが、噂の玉狛支部が初登場。
 カピバラの雷神丸(笑)に乗った 5 歳のお子さま陽太郎くんは、これは読切版のときのままですねー。
 いやー、生意気でなかなか可愛い。

 宇佐美さんも普通っぽいようでいてどこか変わってて可愛い人だなぁ。
 落ち着きがあるから、ずいぶんお姉さんなのかな?と思いきや 17 歳って。
 メガネ人口増やそうぜが、なんだかツボでした。
 ところで宇佐美って、リリエンタールのときのてつこの友達、宇佐美文ちゃんと同じ苗字ですね。
 下の名前も栞って、文と似ている名前ですし、実は繋がってる世界で、姉妹だったりすると面白いんですがねー。
 まぁさすがにそれはないかな。
 リリエンタールが出てきちゃうと、かなりパワーバランスが崩れちゃいますものね。
 葦原先生のお気に入りの名前だったりするのかも。

 さてしかし、噂の玉狛支部と接触を果たしたユーマたちですが、結局ユーマは勧誘を断ったんですね。
 これはちょっと意外でしたが、ここでようやくユーマの過去や目的が語られる様子。
 おおー、ようやっと来ましたか。
 この漫画、そういったところがこれまでずーっと隠されてきましたものね。
 新連載として、19 話にいたるまで主人公の目的も動機もわからないってのは、なかなかどうして珍しいことではないでしょうか。
 構成に自信がないとできることではない、かなり大胆なことだと思います。
 さぁ、ここからどんなことが語り始められるんでしょうか。
 アオリの、「壮絶なる物語」ってのが否応なしに興味をそそります。




SOUL CATCHER(S)

 おー、今回はオヤジさん攻略だけかと思ったら、同時に奏馬先輩まで攻略しますか!
 これは予想以上にハードそう。
 心と心のぶつかりあいは、まさに人間と人間のすべてを賭けたバトルなんだ!と言わんばかりに毎週アツいぶつかり合いを見せてくれるこのソウルキャッチャーズ。
 今週もまた神峰くん、よかれと信じたことから逃げ出さず、必死にくらいついてゆく姿が実に痛快。
 だんだんこの濃さがクセになっていきます。
 つーかまぁ、ライトウイングの頃からとっくにクセなんですけどね(笑)。

 今週はまた、打樋先輩がちょっといい味出してきましたねー。

 ブルルルルルルル(よし)

「あんた関係なくね!?」


 とか、なにが「よし」なんだよと(笑)。



BLEACH

 一護の残月が、2本になっちゃったー!!
 いやー、これは意外!
 でもこれまでの流れを考えてみれば、たしかに2本になって当然の流れだったんですな!
 虚の力と、滅却師の力と、両方を受け継いだ一護だからこそってことなんですね。
 しっかしこのデザイン、思い切ったシンプルさですねー。
 シンプルだけれども力強い、飾りをおもいっきり削ぎ落とした、一本気な一護そのものって感じですね。
 手首を護る鍔がほとんどないのは、自分が傷つくことをかけらも恐れない一護を現しているんでしょうか。
 両手持ちの残月から、二刀流のダブル残月になったことで、一護の戦い方がどう変わるのかも楽しみです。

 やー、やっぱり時代は二刀流ですかね!
 関係ない話ですが、わたくし最近ドラクエ10 のバトルマスターで二刀流をちょうど始めたところだったので、思わずニヤニヤしてしまいました(笑)。



ハイキュー!!

 ついにデュースまで持ち込んだ烏野。
 ここでやってくれたのはやっぱり日向!
 まさに遮二無二。
 体力では作中トップクラスを誇る日向ですが、さすがに重力との戦いにも限界が近いのか。
 最後には足の力を失ってカクンとさせちゃいつつも、歯を食いしばってジャンプ!
 体力の限界などナニクソとばかりに、文字通りかろうじて指先だけが届いたタッチは、ついに一点もぎ取ってくれました!
 まさに、死力を尽くしてもぎとった一点であります。
 いっやー、今週もアッツイなー!
 先週あたりから、もう烏野の点の取り方が凄いですね。
 スパーンと綺麗に技が決まるというよりは、かろうじて意地だけでしがみついている感じ。
 実力が高いほうが勝つというよりも、もうすでに精神力の世界に入りつつありますねー。

 そしてここでまたまた出てきた及川サーブ。
 うっわー、よりによってここで出てくるかーと、やはり青葉城西戦のクライマックスを飾るのはこの人かーと、どうなることかと見守っていたら……!
 なんと!! こう来ましたか!!
 背負ったものすべてを込めた、及川さん最高のパフォーマンスであろうジャンプサーブ。
 それがなんと……アウト!!
 いったい何が起きたのか。
 力みすぎとか、そういうことなのか。
 いやー、これは衝撃の事態でありました。
 敵ながら、及川さんは「絶対の強者」みたいに尊敬する部分があったのですが、やはり及川さんも人の子だったということなんでしょうかねー。

 それはそうとしかし、西谷さん、さっすが!!
 この興奮の局面で、なんって研ぎ澄まされた目をしているんでしょう。
 冷静なことこの上ない!
 この人の精神力とか、器のでかさも凄いと思うんですが、そもそものスペックが凄いんですよ。
 いやー、烏野に西谷さんがいて本当によかった!!



【読切】 知恵熱!!タビットさん

 異色の浮世絵風ギャグ漫画としてかなりのインパクトを残してくれた『磯部磯兵衛物語』の、仲間りょう先生の最新読切が登場。
 今度は作風をガラリと変えて、子供でもとっつきやすい動物ネタで来ましたか。
 たしかに浮世絵ギャグは私なんかには凄い刺さったんですが、小さなお子さんにはちょいとハードルが高かったかもしれませんしねー。
 これもまた戦略と言った所でしょうか。

 しかし残念ながら、私のような読者にはちょっとアクが弱くなったような感じを受けてしまいましたねー。
 動物キャラを使ったギャグというのも、それほど珍しいものではないですし、北斗の拳的世紀末世界ギャグというのもけっこうお馴染みのモチーフです。
 そういった面ではちょっとパワーダウンを感じてしまったのですが、まぁそういうあたりは読み手によってかなり受け取り方がかわるところだと思いますしね。
 むしろ『磯部〜』のほうが絵柄が濃すぎてちょっと……という人のほうが多い可能性だっておおいにあるかと思います(笑)。

 あ、でもぜんぜんダメだったってわけじゃなくて、たとえば月を見ろって言って言って攻撃するあたりとか、えらくシュールですし、最終的にはルービックキューブの角が決め手になっちゃいますし、あとルービックキューブの謎を解き明かすシーンとかですね(笑)。
 あいかわらず独特の気の抜けたシュールさにクスクスさせられました。
 うーん、実際、連載獲得をめざした戦略として見たら、『磯部』方向がいいのか、それとも『タビット』方向がいいのか、これは悩みどころですなー。



SKET DANCE

 いやー、ついにしゃべりましたか! スイッチ!
 スケット団の最後の本当の仕事は、このスイッチだったんですね。
 勇気をふりしぼってとか、無理してとか、そういう肩に力の入るしゃべり方ではなく、ごくごく自然な感じなのがいいですねー。
 実際、スイッチはこの瞬間までしゃべれなかったわけではないんでしょうね。
 スケット団としての年月の中で、すでにスイッチはとっくに成長できていたんでしょう。
 たっくさんのできごとと、ボッスンとヒメコとの毎日が、しっかりとスイッチをここに立たせる段階まで進ませていたんでしょうね。
 きっかけが欲しかったんじゃないかなーと、今更ながらに思います。
 そして、それが今だったんでしょう。
 いやー、よかった。本当によかったスイッチ!

 そしてまた、そのあとの三人の様子がこれまた素晴らしい。
 ドタバタ崩れて、笑って、そして泣き崩れて。
 鼻水たれながして汚らしいってのが最高です(笑)。
 スイッチがしゃべったことで、これですべて思い残すことはないという、そういうやりきったという思いもあるんでしょうね。
 おつかれさま、三人とも!
 そして今日までありがとう! ごくろうさま!

 そして月日はながれゆき、いよいよ入試発表の時期。
 ボッスンヒメコは無事同じ大学に受かったのですが、ここでボッスン衝撃の発言。
 おー、大学行かないって、どういう事なんでしょう。
 なんとなくそうではないかなーとは思っていたのですが、もしかしてあの外人さんと一緒に海外に行っちゃったりするんでしょうか。
 なんとなくそれが凄くボッスンっぽいと思うのですが、しかしそうなるとヒメコの心中やいかにってところですよねー。
 さあヒメコ、もしそうならどうする!?
 先延ばしにした告白ですが、いよいよやっちゃいますか!?
 なんだか色んな意味で次号いよいよクライマックスって感じですねー。



感想後記

 といったところで今週はここまで。
 さあ、スケダンもそろそろ終了って感じになってきましたが、ジャンプも連載入れ替えの時期が近いんでしょうか。
 内部的にはもう入れ替え作品は決まってたりするのかもしれませんね。
 クロス・マネジとか、エジソンあたりはもう宣告を受けてたりするのでしょうか。
 はてさて、どうなることか。 



********************************************************
イーココロ!クリック募金
BOSSは募金サイト「イーココロ!」を応援してます。
右サイドバーのクリック募金にご協力お願い致します。
携帯からはこちらへどうぞ。
ブログ内の紹介記事はこちらへ。

********************************************************
よろしければランキングにご協力をお願いします。
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 週刊少年ジャンプ
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中!
********************************************************


posted by BOSS at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
【コメント欄について】 コメント入力の際には、必ずお名前(ハンドルネーム)の入力をしていただけるようお願いします。「匿名希望」や「通りすがり」のように名前入力を回避する意図のあるものは、管理人による削除の対象となる場合があります。ご理解ご協力をお願いいたします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。